グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


北区太平住宅の続きになります。
外した手摺は倉庫で塗装します
復旧した手摺を倉庫に運び木材用防腐塗料を塗装準備します。

お客様との事前打ち合わせでは、数パターンの施工方法を説明させて頂きました。

① 現在の木製手摺を活かし、最小限のコストで現状復旧する方法。

② 木製品は維持コストが高くなるのでアルミ製手摺に交換する方法。

③ 木製手摺は撤去して、手摺なし、屋上防水のみとする方法。

③は家族の憩いの場として使えなくなるので却下、②は①に対して3倍位の

コストが発生するので却下、木のぬくもりが好きで作ったものなので

①を選択、最小限のコストで最大限の改修効果を発揮する施工を、と

ご依頼いただきました。
各所取り外し
腐食木部を外す為に、各所パーツを取り外します。
既存ビスは腐食が進んでいます
既存のビスは全体的にさびが進行しています。
腐食が進みちぎれてしまいました
ひどいものは腐食が進み、途中から折れてしまう物もありました。
加工用に外した個所も塗装しておきます
木材パーツの取り付け面は、後々塗装できなくなるので先に塗装しておきます。
取付け面はあらかじめ塗装しておきます
交換するパーツも取り付け面は先に塗装しておきます。
手摺を組み立てていきます
木製品は経年によるゆがみや伸縮などの影響で、取り外していくと

元通りに復旧できなくなることもあり、取り外し箇所は極力少なくしたく

その為、一つのパーツが最大で200㎏近いものもあり

運搬、降ろし、引き上げ等、腕がちぎれるのではないか?という

大変な作業となりました。
寸法を取り、穴をあけます
アンカーボルトの位置に合わせて土台となる木材に穴をあけます。

この土台木は最も腐りやすい部位になるので

防腐塗料を3回塗りしてあります。
空けた穴も塗装します
穴をあけたり加工すると、その箇所は防腐処理されていない木材になり

腐食スピードが防腐処理箇所と比較して何倍も速くなるので

組み立て時に防腐塗料をしみこませます。
ビス穴も同様に処理します
木材固定用のビス穴も同様に補修塗します。
組み立て作業
組み立て作業を進めていきます。

古くなっている木なので、角部の突合せ箇所の調整や

溝を埋め戻しているので、アンカーボルトの固定位置等気を使います。
アンカーボルトに固定します
大きいワッシャーに交換
既存のアンカーボルトワッシャーは小さく、ぐらつきが大きかったので

今回はぐらつき軽減の為にワッシャーサイズを大きくしました。
ボルト隠し用の木を加工します
続いてボルト隠し兼、補強用の木材パーツを加工します。
寸法通り掘る
のみを使った経験が少なく新鮮な作業です。
掘り込み箇所も塗装
掘り込み箇所もしっかり防腐塗料をしみこませます。
固定用ビス穴
浸水で腐食しやすい箇所です
天場3回目塗装
浸み込ませるイメージで塗装します
木材用防腐防虫塗料は元々、含浸性能は高いのですが

さらに、作業では浸み込ませる感覚を持って塗装することにより

より木材保護効果を高めることができます。
手摺復旧完了です
復旧完了、やはり角の突合せや、手摺高さがくるっていて

スペーサーを入れたり、出張っているところを削ったりする

加工が必要になりました。
溝を埋めたことにより腐食が軽減されます
今回の施工で最も肝心な箇所になる、土台木の収まりはこんな感じになりました。

既存の収まりは20~30mm位、掘りこまれた溝の中に土台木が

収まっていて、雨上がりにはそこに水が溜まり、水の中に木材が浸っている

状態でした。

それと比較して、今回の施工ではフラットな防水層の上に設置してあるので

乾燥性も改善されて、かつ土台木は防腐剤塗料3回塗り仕上です。

前回よりも大幅に耐久性が高い仕上げになっています。
怪しい箇所
お客様より、まだ車庫内天井に水で湿ったような跡があるとのことで

端末シーリングと防水層が形成されている状態での浸水です。
建物との取り合いに隙間がたくさんあります
建物と車庫の取り合いが非常に怪しい。

本来であれば構造的にあり得ない話なのですが、もしかしたらと

確認してみると疑いが確信に変わりました。
この隙間から入った水はどこに?
太平住宅は築年数35年以上前であることから、現在外壁に施工されてある

サイディングはモルタル壁の上に施工された物のはずです。

であれば、サイディングの下にはモルタル壁があり、通常は内部で通り抜け

でもしない限り、建物と車庫を繋ぎ合わせて施工するメリットはないので

分離したものと考えますが、どう考えてもこの取り合いは怪しすぎます。

車庫に接する壁面の端末シーリングを急遽施工することになり

結果、車庫の漏水は完全に止まりました。

外壁サイディング施工するときに構造はしっかり見えていたと思います。

端末シーリングを怠った影響で10年近く漏水が続くことになったようです。

防水も完了
防水トップコートを塗り防水面も仕上がりました。
全ての施工が完了しました
施工完了です。

この度はグリーンペイントに再度工事ご発注いただき

誠にありがとうございました!




グリーンペイント寺沢です


10月下旬は北区太平住宅と並行して、手稲区曙住宅を施工させて

頂きました。
手稲区曙住宅
数年前に施工させていただいたお客様からの紹介で

曙住宅の向い側、数軒隣になるお客様から(煙突補修工事)の紹介により

工事発注して頂いたという、当店では珍しい形でご縁を頂きました!
煙突の劣化が激しい
元々は、屋根塗装と煙突の塗装見積だったのですが

工事金額によっては建物外装塗り替えもご検討だったことから

予算等の折り合いも付き全面塗装工事となりました。

煙突、物凄く劣化が進んでいます。

この年代の煙突は、排気管の形状に合わせたブロックを積み上げ

その上をモルタル仕上げしたものなので、表層モルタルにひびが入ると

時間をかけて浸水⇒凍結膨張を繰り返して最終的には崩れ落ちます。
樹脂モルタルで補修します
ボロボロになった脆弱部分を撤去してから、吸水防止プライマーを塗り

接着性の強いポリマーセメントを使ってひび割れ補修と欠損部の

形成をします。
端末防水シーリング
煙突はたいてい風の強い吹き曝し箇所に設置されていることが多いので

モルタル施工時はドライアウトが起きないようにシート等で養生します。

モルタル硬化後に端末箇所をシーリングで防水処理しておきます。
下塗りシーラー塗装
樹脂モルタルとシーリング硬化後に下塗りシーラーを塗装します。
シリコンシーリング処理
曙住宅は正面、向かって右面、裏面の3面が金属サイディングで

向かって左面のみが窯業系サイディングになっています。

金属サイディング面の端末にはシリコンシーリングが施工されているので

シリコンオイル除去後にシリコンシーリング用に密着用プライマーを

塗装しておきます。
既存シーリングは増し打ち工法でした
窯業系サイディング面は、通常使用されるシーリングが使用されてます。

しわしわになった初期シーリングの上に1~2mm程度の薄い

増し打ちシーリングが施工してあります。

各社様々ですが、通常工法と比較してこのような、材料も作業手間も

20%以下の使用率、低品質な施工であっても見積書のシーリング項目では

シーリング施工一式、などと表記されています。


建築作業に不慣れなお客様にもわかりやすい形で

各作業はどのような手順で作業するのかを通知することが

大切ではないかと考えています。

















グリーンペイント寺沢です

10月下旬は北区太平住宅を施工させていただきました。
北区太平住宅
太平住宅は7年前に屋根塗装を施工させていただいたリピートの

お客様になります。

再度当店へ工事発注して頂き誠にありがとうございます!
木製手摺付け根がほとんど腐っています
工事内容は、車庫の木製手摺補修と屋上防水、車庫壁塗装の施工です。
根本はボソボソに腐っている
木製手摺の状態が非常に悪く、手摺の最下段とでも言いますか

土台になる木部がほとんど腐っている状態です。

数年前、他業者様に手摺のぐらつきを補修してもらったそうですが

その際補修した箇所が上の写真の色違い箇所、赤っぽい木部を

あてぎのように補強したそうです。
手摺をパーツごとに外していきます
土台部分木材の腐り方が尋常ではなく、あてぎ工法はほとんど

効果がない状態になっているので早速解体していきます。
固定用のボルト類も腐食が進んでいます
腐ってしまった木部を復活させる方法は無く、腐食部は除去して

新しい木と交換するほか補修方法はありません。
ネジが無くなるほどの腐食です
腐った部分を外していくと、さらに問題が見つかってくるのは

よくあるパターンですが
腐食により細くなっている
R0013229
手摺を外しました
手摺固定用のアンカーボルトの腐食が進行していることも確認できたので

既存アンカーボルトは全て撤去します。
固定ボルト用の掘削作業です
手摺は寄りかかり体重を預けることもあり、その手摺の根元を支える

アンカーボルトが腐食で半分以下に細くなっているのは危険すぎます。
アンカー固定後にシ根元をシーリング防水
新たにアンカーボルトを取り付け、前回と同様の腐食が発生しないよう

根元をシーリング防水しておきます。
手摺設置用の溝が問題です
手摺として致命的なほど劣化が進行してしまった元凶は間違いなく、

この手摺木部をはめ込むために作られた溝にあります。

手摺をピッタリはめ込み、台風の風圧や積雪による荷重等でずれて

落下したりしないように作られたものではないかと思いますが

その溝にはめ込むのが木製手摺ということが分かっていながら

水が溜まる構造とは、問題があります。
溝を埋め戻します
溝による固定効果が欲しく、かつ木製手摺にこだわるのであれば

溝内に溜まるはずの水を水勾配のみで確実に抜くことが必須になり

限りある高低差という条件で完璧な水勾配をとるという作業は

とても難易度が高い作業になります。

1か所しかない排水溝へ、全ての勾配を確実に確保することは難しいことから

水が溜まってしまう溝など無いほうが良く、立ち上がり天場溝を

厚付け用樹脂モルタルでフラットに形成することにしました。

上の写真はモルタルの急激な水分蒸発によるドライアウト防止用の

シート養生になります。
防水層のシーリング打ち換え作業
立ち上がり部位の改修と並行して、車庫屋上の防水も同時進行します。

現在、屋上防水はアスファルト防水が施工されていますが

15年以上前の施工で、車庫内への漏水が発生している状態です。

まずは一番漏水の怪しいシーリング個所を撤去して

新しくシーリングを打ち換えます。
専用プライマーを下塗りします
アスファルト防水用のシルバートップコートが施工されてあり

このシルバートップとポリマーセメントとの相性が良くないので

専用プライマーを下塗りに使用する必要があります。
ポリマーセメント防水基材1回目塗装
アスファルト防水の改修方法としては継ぎ目部位をアスファルト系の

充填剤で補修した後に水性のシルバートップコートを塗装します。

しかし、その工法では今回の最も肝心かなめになる立ち上がり部位の

モルタル露出箇所の防水が弱くなり、再発を招きます。
基材2回目の塗装です
アスファルト防水との相性も良く、柔軟伸縮性も併せ持ち

かつ、防水材の中では施工コストが低いポリマーセメント防水が

最も理想的な防水材選択で、心配な立ち上がり部位も確実に

処理することができます。
外壁剥離箇所のパターン形成
車庫外壁には塗膜浮きや塗膜剥離が各所に発生しています。

この発生理由は、同時施工している屋上立ち上がり部、天場溝に溜まった

水がモルタル内部に浸水して外壁各所に出ているためです。下塗り微弾性フィラー塗装
外壁下塗り、微弾性フィラー塗装です。

水は上から下へ流れる為、このような外壁に施工する塗装も

上部になる屋上防水を確実に行ってからでなければ

数年でボロボロになってしまいます。





このページのトップヘ