グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です

北区篠路住宅の続きになります。
既存コーナー材の腐食



















木材下場小口が水切りに密着しています
木材下場木口が水切りに接触しているので、この状態を見る限り

下場木口は一度も塗装されていないと思われ、その結果として

上の写真のような極端な腐食が発生しています。
下場に隙間を作ります
このような水切り金物は1cm以上隙間があるのが望ましく

隙間が狭いと、刷毛が奥まで入らず塗り残しが出やすいことと

表面張力が働き、水が切れず、水に晒られる時間が長くなり

腐敗を促進させるので1cm位カットして隙間を作ります。
雨水の表面張力が影響しない大きさの隙間が必要です
コーナー木材は全て水切りに接触していたので調整しました。
突合せて接着剤で固定しているだけなので隙間が出来ます
コーナー材は両側の木材を接着剤で組み立てた形なので

時間の経過と共に水分の影響で口が開いてきます。
浸水予想箇所は対策します
このような構造のコーナー材はコーナー角から劣化が進行しやすく

有効な対策を打ち出せないでいたのですが

当店が冬期間に関東で曽根塗装店店主曽根さんと仕事をしていた時です

曽根塗装店の技術力の高さと塗装知識の豊富さに感動しました。

このコーナーを片側のみ5mm程度削り込み、そこにシーリングを詰めることで

確実にコーナー開きと浸水を阻止することが出来るのです。
角部にシーリング用うちしろを作ります
曽根さんには沢山のことを勉強させて頂きました。

活用させてもらっています、ありがとうございます。
腐食箇所は撤去
樹脂サイディングはノーメンテナンスで経済的という売り込みでしたが

篠路住宅は築年数18~20年位で主だった欠損もなく

日当たりの良い面はチョーキングは発生していますが樹脂の基材が

脆くなったりはしていないようで、この調子でいけば

30年位の耐久性がありそうなので、その面では優秀ですが

木部との組み合わせで使用してはいけない建材ではないかと思いました。

後ほどその理由を説明させていただきます。
新しい木材と交換
腐食により木材としての強度が無くなった個所のみ交換します。
比較的腐食に強い木材を選定してあります
大工ではないので木材に対して豊富な知識を持ってはいませんが

私の知る限りで、既存木材の腐敗程度からSPF材を使用しているのでは

ないかと思う節が各所であります。

スウェーデンハウスの木材を塗装する機会がありますが

篠路住宅のような腐敗はしていないことが多く、耐腐食性の高い木材を

使用しているものと思います。


今回補修材には外部使用に適して、かつ加工性も良好、油脂が多すぎると

木材塗装塗料との密着性に影響が出ると困るのでそこも考慮に入れて

木材を選定してあります。
コーナー材の加工
コーナー材は突合せ箇所に角度をつけてあるので、それに合わせて

カットしていきます。
突合せ部の角度を合わせます
腐食箇所のみ交換していきます
交換箇所の取り合いはシーリング処理します
新しく取り付ける木材は含水率や伸縮率が既存木部と違うので

取り付け後の動きに対応できるように取り合い部位はシーリングで納めます。
このビスは期待できます
ステンレスビスよりも耐食性が高いとは
これは最近のお気に入りビスなのですが、ステンレスビスよりも若干ですが

安くて、かつステンレスビスよりもサビにくい特殊メッキ処理が施されている

ビスです。
コーススレッドはここまでサビてしまいます
本来の強度は残っていません
既存ビスの腐食具合から通常のコーススレッドは絶対に使用できないので

こちらのビスを使用していきます。
補修木材取り付け箇所はあらかじめ塗装しておきます

メイン柱取り付け箇所も同様に広い塗しておきます
腐食木部は取り外し新しい木材を取り付ける部位はあらかじめ塗装しておくことで

耐久性を上げることが出来、簡単な木部加工であれば大工が作業を行うより

塗装工が組み立てを行うほうが、このような処理が沢山出来るので

作業完成度を高めることが出来ると思います。
水平を確認して固定していきます
既存ビス穴等も防水処理しておきます
凹部は浸水しやすいので木部用シーリングで補修しておきます。
隙間は全て塞いでおきます
構造的な問題も多く含まれています
シーリング密着性向上プライマーを塗布
樹脂サイディングと木部の取り合いは危険です
樹脂サイディングと木部の組み合わせには構造的な無理があり

この隙間の裏側って木部だけど、塗装入っているのか?

新築時、組み立て前に塗装済みにするほど段取りが良い施工には見えず

怪しいところが満載で、その結果このような木材腐食が多発しているのかなと

樹脂サイディングのコーナーパーツの収まりを確認しつつ作業を進めます。


続く











グリーンペイント寺沢です

北区屯田住宅と並行して北区篠路住宅の施工に取り掛かります。
北区篠路住宅
篠路住宅は外壁が樹脂サイディングでコーナーと窓枠が木部

こだわりが感じられるつくりになっています。
足場仮設完了です
樹脂サイディングは塗装できないので木部塗装がメインになります。
高圧水洗浄作業
木部塗装、好きですね、夢中になりすぎてほとんど予算オーバーして

赤字になりますが。。。
樹脂サイディングは汚れが目立ちます
洗うと綺麗になります
樹脂サイディングが汚れていたのでクリーニングしておきます。
木部の劣化が進んでいます
窓枠木部ですがかなり劣化が進行しています。
既存塗装膜が機能していないのがわかります
木部の劣化原因である浸水箇所を予測します。

ジーっと数分間木部を見つめて劣化経緯を空想します

予想浸水箇所が数か所イメージ出来ました。
表層腐食した木部には高圧水が有効です
このような劣化が進行している場合、既存塗装膜の防水性はほとんど

期待出来ない状態で、降雨や降雪のたびに塗膜を透過して木材に浸水している

その結果塗膜下の木材は毎回水分に晒され、中途半端に塗膜があるせいで

乾燥蒸発が阻害され、長時間水分の影響を受けることで

灰色化⇒木材組織の損壊が進みボソボソな状態となり塗装が付着しないので

高圧水を利用して既存塗装膜と損壊した木材表層を吹き飛ばします。
水圧を利用して剥がしていきます
浮いていた塗膜はここまで剥がれます
劣化塗膜と組織の損壊した木材表層のみ吹き飛びます。

健全な塗膜は高圧水ぐらいでは剥がれないので見分けが付けやすい。

この作業はとても時間が掛かり、高圧水洗浄作業だけで12時間位です。
バルコニーの木部は腐食が著しい

物凄い腐れ具合です!
バルコニー木部は凄まじい腐食をしています。

ここでも浸水箇所を想像しながら要注意ポイントを記憶していきます。
床材もボロボロに
腐食部位を交換する見積でしたが
完全腐食している状態です
建物各所の木部は腐食している箇所もあり、そのような箇所は

新しい木材に交換するので腐食箇所は取り外していきます。
使用されていたビスは腐食が進んでいた
ステンレスビスも使用されていましたが所々通常のユニクロビスも

使用されていて、長年の腐食によりここまで細くなっていました。
キノコまで
このような構造のバルコニー、屋根がなく積雪して湿潤している時間が

長い状態、セランガンバツ位の高密度な難腐食性の木材でも危ないような環境に

通常のSPF材に多少の防腐塗料処理で床材に使用するとは・・・相当問題ありますね。
窓枠木部も腐食が進んでいます
木材突合せ箇所がしっかり腐っています。

突合せ箇所は木材断面=小口となりとても浸水しやすい箇所ですが

防水処理なしで塗膜コーティングだけとは。
腐食部位を除去します
腐食が広がっているので念のため長めにカットします。
下地の木部も腐っています
窓枠木部固定用の下地材まで腐食が廻っています。
下地の木部も除去します
下地材も交換が必要です。
カッターが・・・
ズブズブと刺さっていく。。。
腐食箇所はこのようにカッターの刃が根元まで簡単に刺さります。

続く

















グリーンペイント寺沢です

2021年一番初めの外壁塗装工事は北区屯田住宅からスタートです。
足場を積み込み出発です
雪だまりになっていた所にはまだ雪が残っていますが

道路やそのほかの箇所にはほとんど残っていません。
北区屯田住宅
足場仮設準備を進めます。
雪もほとんど解けました
山のようにあった雪も残りわずかです
沢山雪が残っていた建物裏面も、ほとんど解けてくれました。
足場仮設完了
足場仮設完了です。

グリーンペイントでは通常、枠組み足場を使用することが多いのですが

枠組み足場は勾配屋根との相性が悪いので

屯田住宅はビケ足場を使用しました。
高圧水洗浄作業
屯田住宅の現状は軒天井の塗装剥離が多い

前回塗装時には間違いなく下塗りシーラー塗装後に上塗り塗装を塗っています。

シーラーを塗っているのに剥がれる原因は、軒天井の通気不良が考えられます。

前回塗装時、12年前は現在ほど塗装知識を持っていなかったのも確かでした。


現在確認すると屯田住宅既存の軒天有孔ボードの数が少なすぎます。

屋根裏で暖められた熱気が抜ける穴が極端に少ない、

それがこの剥離の原因になっています。


対策として現在の軒天井に等間隔で穴をあけ、通気を促進させることで解決します。
(全面の軒天井板を有効ボードに交換する方法もありますがコストが高くなるので
施主様と協議のうえで穴をあける工法を採用しています)

屯田住宅は職長斉藤氏が担当することになったので施工記録はここまでとなりました

すみません。m(__)m

このページのトップヘ