グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

寺沢です


秋の休日、皆さまいかがお過ごしですか?

私は前々からポツリ、ポツリと行っていた釣行に変化が現れ

新たな釣りスタイルを今秋から取り入れ、本日は積丹古平釣行に訪れています。
静かな古平港
釣りは色々な種類とでも言いますか、釣ろうとしている魚種や釣り場によって

海釣りだけでも船釣り、磯釣り、砂浜釣り、漁港釣りと沢山あり

そこから投げ釣り、浮き釣り、ルアー釣り、等々、本当に多種多様で

私の釣りスタイルは、去年まではほぼ投げ釣りのみ

投げ釣りは、重りを付けた仕掛けにエサを掛けて投げるッ!
天気が良い!
そして待つ!ひたすら待つ!・・・竿先に穴が空くほど集中して見続ける^^;

この投げ釣りスタイルは、待ち釣りスタイルとでも言うのでしょうか

投げてしまうとやることが無いので石像のように待つのが辛かった(;^ω^)

そんな私の釣りスタイルをガラリと一変させてくれたのがルアー釣り!

ルアー釣りはゴム状の疑似餌やキラキラ光るルアーを生きている魚のように

動かし、魚の興味を引き、ガブリッとかじりついた所を釣り上げる攻めの釣り。

動きがあるんですよね、というかほとんど動いている感じ

そんなルアー釣りの初心者向けルアーにブラーという赤色や黄色に

着色された金属のプレート?のような物に針が付いているルアーがあります。

なぜ?こんなもので魚が釣れるのか?人間にはあきらかに不自然に見えますが

魚には効果抜群、驚くぐらい良く釣れるんですよ!^^
6フィートのルアー竿でスタート
早朝に家を出て8:00前に古平港に到着、休日の漁港は静かですね

天気も良く最高の釣り日和です!

6フィート(1.8m)のショートルアー竿で近場へ投げてはルアーに動きを与えて

魚を誘うと・・本日最初の当たり!来たのはガヤ!

ガヤとはエゾメバルの呼び名で
ガヤ(エゾメバル)小さい^^;
釣り人からはあまり喜ばれない外道や雑魚と呼ばれる分類に入る魚

昔、北海道の海にはガヤが多くガヤガヤしていたのでガヤという呼び名に

なったそうで安易な命名ですが、安易であるほどシックリくることも多いもので^^;

立て続けにガヤ、ガヤ、クサフグ、ガヤ、クサフグ、カワハギ系?と沢山釣れます
カワハギ系?これも小さい^^;
大物は持って帰って食べようと思っていましたが全部小さい(笑)
外道の王様クサフグ!
クサフグなんかは食べると自分が☆になってしまいますΣ(゚Д゚)

食用のトラフグよりも強力な毒があるそうで、釣りをしているおじいさんが

「そのフグは食べられる、美味しいらしいぞ」などと言って笑っているのを

何回も聞いたことがあるのですが、食べたら確実に☆になる量のテトロドトキシンを

全身に持っているので絶対に食べてはいけません( ゚Д゚)
空き缶まで釣れた!?
中からカニが!!
ほとんどリリースでしたが天気の良い海でのんびり釣行

許されるのならば何日でもこうしていたいものです^^
帰りに小樽港を視察^^

グリーンペイント寺沢です


白石区平和通り住宅の塗装工事が始まります。
白石区平和通り住宅
平和通り住宅はグリーンペイントにリピートで何度も工事ご依頼下さっているお客様より

ご紹介で工事ご依頼いただいたお客様になります。

建物は外装ALC材、3階建て、建物左面が敷地が60㎝位だったので、この面だけ

一足足場(ビケ足場)を使用し残り3面は枠組み足場を使用しました。
建物左面は敷地が狭いのでビケ足場使用
足場仮設完了
高圧水洗浄を行う前に各所確認を行うと、「確認しといて良かった~(^o^)/」

心からそう思えるような物を発見できた!大げさではありますがこれは大きい!

電信柱から伸びている引き込み電線外壁側の根元には3本の電線が建物内に入って

いるのですが、この電線は通常プラスティックカバーのような物の上にビニールテープを

グルグル巻きにして電気を絶縁しているのですが、この絶縁テープはおろか

プラスティックカバーまで劣化して電線が剥き出しになっている!これは危険です
建物側の電線の被覆が剥がれむき出しに
この電線をまとめて触れると感電します、それも引き込み電線なので家の中で

感電するよりも大きな電流が流れているようで、触れさえしなければ大丈夫か?

というわけでもなく、とりわけ危険なのは高圧水洗浄作業、通常の雨であれば問題は

無いのですが前述したように、剥き出し電線どうしが接触するといけないのですが

高圧水洗浄の水は高圧をかけた水流で水の塊のような状態になり、このような状態の

電線に直接水流をかけると瞬間的に水没させたのと同じような状態になり

スパークを起こし最悪、ブレーカーを通過して家の中に強い電流が入り込むと

コンセントに繋がっている家電製品を全滅させる大事故になる可能性があります。

電力会社に連絡すると早急に駆けつけてくれ「この部位は居住者負担になる

部位ですが緊急の危険箇所なので処理しておきますよ」と言ってくれて

無事復旧してもらいました。

本当にありがとうございました!
電力会社に連絡して絶縁処理してもらいました
電線の話ばかりになってしまったので工事説明に移りますね^^;

平和通り住宅は窓廻りシーリングのみ撤去・打替え、目地に至ってはそれほど劣化が
窓廻りシーリング打替え
進んでなく、部分的な補修となっており、シーリング作業後には下塗り、微弾性フィラー塗装。
ALC目地シーリングは部分補修
この下塗り塗料は、弾性とまではいかない微弾性(若干伸び縮みする)を有しており

塗装膜を厚くつけるほど微弾性効果が表れ、施工後のクラック発生を軽減できます。
微弾性フィラー下塗り
同時進行で屋根の研磨下地処理→黒色サビ止め塗装と進め
屋根黒色サビ止め塗装完了
下塗り微弾性フィラー塗装を十分に乾燥させてから中塗りを塗装。
中塗り塗装、濃色使用

作業とはまるで関係のない余談話ですが^^;日曜の夜、小樽に立ち寄ると

今まで見た事も無いような巨大な建物が、強烈な光を放ち小樽港側にそびえ

立っている?あんな建物あったか?凄い光っているぞ?

好奇心の赴くままに小樽港へ行くと・・・そこには超巨大豪華客船ダイヤモンド

プリンセス号が停泊しているじゃありませんか!でかい、でかすぎる!!^^;

あまりにも巨大で豪華すぎます。

このフェリーは全長290m、海面から出ている高さだけで54mとマンションで

いうと15~16階の高さになるようで、恐ろしい高さです!

商船三井フェリーは全長200m高さはわかりませんがダイヤモンドの半分くらいに

感じます、商船三井フェリーだってかなり大きいですからね^^
小樽港にプリンセスダイヤモンド号が!?

グリーンペイント寺沢です


本日は雨、仕事を途中で切り上げたので倉庫でメンテナンスを行います。

いつも足場運搬や屋根塗装の長物梯子を荷台に乗せてグリーンペイントで

大活躍のダイナ号。

ダイナ号はトラックになるので乗用車タイプとはかなり構造が違います。

まずはエンジンが座席下にある!別にこれはそれほど驚くところではないのですが

乗車スペース(ヘッド)が持ち上がる!?いつも乗っている運転席と助手席が収まって

いるヘッド部分ごとガバッと動きます、固定用のステーが2重にロックされていて

それを外すとヘッドを持ち上げた状態になります。
ダイナ号はヘッドが動く?
このヘッドが前のめりになっている状態を見るといつも思うのですが

まさか!運転中に思い切りブレーキを踏みつけたときにロックが外れてこんな状態にでも

なろうものなら、どんなことになってしまうのか?遊園地のアトラクション?

ドリフターズのコントでこんなのがあったようななかったような^^;

怖いですね~怖い、ロックは確実に!
凄い角度になってる^^;
次に乗用車と比べて使用するオイルが多い!軽自動車のオイル交換では

オイルエレメントも同時交換で3リットルも使えばよいところですが、なんと!

ダイナ号ではエレメント同時交換すると
ヘッドを上げるとエンジンがあります
7リットル!!メチャクチャオイル使います・・・排気量大きいので当然と言えば当然ですが
オイルを抜いてついでにエレメントも外す
新しいオイルエレメント
エレメント取付は締めすぎないように注意が必要です
オイル交換ついでに高圧水洗浄機のオイルも交換します。
ついでに高圧水洗浄機もオイル交換
こちらはエンジンとポンプの2箇所のオイル交換が必要になりますが

エンジンはともかくポンプ内部にもエンジンオイルを使用するらしく

エンジンエアーコンプレッサーのようにエンジンはエンジンオイル

コンプレッサー部はコンプレッサーオイルとわかれておらずやりやすい。
コンプレッサーオイルも結構汚れてますね
以前、エンジンコンプレッサーがオイル不足で壊れてしまったことがあり

突然、ギャアアアアアアッ~~~^^;という断末魔のような大きな音を出して

帰らぬ機械となってしまいました、それからというもの、そこまでやらなくても

と思われるくらいにオイル交換はマメに行っています。

そのような習慣がついてからは車も機械も壊れることなく順調であります。

備えあれば患いなし、私の大好きなことわざです

転ばぬ先の杖、後悔先に立たず、予防は治療に勝る、念には念を入れよ、用心に怪我なし

良い言葉が沢山ありますね~安心の言葉たちです^^

渇して井を穿つ・・・これはいけてませんね!(゚Д゚;)


このページのトップヘ