グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


4月上旬から中旬の間位から始まった南区澄川住宅の

施工をご紹介させて頂きます。
南区澄川住宅の足場仮設
澄川住宅は大型住宅で平均サイズ住宅の1.5倍ぐらいの面積があり

足場仮設ではかなりの足場部材を使用しました。

新築から1回塗替えをしてある状態で前回の塗替えから10年前後の

劣化程度でしょうか、外壁窯業系サイディングの目地、窓廻りシーリングには

表面に塗装膜があるのですが、ほとんどの箇所でシーリングのねじれによる

表層塗装膜の断裂が見られます。
シーリング表層にねじれが発生しています
このシーリングのねじれ?ともいえる症状は過去にグリーンペイントでも

経験したことがあり、現在の当社見解としては特定のシーリングメーカーの

シーリングを使用した場合に発生するものではないかと認識しています。

グリーンペイントではシーリングメーカーを以前に変更しており

現在ではシーリングのねじれは施工後1年、3年、5年、7年と確認していますが

シーリングねじれ発生率はゼロに近くなっているので、特定の商品に発生する

特有の問題ではないかと考えています。

シーリングを撤去していくと劣化は表面だけではなく、内部にも進行している

ようなので既存シーリングは完全に撤去していきます。
窓廻りシーリングもザックリカッターで撤去した後に
シーリング撤去は目地、窓廻り問わずにザックリと両サイドにカッターを

入れただけの簡易撤去であればすぐに作業は終わるのですが

ザックリ入れたカッターの後に残る既存シーリングの薄皮が問題で

その薄皮から剝離→シーリング断裂→浸水によるサイディング板材破損→

塗装膜は生きているのにシーリング断裂箇所からの浸水には無力。。。

なんてことも起こりえるので薄皮も撤去しておいた方が確実なのですが

薄皮撤去はとても時間と労力がかかります
丁寧に薄皮除去を行う
ザックリカッターー!!^^;(古いッ)の3倍くらいの時間がかかる

薄皮撤去ですが効果は確実にあります!
問題のあるシーリングは薄皮まで完全除去が望ましい
撤去後はボンドブレーカー取付→プライマー塗布→シーリング打ち込み

最後のシーリング均しですが、関東でお世話になっている曽根塗装店店主

曽根さんと一緒に仕事させてもらった時に、0,1ミリでも厚くシーリングを

残せるように限界ギリギリまで均し圧をコントロールして仕上げていく作業を

間近で見て「これは職人ができる最大のサービスの1つであることは間違いない」
(くどい?)

感銘を受けました、均し圧を弱めればシーリングは厚く残せますが

両サイドのマスキングテープ上に残ったシーリングがテープを剥がす際に

めくれてしまう大きなリスク、均し圧を少しでも間違えると手直し工事と

成功するとハイレベルな高耐久シーリング完成という表裏一体の仕上げ作業

高い技術力が必要な神経をすり減らす作業です。

店主曽根さんの姿を思い出し、自分もできうる限りの技術で

最大のサービスのうちの1つというやつ(くどい^^;)を実践していきたいと思います。
シーリング均しではえぐらないようフラットに仕上げます
引き続き屋根塗装もサビ止め塗装まで終わり屋根トタンの端末シーリングを

行っていた時に、何やら目に留まるものがありました
屋根錆止め塗装完了
トタン端末をシーリング施工していると
トタンの折り返し箇所にちぎれたような跡がある?
これは!
新築施工時に折り返し箇所を強く締めすぎたせいでちぎれたのでしょうか?

あまり見かけないものでしたが、ちぎれた箇所の内部までシーリングを充填して

防水処理をしておきます。
裂け目内部にシーリングを充填
外壁作業に戻ります!シーリングの硬化後には窯業系サイディングの基材への

浸透性に優れる弱溶剤エポキシシーラーを塗装して
浸透作用の高い弱溶剤エポキシシーラーを塗装
剥離欠陥の多い軒天井塗装では下塗りとして同様の浸透固着作用の強い

シーラーを塗装してから作業を進めていきます。
軒天井は剥がれやすいのでしっかりシーラーを浸透させます

グリーンペイント寺沢です


東区北35~40条住宅の続きです。

こちらは職長斉藤氏が担当するのでサポートで私が入った日の

工事記録を部分的ですが説明させて頂きます。
一見すると外壁に艶もある
北35~40条住宅は既存外壁に艶がありパッと見には劣化している様に

見えないのですが高圧水洗浄が終わった後には

見積り時の想定以上に劣化が進んでいる状態でした。

お客様のお話を聞かせてもらうと、訪問販売の塗装業者さんに

塗装依頼していたようでかなりお安い金額で全塗装工事を行っていたようです。
軒天井部位が落ち込んでいる!?
安かろう悪かろうというのは良くある話ですが

まったくもってその言葉が当てはまってしまったとでも言いましょうか^^;

軒天井に外壁塗料をそのまま塗装していたり、軒天井塗料は透湿性が必須なので

外壁塗料では対応が難しく、ほとんど浮き上がりバリバリと剥がれてくる状態です。
軒天井に外壁塗料をそのまま塗ったので剥がれている
外壁亀裂箇所も前回塗装ではそのまま無処理で塗装した影響か?

亀裂から浸水した水で亀裂廻りの既存塗装が大きく浮いている。
普通の外壁亀裂に見えますが・・・
浸水を繰り返して周りが大きく浮いている
煙突のブロック固定用鉄製バンドがボロボロにサビているのはいつもの事ですが
煙突のサビ爆裂欠損
屋根トタンと煙突モルタルの取り合いに嫌な予感のする小さな穴を発見
煙突根本の小さな穴ですが
ケレンしていくと煙突モルタル内に収められているはずのトタンがボロボロにサビて

穴が大きく空いている?お客様が雨漏りすると言っていたのは

ここに起因する可能性が高いと思わせるような穴の開きっぷりです( ゚Д゚)
分かりにくいですが
これほど劣化していました
数えるときりがないくらいに大変な状態になっているので
煙突モルタルも
剥落しています
言い過ぎにならない程度に前回塗装の問題点をご報告させて頂きました^^;

しょんぼりしていても仕方がないので補修開始です!!

煙突付け根の大きな穴には奥までしっかりシーリング材を充填後
トタン取り合いの穴にはシーリングを奥まで充填
密着性の高い樹脂モルタルを3回塗りで形成していきます。
※モルタル系の材料は一度に厚付けするとひび割れるので注意します。
それから樹脂モルタルで形成
大きく補修した煙突
外壁亀裂箇所は掘り込みを入れて補修材の厚みを確保できるようにしてから

外壁補修材を充填しましたが、充填剤が乾燥すると痩せるので

同じ個所に3回くらい充填していきます。
ひび割れは少し彫り込んで
外壁補修材を充填していきます
恐ろしく劣化が進んでいましたが、こういうパターンはこれでまたやりがいも

出るもので、劣化予測箇所を全て直した達成感は格別です(^^♪
日は沈み、そして昇る(;^ω^)

寺沢です


流木アクアリウム

初期としては順調な滑り出しとなっております^^
水草も成長してきました
光合成も進み水草も前回から一回り大きくなっっているでしょうか
光合成が進んでいます
しかし・・・光ある所に影有り・・・

何やら不穏な物も見え隠れするようにもなってきている?

太い糸状藻が発生している!
藻類が出てきた
CO2ディフェーザーには細かい藻がびっしり生えていたり
細かい藻がびっしり生えている!
その奥にある水草には嫌な色をしたあれが・・・
この色は危険な黒髭苔では?
最悪の黒髭苔ではないことを祈りつつ

アクアリウム第2シーズンは経過しています^^;
不安な眼差し・・・^^;

このページのトップヘ