グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


花川住宅の続きです

外壁は上塗りを終えサイディング上には十分な塗装膜厚が確保できました。
上塗り塗装中
艶が無くなりサビも出ていた破風板も綺麗に艶が戻っています。
破風板も艶を取り戻しました
花川住宅の屋根は急勾配で角度がきつく、なかなかのものでしたが

横張トタンのサビ発生個所は確実にサビを除去し

トタン噛み合わせ部位は内部まで確実に塗装してあるので

今後のサビ発生を大きく防ぐことが出来ると思います(^^
花川住宅の屋根勾配はかなりのものでした
玄関フードとサイディング取り合い箇所に浸水によるダメージが見られたので

サッシ廻りを確認するとゴムパッキンが経年劣化で縮んだことによる隙間が

出来て、そこからサッシ内に浸水しダメージが発生していたようです。
サッシのゴムパッキンに隙間が!
浸水が予測されるサッシは全てガラスとの相性が良いシリコンシーリングで

防水したので漏水も無事止めることが出来ました。
ガラスとの相性が良いシリコンシーリングで防水しました
ほぼ同時期に西区八軒住宅も施工完了、職長斉藤氏がしっかり仕上げてくれました!
西区八軒住宅の足場解体
せっかく綺麗に塗装した後で作業中に出たゴミが残っていると台無しです

足場解体後の掃除は毎回しっかり行っております!
解体後の掃除をしっかり行っています!
この度はグリーンペイントへ工事ご依頼頂き誠に有難う御座いました!
施工完了!良い配色ですね(^^♪
足場解体後は東区北35~40条住宅の工事が始まります。
※北~条区間は断定すると範囲が狭いのであえて幅を持った表記とさせて頂いておりま~す^^;
北35~40条住宅の足場仮設


グリーンペイント寺沢です


石狩市花川住宅の続きです

シーリング工事まで終わっているので外壁の高圧水洗浄作業を行い
高圧水洗浄を行い
養生作業を終えて→外壁シーラー塗装、上塗りが白系の淡色なので

シーラーはいつも使っているクリヤー色ではなくホワイト色を使用。
シーラーはホワイト色を選定
屋根は横張りトタンなのですがサビ汁が流れ出しているような状態で

サビが局所的に進行してボコボコとした重度のサビになっています。
横張りトタンがえらいことになっています
サビが膨れてボコボコに
横張りトタンに多いサビですが、かなり劣化している状態なので

ディスクグラインダーに平型のワイヤーブラシを取付け先端を使って

横張りトタン噛み合わせ内部をしっかりケレンします。
ディスクグラインダーの平型ワイヤーブラシで内部までケレン
鉄部塗装は下地処理(ケレン作業)が肝心です
横張りトタンは塗装方法が良くないと重度のサビに発展することが多く

確実にサビが出ないように塗装するには一般的な長尺トタンの

1.5倍程度の作業手間が掛かる屋根材です。
重度のサビ発生個所は拾い塗りしておきます
トタン破風板の軒天井との取り合いになる見返し部位にも

重度のサビが発生していて、この部位は雨が直接かからないために
トタン破風板の見返しもえらいことになっています
サビやすい部位ですが、それにしても凄いサビ^^;
サビが発生しやすく、足場を仮設した際には入念に手をかけておきたい

部位の一つです。
ガシガシ研磨していきます
研磨完了
とにかくサビが出やすいのでガッチリケレンをした後に錆止め塗装を塗っていきます。
見返しトタンは合計4回塗り位塗りました
屋根の全面錆止め塗装も進めていきます。
屋根全面錆止め塗装も完了です


グリーンペイント寺沢です


3月中旬より始まったグリーンペイントの塗替え工事ですが

西区八軒住宅は職長斉藤氏が担当することになり

石狩市花川住宅は私が担当することとなりました。
花川住宅が始まります
花川住宅は急勾配屋根が何面にも分かれた形状をしており

よ~く考えてから足場を仮設していかないと作業途中で手・・手が届かない・・・

なんてことが起きそうな、ちょっと難しいところがありそうです。
何だか形状が気になります
一番の問題は建物正面側の一番右側の急勾配屋根とセットになっている外壁

微妙に高い!?遠巻きに見ても人の背丈よりもはるかに高い!

よくあるビケ足場を勾配屋根に仮設する方法で問題ないだろうと思っていたのですが

屋根上の壁高さがあるので通常のスパンで足場を仮設すると不安定姿勢で

墜落災害につながる可能性大ですΣ(゚Д゚)
ビケ足場をメインに組み上げて
思案した結果、屋根から大きく浮かせた細かいスパンの梯子状足場なるものを

仮設しました!これで最上部の破風板や軒天井も塗装可能です!
梯子状高浮かせ足場とでもなずけましょうか?
足場仮設が完了したので、まずは既存シーリングの撤去作業に取り掛かります

そこそこに劣化したシーリングではありましたが、カッターを入れて引き抜こうとすると

まず、ビチビチビチと聞き覚えのある音が
まるで樹木の年輪のようにシール撤去具合が分かります
限りなく薄いシーリングですね
前回塗装工事のシーリング増し打ち工法の薄いシーリングが音を立てて

剥がれていきます、それにしても薄い!感心するくらいに薄い施工です^^;
ビリビリビリと音を立てて薄皮が剥がれます
この薄いシーリングがビチビチ音を立てた瞬間に嫌な予感がしましたが

予感的中で目地底にはバッカーなるものはセットされておらず
物凄く残念な三面接着でした
しっかり三面接着されておりました、残念ながら窓廻りも(*_*;
窓廻りシールも漏れることなく三面接着^^;
シーリングの三面接着は早期断裂を誘発するので目地や窓廻りの

目地底には必ずシーリングと付着しないバッカー材を取り付けるようにと

決まっているのですが結局最後までバッカー材は一つも入っていませんでした😢

その他はブリードタイプのシーリングを使用していたのでシーリング補修跡?が

ハッキリとブリードしていた!?
※シーリングを使用した薄付けの外壁補修は正規の補修方法とはいえません。
外壁補修にシーリングを薄付けで使用している
玄関フード廻りのシリコンシーリングはシリコン処理無しでいきなり塗装したあったので

バリバリと剥がれていました。
シリコンシーリングには無処理で塗装したようです
こんな感じでとっかかりから前回施工の問題が噴出していますが

当初のシーリング撤去予定を1.5倍ほどオーバーしてなんとか

シーリング撤去が完了
何とか既存シーリング撤去完了です
目地底にはボンドブレーカー(バッカー材)を取り付けて
目地底にはボンドブレーカーを取り付けて
シーリング厚を確保出来るようシーリング均し作業は細心の注意をはらい

極力厚みを残せるようシーリングをえぐり取らないようフラットに仕上げます。
シーリング均しは厚みを極力確保する為にフラットに均します



このページのトップヘ