グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


8月下旬から始まった北区篠路住宅ですが
高圧水洗浄作業
シーリング打替え工事を終えて高圧水洗浄作業、外壁は問題なく作業できたのですが

軒天井の洗浄を行うと、いつものように既存塗装膜がバラバラと剥がれてきたので

また密着不良かな?と思っていると何か破片のような物も吹き飛び始め見る見るうちに

穴が空く?!高圧水洗浄の水圧はとても強いのでノズルを近づけすぎると素地を痛めて

しまうのですが今回はそのような問題では無く、初めからボロボロしていました^^;
軒天井がボロボロに
洗浄すると塗膜と一緒に崩れ落ちる
安易な表現で申し訳ないのですが、そのような表現が最もしっくりくる状態でして

合計で6枚位の軒天井板の交換が必要になりました。
ここまで劣化が進んでいるのも珍しい
劣化箇所は撤去、張替え処理
そのほかには外壁各所に通常の変性シリコンシーリングではなくシリコンシーリングが

施工されていて、シーリング打替えとは別にシリコン処理を行ってからの塗装作業

スタートとなりました。
部分的にシリコンシーリングも施工されてある
篠路住宅でお客様からご指定いただいている色は黒系の濃色だったので

シーラー下塗りは通常通りクリヤーですが、中塗りはブラック色を使用。
外壁シーラー塗装
黒系濃色を中塗りで塗装したので上塗りの濃色を塗っても色スケなく

収まり良く仕上げることが出来ました。
外壁中塗り、濃色使用
外壁上塗り
同時進行していた屋根も黒色サビ止め塗装完了後に上塗りを塗装
屋根黒色サビ止め塗装完了
屋根塗装も完了
ハイソリッド型屋根塗料は蒸発してしまう溶剤成分を減らし固形分を多く

配合している性質から塗装膜の厚みが付き、その厚みが光沢や反射率の高さに

繋がっているのを実感しますね!
ハイソリッド塗料は反射率も良い!

この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き誠にありがとうございました!



お客様から頂いたトウモロコシをリュックに詰めて(笑)



グリーンペイント寺沢です


厚別区厚別東住宅の続きです。

窓などをビニールで汚れないよう養生していく作業と並行して

各所鉄部、シャッター、灯油タンク、トタン破風板、下屋根等の養生作業に

影響する箇所の研磨下地処理も同時に進めていきます。
破風板に発生した白錆をしっかり研磨しました
養生が終わると下塗りシーラー塗装、グリーンペイントのシーラー作業ではシーラーはクリヤー色を使用
透明色、クリヤーを使用しているので塗っているときはハッキリわかるのですが

乾燥してしまうと見分けるのが難しいかもしれません。

シーラー塗装後の見分け方として、外壁に水をかけると良く弾くようになる

養生テープや養生ビニールをよ~く見ると透明液体の付着跡が沢山ある

外壁を斜め方向から見ると若干の艶がある?
※ちょっとわかりにくいんですがこの3つを確認すれば間違いありません!
シーラーを塗った後はうっすらと艶が出ますね
上塗りと色違いで中塗りを塗ることでシーラー下塗り→中塗り(色違い)→

上塗り(お客様指定色)お客様が外壁を3回塗装したことを確実に確認できる!

そのほかにも良いことが沢山ある中塗り、上塗り色違い施工ですがその話は

長くなるのでまた今度ということでm(__)m
中塗りは上塗りと色違いで塗ります
厚別東住宅は外壁サイディングの板材がボロボロになっている劣化が部分的に

発生していたので劣化箇所を撤去

「撤去後に下地の確認をしてから施工方法を決めていきましょう」と
厚別東住宅は各所にサイディング板劣化がある
お客様との事前打ち合わせがあったのですが、劣化箇所を撤去すると

特段問題のある施工は見当たらなかったので、各所シーリングの断裂による浸水

その影響でのサイディング板材劣化という結論を出し

予定していた劣化箇所の撤去から新規近似サイディングをカット成型して

新しく張付け後、端末シーリング、そして通常工程の外壁塗装を行いました。
劣化板を撤去
窯業系サイディングの表層劣化はサイディング施工時の欠陥施工に起因する

内部の通気不良が原因の場合は恐ろしいことに・・・

塗れば塗るほど外壁がボロボロになる?!

それはもう手が付けられないくらいメチャクチャになってしまいます!
新しく近似サイディングを張付け
内部通気不良を目視だけで完全に見極めるのは難しい事なのですが

劣化箇所の外装材を剥がしてみると確実に原因がわかります。

厚別東住宅は恐れていた通気不良ではなかったので通常施工が可能で

ホッと一安心^^
張り替え場所が目立たないように施工
よーく見るとわかりますが
外壁も上塗りを行い無事完了。
お客様から指定の色で上塗りを
外壁施工完了後に屋根の上塗り施工も完了、屋根上塗りはハイソリッド型塗料で

高固形分塗料なので通常塗料よりも硬化乾燥後の膜厚を厚くつけることが出来

艶、塗膜厚共に納得の仕上りです。
屋根黒色サビ止め塗装完了
屋根上塗り完了、良い艶出てます!
ハイソリッド塗料は厚みが付きますね!
全ての塗装作業が終わり養生ビニールを撤去してから窓のクリーニングを行います。

2Fの窓などはお客様が窓拭きしようと思っても、高さがあり危なかったりするので

足場があるこのときにシッカリ窓をクリーニングしておきます!
工事完了に合わせて窓のクリーニングも
全ての作業が終わり足場解体、そして次は北区篠路住宅の塗替えに取り掛かります!
足場解体8:30分スタート
この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き誠にありがとうございました!!
次は北区篠路住宅の塗装工事です!



グリーンペイント寺沢です。


今回は前回塗替えから20年以上放置した屋根の状態をお伝えします。
かなりサビが広がっています
20年以上の放置期間は通常のメンテナンスサイクルを大幅にオーバーしていて

屋根塗装は塗料メーカーが推奨するメンテナンスサイクルとして8年前後を

目安に塗替えを行うとサビも広がることなく永続的に屋根材を保護することが出来

目安の年数をオーバーすると、そのオーバーした年数に比例して

屋根トタンの劣化が進行してしまいます。
深いサビが発生していますね
この屋根状態はサビがかなり進行している、私の施工経験上では

目視判断でサビの深さがギリギリかな~と思える劣化状況です。

これ以上サビが深くなってくると、塗装作業の研磨下地処理をおこなったとき

深く進行したサビを研磨処理で落とす作業によりサビの深さ分を削り落とす

必要があり、その強く研磨処理した箇所のトタンは板材の厚みが薄くなるので

耐荷重性が低くなり、場合によっては穴が空く恐れもあります。
水の溜まりやすいところもサビやすい
なのでサビは深くなる前に処理をしておくことが大切で、塗装メンテナンスの

出来なくなった屋根は屋根張替工事を行うしか方法が無くなり

塗装工事に比べて5~8倍くらいのメンテナンス費用が掛かることになります。
ボコボコと突起状にサビている
サビ発生にはパターンがあり雪が積もるような屋根平面部は太陽光や雨が

直接当たり、冬期間は積雪により湿潤状態が続くなどの要因で劣化が激しく

パラペット屋根(下がり屋根)などは勾配が急で、積雪はほとんど無く湿潤状態に

なることも少なく、雨水なども短時間で下へと落ちていくので平屋根に比べて

すぐ乾燥する等々の好条件が多いことから、平屋根は酷く錆びているのに

パラペット屋根はほとんど錆びていないことも多い。

これは住宅全ての塗装にも言えることで、垂直面になる外壁の劣化スピードは

緩やかだが、水平面になる屋根は劣化スピードがとても速いことから

外壁以上にトタン屋根はマメなメンテナンスが必要であるということですね。
垂直面のパラペット屋根はそれほどサビていない
この屋根では前回の屋根塗装時に行った作業パターンが20年以上の

経過を得てハッキリと姿を現しているのにも注目しました。

屋根塗装作業では塗り繋ぎが出やすいのであまり勧められた作業ではない

工法がとられている、長尺トタンは長手方向にハゼを1枚分、あるいは2枚分で

塗りつないでいく工法で綺麗にムラなく仕上がるのですが

前回塗装では長尺トタンを横方向に進み屋根端から塗り初めて端まで行くと

下へスライドして先ほど塗ったところへ塗りつないでいくという工法で

作業中の体の移動が縦方向よりも横方向は楽なので、この作業を行う気持ちは

理解できますが、塗装乾燥後に塗り繋ぎムラが出るので

グリーンペイントでは行っていない作業工法です。
横一列にサビが無い?
近づくとこんな感じで
このパターンを観察すると塗り繋ぎ箇所のみサビが出ていないんですよね

このサビが出なかった理由=塗り繋ぎ箇所は塗装膜が塗り重ねた分

厚くなったことが理由です。

話は変わりますがグリーンペイントの社用車ダイナ号も購入当初は

サビだらけでしたが、何度も何度も塗替えすることで今はほとんど

サビが出ない状態になっている。

結論として、トタンなどの鉄部は塗装膜が厚いことが何よりも素地保護に有効!

このことから、屋根塗装は何度も何度も塗替えを重ねていくほど全体の塗装膜厚が

厚くなり、より耐久性が高くなることから塗替えは回数が多いほうが良い!
屋根シーリングもだいぶ劣化が進んでいますね
※注 塗替え回数は多いほうが良い説明をさせていただきましたが

あくまでも下地の状態が良好ということありきで、適切な下地処理を

行わないでドンドン塗り重ねていくと、後でサビと塗膜のミルフィーユ?

のようになってしまいます。^^;


屋根トタンの塗装では手間をかけた確実な下地処理を行う塗装店!

塗装における技術or知識を持ち数多くの施工実績を持つ塗装店!!

新しい屋根から、劣化の進んでしまった屋根まで

屋根塗装工事をお考えの際には

是非ともグリーンペイントにお声掛けください!!

RIMG3897


このページのトップヘ