グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント 寺沢です


前回は高圧水洗浄を行い外壁に沢山の欠損(小)が発生した所まででした。

今回はその続き、外壁の下塗り作業と欠損補修です。



あれだけ傷んでいたサイディングなので既存塗膜の防水性はまるで期待できません。。。

と、いうことは高圧水洗浄の水分を外壁サイディングがたっぷりと吸っている?

洗浄の次の日にサイディング表面を触っただけで湿気っているのがわかるぐらいです。


素地にこもる湿気が塗膜性能にどれだけ悪影響を与えるかは

比較的想像しやすいと思いますが・・・その数ある外壁材の中でも

窯業系サイディングは特に悪影響がある! 非常~に悪影響があります!!
※これぐらいにしておきます^^;

その悪影響とは、基材に水分が多い状態で塗装を行うと水分に邪魔されて塗料が

密着せず塗替え後数年でボロボロと剥がれてくることもあるので怖いんですよ~

そんなことになったら大変なので洗浄後は数日明けて

しっかりと乾かしてから塗装します。


水分計でサイディング素地の含水率を測定すると

外壁各面、数か所での測定結果は?

気温30度以上、湿度50%以下が数日続いたので

サイディング塗装可能含水率10%以下を大きく下回る

2.7%や1.2%などなど

含水率1.2%
含水率2.7%

からっからに乾いており、表面防水性が無くなったということは

内側にこもる湿気も外に出やすい?ということのようです。


数日の晴天に恵まれ塗装準備が整ったのですが

明日は雨の予報、せっかく乾いたのに雨が降るとまた水分を吸収してしますので

今日の内に下塗りシーラーを完了させます。


今回のシーラー塗装で注意することは欠損部位に確実にシーラーが塗装され

ボロボロになっている所に浸透していることを確認しながら塗装していきます。

浸透性のあるシーラー塗装


その日のうちにシーラー塗装は無事完了し、予測通り次の日は雨となりましたが

すでにシーラー塗膜が防水膜を形成し雨水は浸透しなくなっているので

雨が明けた次の日には作業に取り掛かることが出来るようになります。


高圧水洗浄で粉化物が吹き飛び沢山の小さな欠損が出来ているので

欠損部位を浸透作用のあるシーラーで固着し密着性が高くなっている状態で

小さな欠損を一つ一つ手作業で、外部用補修材を埋めていくのです!

釘廻りの欠損、シーラー塗装済み
外部用補修材を充填

この作業は時間がかかります!シーラーを3回塗れるんじゃないか?

というくらい時間がかかる作業なのです!

数mmサイズの欠損は水が溜まりやすく

問題のない場所と比べると格段に劣化が進行しやすいので時間をかけて埋めていきます。

壁全面なので数日かかります

下地処理って時間がかかりますね~~^^;


雨の前兆 鱗雲












グリーンペイントの寺沢です


前回グリーンペイントの社用車「スクラム号」の給油口を直した話がありましたが

今回は同じく社用車の「キャラバン号」のマフラーがとれてしまいました^^;
※人間も車も古くなるといろいろ故障が出てくるものですね~~


このキャラバン号は数年前に知り合いの業者さんから

自動車オークション会場で探してきてもらった車なんですが

車のグレードも良く値段も手ごろだったので即決しました。


待ちに待った納車時になんだか聞き覚えのある

若かりき日を思い出すマフラー音が・・・

ボーボボボーって、まさかッ!ディーゼル車にマフラー!?
※そうなんです人生には3つの坂があるのですがその1つ^^;

しっかりと懐かしい感じの砲弾型マフラー入ってました。


これで仕事に行くのか?体裁悪くないかな~?

すごく気になるので一応知り合いの自動車工場に純正マフラーに交換すると

いくらくらいかかるのかを聞くと10万円以上かかるよとの返答

マフラーの為に10数万は払えない・・・だけどボーボボボーって。。。


とりあえず1万円位の吸音カップ?らしきものを取付けて

若干音量が下がってくれたので一安心して現在に至っております。



このキャラバン号は当社の斉藤氏が通勤にも使用しており

ここ最近、朝出勤してくるときに、エンジンふかしすぎじゃないか?

と感じるくらい豪快なマフラー音が鳴り響いておりまして
マフラー取り外し


変だなーと思い確認すると「マフラーとれてるじゃありませんか!?」

社員の一人が発見したのです!

ボルトが腐ってブラブラとぶら下がっています!
雪国の塩害ですね


腐食箇所を確認すると幸いにもボルトのみがダメになっているようで

ボルト交換で復旧できそうなので近くの大型ホームセンターで

同径のステンレスボルトを買ってきてチャチャっと交換

無事復旧しました、スクラム号に引き続き

250円位で修理完了です。
こういう作業、幸せです


こういうのって整備工場に頼むと、えッ!?と思うくらい高くて

自分で直すと何百円で出来るのね、などと安易に思うのですが

何でもかんでも自分で直せるわけでもなく、当然、整備業も商売でやっている訳で

何百円では経費が出るわけもなく・・・
ステンレスボルト、安心です


何千円あるいは何万円かかるのも仕方がないのかもしれないな~~と

世の中のバランスなどを考えながら

「しかしこのマフラー田舎感出まくっているな~」(笑)


時代を感じさせるマフラーです

グリーンペイント 寺沢です


札幌市北区住宅塗り替え工事の続きとなります。


前回までで劣化したサイディングの交換

目地、窓回りのシーリング工事まで完了しております。


外壁劣化サイディングの交換工事で劣化具合を十分把握出来たので

高圧水洗浄は入念に行う必要があります。
外壁チョーキング層 右が洗浄後

新築施工から17年経過しているとのことで、サイディング表面塗膜の

防水性はほぼなくなっているものと思われ、試しに至近距離で洗浄水を当てると

サイディング止めの釘周りや部分的に表層が細かく吹き飛びます。
洗浄前 ぱっと見わからなくても・・・
しっかり洗浄
洗浄後 細かい欠損だらけに

これは防水性を失った塗装膜から降雨のたびに浸水し

浸水⇒乾燥を繰り返すうちにサイディング板材の基材が劣化して徐々に粉化したものです。

さらに寒冷地では冬期間、浸水した個所が凍結膨張を繰り返すので

基材粉化のスピードはさらに上がります。


サイディング表面には塗装膜があるのでその内部で粉化した基材は

パッと見ただけではわからないのですが

強力な高圧の洗浄水を当てると塗装膜とその下の粉化物もろとも吹き飛びます。

サイディング板の止め釘周りは特にひどい

この粉化物は数㎜単位の深さで粉化しているので浸透性のあるシーラーで

固着させることも難しく、高圧水洗浄で除去するのが最も確実です!

穴の中に詰まっていた粉化物を吹き飛ばした後

また、粉化物の除去を怠ると学校の黒板に使うチョークの上に

塗装したのと同じような状態となり粉の上に塗った塗装なので

衝撃やサイディングの動きと共に剥がれ落ちるリスクがあります。


がっちり洗浄を行うと、終わった後には無数の細かい穴が・・・

見積調査である程度の劣化は予測していましたが、想定を超えていました。。。


しかしッ!

これぐらい痛んでくれると直しがいってものがあります!

俄然テンションが上がってきました、グリーンペイント倉庫の改修工事もそうなんですが

改めて自分はこういうシチュエーションが好きなようです。。。^^;

天気いいです







このページのトップヘ