グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


11月初旬は北区拓北住宅を施工させて頂きました。
北区拓北住宅
外壁は窯業系サイディング、シーリング全撤去打替え仕様になります。

拓北住宅は軒天井張り出しが無く、四角い形状でさらに凹凸も無い

とても足場仮設が施工しやすかったです!^^
足場仮設完了です
シーリングは全撤去になっているのでサイディング目地から撤去していきます。
既存サイディング目地シーリング
まずはザックリ撤去
目地両サイドに薄皮が残ります
薄皮撤去作業
目地シーリング撤去完了
↑ こんな流れでザックリ撤去⇒目地両サイドに残った薄皮撤去

目地底にはボンドブレーカーらしきものが入っていたので順調に作業が進みます。
既存の窓下水切りが干渉するので
窓廻りには既存の窓下水切りが取り付けられており

窓廻りのシーリング撤去作業でカッターやペンチが干渉するので

事前に仮外ししておきます。
仮外ししておきます
窓廻りのシーリング撤去を始めて直ぐ、三面かッ!?

カッターを入れただけでわかってしまう、あの重い手応え。。。( ゚Д゚)
窓廻りシーリングは3面接着している!?
バッカー材を入れないでシーリングを打った為にサイディング下地の

木にべったりと貼り付いてしまっています。
べったり底に張り付いています
シーリングを引っ張りながら、底の木とシーリングの間にスクレーパーを

差し込んで徐々に剥がしていくという作業を繰返し・・・
窓廻りも撤去完了
何とかここまで撤去することが出来ました!

しかし何故、このようなことが起きるのか?

新築時にサイディング工がサイディングを張り、その後からシーリング工が

シーリングを施工するわけですが、ボンドブレーカーやバッカーの存在は

当然知っていて普段の作業でも使っているもののはずです・・・

拓北住宅の窓廻り目地深さから丸バッカーは使えないので

通常であれば糊付きの角バッカーで厚みが2~3㎜程度の物を使うのが

シーリング厚を確保するうえでもベストではないかと思いますが

丁度その時にバッカー材を切らしていたので使わなかったのか?

バッカー材を取り付ける工賃とバッカー材の部材費を出したくなかったか?


そのような手抜きを行うことで施主様の住宅に悪影響を及ぼしたり

次の工事業者に負担を押し付けることになる

自己中心的な行為以外の何物でもありません(*_*;
窓廻りには新規にバッカー材取付け
シーリング撤去後には適正な厚みの角バッカーを取付け

既存シーリングよりも幅広、厚みも倍以上で新規シーリングを施工します。
目地シーリング打設
目地シーリングも同様にボンドブレーカー(緑色)を取り付けてから

えぐり取らないよう、厚みを確保したシーリング均しを行います。
シーリング施工後に水切り復旧
窓廻りシーリング打ち込み施工後に仮外ししておいた

窓下水切りも復旧⇒上左右方向の3方シーリングで防水処理します。
倉庫前11月の朝日


寺沢です!


雨が降ったら釣りに行く?・・晴れた日の釣りはここの所行ってないな~

などと思いながら現地到着です!!
現地到着!
雨の降る秋の渓流、素敵ですね~

マイナスイオンってやつが出ているんじゃないかと思ってしまいます(笑)
今日も雨が降っている
落差10メートル位の滝があるので、今回はそこを起点とします。
滝なんかあったりして
渓流に滝とは、素晴らしいシチュエーションです

思わず滝つぼを上から確認したくなる心理が恐ろしい。。。
落ちたらオジャンですね・・・死語^^;
雨降りではありますが今回の釣行は正午近くだったので

ヒグマの出没率は多少下がっているのではないかと←自己暗示^^;
渓流の水面は美しい
早速のヒット!20cmオーバーの良型です!

渓流の魚は、ほんとうに綺麗な魚体をしています。

キャッチ&リリースが叫ばれるようになってどれ位経ったのでしょうか?

ユーチューブの動画を見ていても、川魚に至ってはヒットした魚はほとんど

リリースしている所を「バイバーイ」「また遊んでねー」というセリフ付きで

動画アップしている様に見えます。
綺麗なニジマスです
きっと漁獲資源の問題からリリースする方向に向かっているのかと思いますが

実際に釣りをしていると、ちょっとした不手際で針の呑み込みが発生します。
※エサ釣りは呑み込みやすくルアーは呑み込みが起きにくい。

当たりが出た瞬間に引き上げると針がかからなかったり

逆に少しでもタイミングが遅くなると針を飲み込んでしまうこともあり

魚の口廻りよりも内部に針がかかった場合は取り外し作業中に

死んでしまうことが多く、それも苦しみながらの様相になるので

針呑み込みの場合、私は生き締めを行うようにしています。

リリースに至っては極力行うようにしていますが、これにも諸説あり

魚が大型になり魚体が重くなるほど、釣り針が口廻りに掛かった状態で

引き廻されると顎の変形による摂食障害で死亡したり

釣り上げられた恐怖感と警戒心からエサを食べなくなり痩せて死んでしまうことも

リリースした魚が生き延びる確率というものもあるようで考えさせられます。。。
針呑み込みになってしまった
生き締めでは一瞬の痛みだけで済むので魚への配慮でおこなっています。

この生き締めをするようになってから、スーパーで売られている肉も魚も

パックされてきれいな食品になっているけれど

ちょっと前まで生き物として存在していたんだよな・・・などと思うようになりました。

釣り後に美味しく食べさせて頂くことで食べ物への感謝が強くなった気がします。
細かいうろこを取っていきます
なので、生き締めした魚は必ず美味しく食べさせて頂くことで供養!^^

しかし、毎度のニジマス塩焼きばかりではワンパターンなので

今回は違った調理方法にしてみたいと

目立たないのですがニジマスにも鱗があり、まずは鱗取りから
バターと油を混ぜたもので火を通す
バターで香り付けした油でしっかり火を通します。
焦がしバターソースを作る
その間にバターを多目に溶かし、レモン果汁と香草で

焦がしバターソースを作ります。
ニジマスのムニエル風
完成!ニジマスのムニエル!

塩焼きよりも美味しい、清流のニジマスは絶品ですね。

きっと釣り上げられたニジマスも喜んでくれていると思います^^


グリーンペイント寺沢です


10月下旬は北区屯田住宅を施工させて頂きました。
北区屯田住宅
屯田住宅は通常の契約とは変わっており、当社でも初めての経験になる

【委託管理】?なる条件がありまして

新築時から見積り、施工のチェックを施工業者ではない第三者の業者

委託するシステムのようで、お客様とは新築時からの長い信頼関係であることを

当社見積り時に伝えられ、「第三者による見積り査定、施工チェックを受けて

頂けますか?」
とのご依頼に、最初は戸惑いましたが

いつも通りの施工をしていれば特段心配することも無いはず、と

この条件で見積りを提出し、見積り査定の結果3社中からグリーンペイントを

選定していただき、その時点ですでに嬉しくなっているという(;^ω^)
足場仮設完了
基礎高の大型住宅の為、足場の使用量も半端でありません。

さらに向かって左隣の住宅で、ほぼ同時期に塗替え工事を始めますとの

連絡があり、敷地内ギリギリで600枠を入れるという

壁面すれすれの足場仮設となりました。
ギリギリ600枠が入るスペース
向かって左側もせ・狭い^^;
窓廻りのシーリングを撤去してみると簡単にカッターが刺さり

かなりの薄さのシーリングが施工されていました。
既存の窓廻りシーリング
シーリングが薄い!?
グリーンペイントで施工している窓廻りのシーリング使用量の

3分の1程度のシーリング量でしょうか?
薄っぺらいシーリング
このような施工はシーリングの材料費が少なく、その浮いた材料費が

施工業者の利益に繋がるわけでありますが

こういう利益のあげ方をしていると、結果として長く維持していくことの

出来ない会社
になるんだろうな~などと思いつつ

自分の仕事はそのようにならないよう気を引き締めます!
窓廻りの薄皮もしっかり撤去
目地シーリング撤去後
屯田住宅は職長斉藤氏担当なので写真が少なくなっていますm(__)m

シャッターの既存塗膜剥離が発生しているので
シャッターには塗装剥離が発生
研磨材を使って研磨していきます。
ガッチリ研磨していきます
塗装が剥がれています
その後お隣様でも塗装工事が始まり、狭いところに

それぞれ足場を掛けているので安定性保持の目的で

工事中のみ足場を連結して強度を保つように話し合いが出来

工事完了検査は第三者にあたる業者の方に検査してもらい

無事OKを頂きお客様にも満足してもらえました^^
10月は日が沈むのが早い

この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き
誠にありがとうございました!!



このページのトップヘ