グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


北区拓北住宅の続きです。

外壁サビ発生個所へ白色サビ止め塗料でタッチアップ塗装を行い

乾燥を確認してから色違いになる黒色サビ止め塗料を

外壁全面に塗装します。
白色サビ止めタッチアップ塗装後の
タッチアップも全面塗りも同じ色のサビ止め塗料を使ってしまうと

塗り残しを出してしまう可能性が高くなるので色違い塗料を使っています。

外壁には大小さまざまな凹凸があるもので20年以上塗装工を続けても

そのような外壁に塗り残しを1つも出さないで塗装するということは

とても神経を集中していないと難しいものです。


色違いで塗装すると作業中に塗り残したことがすぐわかるので

ミスなく塗り残しの無い確実な塗装が出来ます

色違いになる黒色サビ止め塗装
サビ止め塗装と同様に中・上塗りも色違い塗装を行うことで

同様の効果が得られます。
中塗りはグレー濃色
上塗りに指定色
外壁塗装が完了した後は外壁最下部に取り付けられている水切り金物を

窓枠などとの統一感を出せるように白色で塗装します。
水切りは白色塗装
建物各所に取り付けられている飾り格子は複雑な形状をしていたので

塗装前に取り外し、倉庫へ持って帰ってから

アルミ金属用のプライマー→2液シリコン白色をスプレー吹付けで仕上げました。
格子は外してから倉庫で塗装済み
既存の取付けビスはユニクロメッキ処理のようなビスだったので

ビスから錆汁が出てしまっていたので取付の際には

ステンレス製のビスを使用しています。
ステンレス製ビスを使用します
この通常ビスをステンレス製ビスに交換する作業は

当社では昔は行っていなかった作業で、横浜の曽根塗装店

店主曽根さんのもとで作業させて頂いた時に教えてもらったものです。

曽根さんがよく言っていた「自分の家だったらどのように工事をするか?」

「どうせ交換するならサビないステンレスに交換したい」

細かいことだけれど、その細かいものが集まって工事になり

それが品質に現れるのかなと^^店主曽根さんには本当に感謝しています!!
上塗り後の撥水性!
RIMG6224
外壁塗装も終わり各所手直しを行い、建物すべての窓をクリーニングします。
塗装後に窓の美装
グリーンペイントでの自社足場仮設工事は塗装が出来なくなる雨の日に合わせて

セッティングしているので塗装工事終了後に雨が降らないときは

多少足場解体をお待たせしてしまう時もございますが
足場解体風景
効率よく作業ローテーションを組めることで工事経費削減を行うことが出来

地域最安値の足場仮設 450円 / ㎡(メッシュシート込み)を実現させています!!

無事足場完了
というわけで雨の日の足場仮設ではありますが・・・

この日は解体後半からとんでもない大雨になってしまいました^^;
激しい雨でした^^


グリーンペイント寺沢です


6月下旬は北区拓北住宅の外壁からみのみを塗装しました。

拓北住宅の外装はスチールサイディングで今回が初の塗替えになります。

屋根は数年前に当社で施工させて頂いており、リピートでの工事依頼です!

リピートで工事をご依頼いただけることは本当に嬉しいもので

新規のお客様へもリピートでご依頼いただけるよう全力で仕事しています!^^


スチールサイディング特有の雨がかからない箇所にだけ発生する

白サビがびっしりと発生しています。
雨のかからない所だけサビている
白サビがびっしり
この白サビは通常イメージされる赤サビの発生環境とはちょっと違うようで

赤サビは塗装膜が経年劣化で薄くなる、あるいは防水性が低くなった状態で

金属表面に水分が達して酸化作用によってサビる、という順序なので

雨や雪の水分が多くかかってしまう箇所、場所はサビやすいのですが

拓北住宅に発生しているような雨のかかりにくい個所の白サビというのは

雨がかかっている場所には白サビが発生していないことから

この箇所には何かが蓄積されて、その蓄積物が雨で流されないことが要因で

白サビを発生させる→大気中の塵や埃と排気ガスなどに含まれる窒素酸化物などが

混ざったものが雨水に流されることなくある程度の厚みまで蓄積し

水分を含みやすくなったところへ空気中の湿度が水分として作用することで

このような凹凸や表皮のめくれを伴うような白サビになります。
白サビのマクロ撮影
めくれ上がり凹凸状になっている
当然、このような酸化物質や粉化物の上に塗装を塗っても

簡単なことですぐ剥がれてしまうことでしょう、それは例えるならば・・・

ミルフィーユの上にチョコレートソースをかけ、固まった後に指でいじると

すぐに剥がれてしまうようなものですね!(;^ω^)く、苦しい。。。

この白サビはガッチリ研磨する必要があります。
研磨します
目の粗い研磨材でガシガシ削っていくと
粉化物や凹凸が取れる
既存塗膜の無い清浄な面になりました
このようにでこぼこした粉化物はあらかた除去することが出来ます。

白サビが発生していた雨のかかりにくい個所は塗替え後も白サビが

再発しやすいので全面サビ止め塗装の色とは違う色のサビ止め塗料を

拾い塗りしておくことで要注意箇所のみ合計4回塗りの厚膜となるので

サビの再発を防いでくれます!
サビ発生個所は白色サビ止めで部分塗り
続いてはスチールサイディングに付き物の外壁目地、窓廻りシリコンシーリング処理

北海道地区では現在から数えて15~25年前あたりの訪問販売が全盛期だった頃

スチールサイディングには大量にシリコンシーリングが施工されたようで

塗装密着不良や黒いシリコン汚染が外壁に広がってしまうリスクは説明されず

現在でもその実態はあまり知られていないのではないかと思います。
窓廻りにはシリコンシーリング
シリコンシーリング表面のシリコン油と付着しているゴミ類を溶剤洗浄して
溶剤で汚れを拭き取ります
その後にシリコンシーリングへの密着性が高い銀色の処理塗料を塗布します。
銀色のシリコン処理塗料を塗装

最後になりますがシリコンシーリングの弊害について

シリコンシーリングは本来水廻りの浴室や洗面台廻り、又はガラスの

端部シーリングに使用されるものです。

シリコンシーリングからはシリコン油が滲み出すのでほとんどの液体を弾いてしまう

欠点があり外壁のような建材に使用するとシリコン油に絡んだゴミや埃で

黒く変色するのと滲み出した油が周辺を汚染して、その後に塗った塗料まで

弾いてしまい、無理やり塗ってもシリコン処理が不十分な場合

数年で塗装膜がバラバラと剥がれてしまう恐れがあります。
雨上がりのシリコンシーリング
シリコンシーリング周りが水を弾いている!
シリコンシーリングの周り数cmが汚染されている


寺沢です!


単発の雨では足場仮設をメインで行っているグリーンペイントですが

連続の雨となると、そうともいかず休みになることもあり

楽しみにしている釣行は必然的に雨の確率が上がるわけです^^;

本日は赤井川方面へ川釣りに出かけたのですが

まったく釣れません。。。雨続きの増水で

釣りの雰囲気さえも感じられない荒川となっています😢

それでも数時間粘ってみましたが釣果なし・・・

肩を落として帰路に向かう途中に【管理釣り場はこちら!】!?

なる看板が目に入りました、釣り堀ではなく管理釣り場?

心配性なので釣り場に入る前にしっかりググって確認、基本スタイルです^^;

管理釣り場とは魚を釣り上げる行為を純粋に楽しむ場所?

釣り堀のように釣った魚を持ち帰ったり、その場で調理したり

そのような行為はせずに竿へのHITのみを楽しむそうです。。。

鯉、鮒釣り堀はわかりますが鱒系の釣り堀では食べれるところもあります。

持ち帰ることが出来ないのは残念ですがとにかく釣りを楽しむことが出来そうです。
客は私だけ
釣り場に入ると静寂な空間・・・静かな湖畔の森の陰から~~♪
もう起きちゃいかがとカッコウが鳴く~~~♪
もう起きちゃいかが?って言っていたんですね
ちなみに2番は、もう寝ちゃいかが?とフクロウが鳴く~♪だそうです
・・・思惟・・・
フクロウやカッコウが生息しているような深い山間部にテントもしくはコテージ
のような宿泊できる施設で起床or睡眠をしているシチュエーション
そこで鳥たちが遅い起床or夜更かしを見かねて規則正しい生活を促している
朝が遅いのはまだしも深い山間部でテレビ等もないのに夜更かしという設定はどうであろうか・・・
大人数でのキャンプ宴会でもしているような設定とは思えない曲の雰囲気なのでは・・・
↑このようなうがった見方。。。とは→疑い深い見方←否、物事を深く穿つような見方
穿った見方←が正しい意味だそうですが、やはり疑った見方ですかね?^^;

静な湖畔・・・
雨が降りしきる中、釣りの開始です・・・が

その前に管理釣り場のルールなるものがありまして

エサ釣り禁止←釣れすぎるから?

針の返しはペンチ等でつぶしておく←魚のダメージを減らすため

魚体はなるべく素手で触らないよう←素手で触ると魚は火傷するそうです

その他にもたくさんありましたが忘れてしまいました(;^ω^)
雨の降る中釣行
まずはルアーで挑戦、スプーンと呼ばれる金属の色付きプレートの

ようなものを小魚に似せたものですが反応が渋いです

きっと毎日釣り人が訪れスプーンを振り回すので「あれは食べてはだめだ」と

魚も学習しているようです。

渋りながらもしつこくしつこくスプーンでアクションを付けていると

ようやくのHIT!物凄いあたり!興奮の1匹目は40cmぐらいの虹鱒
40cmオーバー
何となくコツをつかんでからは良い感じで当たりが続きます
顔が怖い
ニジマスは40㎝を越える大型になると顔つきがガラリと変わり

獰猛そうな肉食魚の様相になるようで10~20cm位の時は可愛らしい

顔をしていますがここで釣れる虹鱒はすべて恐ろしい顔をしています^^;

この魚は50cmくらいあった!
引きが強烈+結構釣れたので腱鞘炎になったか?と思うくらいに

手首と肘が痛くなってしまいました^^;

毎回、釣行後で思うのですがメジャー持ってないと大きさわからんって。。。( ゚Д゚)


このページのトップヘ