こんにちは、寺沢です。
札幌の長い冬も明け、GREEN PAINTの仕事もようやく始まります。

そしてタイトル通りにようやく1足(いっそく)足場を手に入れることができました!

GREEN PAINTでは今まで枠組み足場(600枠)オンリーで足場をかけていたので、敷地が
狭いときなど本当に苦労して単管パイプを加工して足場を架けておりました。

そんな涙ぐましい努力の日々でしたが1足足場があればこれから狭い所もラクラクです。

でも、枠組み足場に比べて1足足場はやっぱり華奢だな~と思ってしまいます。※構造ですね

枠組みオンリーで来た私にはどうしても足一本って・・・※場所によっては足2本です
ブラケットをハンマーで叩くだけの固定って・・・


足場倒壊のいちばんの要因となる風圧に対しては
4本足の枠組み足場の外周を一周分、単管と固定クランプで全箇所固定。
この固定を行うと、すべての足場材が一つの塊となって固定されるので
札幌で発生する暴風や台風の風速ではまるで動かないくらい頑丈な作りになります。

なぜ?そこまで足場強度にこだわるのか
それには過去に不安にさいなまれる経験からです


< 回想 >

     夜半から天気予報が変更され、激しい雨が降り、強風が吹き付け足場メッシュシートが水を吸い重くなる
  吸い込んだ水のせいでシートも風を通しにくくなりる。
  
  足場には強烈な風圧がのしかかり、不安に駆られる自宅の窓を強風が叩く
  草木も眠る丑三つ時、たまらずに足場確認へと向かう。
  
  午前3時強風で揺れる足場によじ登り「よし!大丈夫だッ!!」と独り言、
  そして寝床に戻る、風の強い日の度「あ~心配だ・・あ~心配だ・・」
  
  
このようなことを
  繰り返しているうちにグリーンペイントの足場は次第と頑強に頑強を重ねていったのでした
  

まだ少ないけど今後増やしていきますよ!
「住宅塗り替えの足場でこんなに大量に固定単管を使うのか!?」というくらいに超オーバースペックな足場になってます、あの足場は台風でも倒れないでしょう。

オオッと、すいません、当社の新兵器、一側足場の紹介のはずでしたが思わず今まで使い慣れた枠組み足場のアピールになるところでした。

一側足場は敷地が狭い箇所限定で使わせていただきます!