グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

2015年07月

グリーンペイント寺沢です

新・倉庫内の掃除や補強工事も終わりレイアウトを考えていきましょう!

この倉庫とても広いです!今更ながらですが
もともとは木材加工をしていた工務店の工場だったようで
長物の木材などを取回せるように建てたもののようであります。

持ち主であった工務店社長さんとお話しさせていただいたんですが
「バブル期に建てた倉庫で当時だったのでえらくお金がかかったんだよ」
「天井にはH鋼の梁と床はアスファルト舗装もしたのでいい物件だろ」
とお勧めをいただいていたのです。

十分な広さがあるので塗料だけではなく足場材も倉庫内に入れたいです
足場は外置きにしておくと溶接部位から錆が広がり
特に冬など外置きだとものすごく錆が進行してしまいます。

「足場の置き場所はここにするか?」

「ここはトラックを入れる場所で~~」

こういうの大好きです!!
部屋の模様替えも大好きなんです!(オヤジなんですが好きなんです

床アスファルトなんで足場入れたら掘れちゃうのでコンパネ敷きましょう!様になってるね!

ここで突然ですが、我が家は娘1人の3人家族なのですが、娘は倉庫の進捗がとても気になっているようで「今度手伝いに行ってみたい!」というのでコンパネ設置やってもらいました。意外や意外、飲み込みが早くインパクトドライバーを上手にビス頭をなめさせないようやってくれました。
ありがとう、ありがとう!
※作業の時に「片膝をついて固定するんだよ」と教えたのでその通りにやっていたら買ったばかりのジャージの膝がボロボロになる落ちがついておりました。

話は変わりますがこの辺りにはときより泥棒が現れるそうで、防犯対策はしておいた方が良いと斜め向かいのブロック屋さんから教えてもらっていたので、外窓から中が見えないようにした方が防犯上よさそうとのこと。
家族も総動員!
またまた家族の登場なのですが今度はうちのかみさんの出番です。彼女はとても手先が器用で、我が家では最大限に器用さが求められるときは総大将かみさんが出動します(動かざること山の如しみたいな感じです )
窓の防犯ミラーフィルム貼りなんてお手の物です!
ちゃっちゃっちゃと貼ってくれました。
あらためて、こういうものってやっぱりセンスだよなーと思わされます。

塗装工になりたての20歳前後の頃に、先輩職人さんの吹き付けタイルの仕上がりを見て、何もわからない素人の自分が「この仕上がりは美しい」と感じたことは今でも覚えています。あれはきっとセンスを持っている人が創作したものは、わからない人が見ても何か感動に似たものを受け取ることができるのかなと思います。

本当にいろいろな人の協力があって、新倉庫が完成しようとしています
一人ではできない、多くの人の力をお借りして仕事ってできるんだな。。。と
考えさせられる一日でありました。感謝!




最後にもう一人の家族、白ねずみのユティさんにも来てもらいましたー バイバ~イ!☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;続きを読む

グリーンペイント寺沢です。

今までは外回りメインの内容でしたが今回は内装のお話です。

25年という月日から外装は当然のようにくたびれた容姿をしておりましたが
もちろん内装もくたびれておりました。

片流れの屋根なので建物裏に大量の雪が溜まるようで、雪の重み?
で窓ガラスは2か所も割れていました。1か所はコンパネで塞がれていて、
前使用者はそれでよかったようですが私にはどうしても
「窓ガラスが割れたけど、コンパネでいいっしょ」という発想は受け入れられませんでした

昔から暗い部屋が苦手で、とにかく採光を多くとって少しでも明るくしたいのです。半分廃墟と言えますね(笑)
※LED採用でエコに貢献!しているつもりです・・

雪害は窓ガラスのみにとどまりません。
メイン柱こそ無事なものの、外装波板の釘打ち固定に使われる室内垂木は、外側からの圧力で何本もへし折られておりました。

雪国の構造物にかかる負担はあらゆる箇所で高い負荷が発生し続けるということなんですね。。。

窓ガラス4枚交換、垂木1800×100本以上使用落雪圧の補強用筋違取付、構造柱の補強等々やれることはやれたのではないかと思います。

補強工事と並行して建物内の掃除もしておきたいところです。天井梁の鉄骨H鋼まで高さ4.5mもあるので梁上の埃り払いをするのに枠組み足場でローリングタワーを作りました。
※ローリングタワー=車輪付き移動足場

その中でローリングタワー移動用車輪?でいいのでしょうか?正式名称はよくわかりませんが
兎に角この車輪が高かった。。。ちょうどMサイズのピザ(小さいやつです)くらいの大きさで
1個7500円くらい(新品です)4個必要なので車輪だけで25、000円もしました。

これは本当に悔しかったです、クヤシィーーですッ!
なんでしょうか?塗料を買うとか梯子を買い替えるとか砕石を買うにしても
全然違和感はないのですが・・・この車輪だけは。。。どうしても納得いきませんでした。

そんな悔しさも乗り越えて掃除を開始です!
凄まじい埃の量!!
不織布の防護服を着てゴーグル・マスク着用で物々しいです。

しかし・・・事態は我々の予想を上回っていたのでした。

天井、壁の梁という梁の上には数㎝にもなる埃とおが屑が積もっていたのです!!

25年分、埃が地層のように積もり重なっております。強烈なエンジンブロアー2台をフル稼働して
埃を飛ばしまくりました。さながら倉庫内は一昔前のオフロードバイクのレース場を思わせるような
2ストエンジン特有の甲高いエンジン音とオイル交じりの排気ガスが立ち込め
騒音、埃、排気ガスによる意識が混濁とした中でブロアーを振り回す腕だけが動いている
壮絶な作業となってしまいました。。。。ごめんねみんな。。。

作業しているときは夢中なもので時間も気にならなかったのですが
そろそろ終わりに近づき、ふと床を見ると埃とおが屑が数㎝の厚みで
積もっており床が見えなくなるほどでした。

みんな目を真っ赤にして一生懸命働いてくれました、本当にお疲れ様でした。


なんだか今回は埃っぽい話だったので最後に新倉庫から望むさわやかな一枚をお届けしますね!

雨上がりの手稲山を望む







グリーンペイント寺沢です。

外構も整ってきて少しずつではありますが

N○K 特別番組    「大いなる大地、自然界へと帰っていく建造物」から
同じく特別番組   「過疎の村に響く復興の木槌」ぐらいへの変化が表れてきております

余談はこのあたりで…

前々から何とかしたい、みすぼらしいな~と思っていた外装イメチェンにいよいよ挑戦です。

既存の外装は昔懐かしの波板トタン亜鉛メッキ処理、無塗装品ですね
25年も経つとこんなにも錆びるものなのか~~
いや、逆に25年ノーメンテナンスでこれだけ持ったのは優秀か、そちらの方が注目ですね。
亜鉛メッキって耐久性高いです、しかし剥離のリスクがあるのでペンキ屋は嫌う部材といえます。

ペンキ屋なんで本当は塗装できれいにしましょう~~と行きたいのですが
既存波板が・・・?波板なんで波打ってて当然なんですが・・・波板とは違ううねりがあるんです
経年劣化でたわんだものなのか、それとも大工さん?
これは塗装ではどうにもなりません・・・無理ですね。

この波板何かが変だ!?
「無理な時は諦めが肝心です!」。。。とはいきませんので塗ってもだめならば、張りましょう!!

ここでまた余談なのですが

外装材を張るとは、はたしてどちらの貼るであろうか?

権威あるYAHOO知恵袋の面々の回答
カテマスA氏から「云々カンヌン~~(長いので割愛)垂直加工は張るで水平加工は貼るということですよ」
B氏の意見「釘どめや固定は張る、糊や接着剤が貼るであります!」

じっくり時間をかけて読んだのですが、どれもごもっともな回答です。
建築業に携わり張ると貼るの明確な答えを持たないまま現在に至っている私でした。

さて、そろそろ本題に戻ります

カラー波板は昭和レトロ風になりそうなので却下!!
外装用ガルバリウム鋼板は値が張るので却下!!(←この場合も張るなんですね!)
木板材をよろい張り=塗装メンテナンスにどんだけ~~ってくらい費用かかります! 却下!!
透明波板を外装に!?=全部丸見えはちょっと恥かしい・・・(*´ェ`*)

このような議論、試行錯誤を繰り返した末、ついにみつけました。
外とシンプルなのですが値段も手ごろその名も「角波板!!」

足場手際良いですなんだよ引っ張っておいて角波か、とは言わないでね。

オフホワイト角波板、見た目結構かっこいいです
予算の都合があるので前面だけ張るのですがなんといってもコストが◎

ペンキ屋なのですがグリーンペイントの職人さんたちは足場をかけるのがとにかく早い!これは間違いなく自慢できるレベルだと思います。
※グリーンペイントでは塗り替えの際、自社の職人自社の足場材を使用して足場を仮設しています。

凹凸のない平面ですが20分で足場仮設完了です!!

各波板を張る際はしっかりレベルを取り縦のラインが曲がらないように気を付けます。

慎重に開口部を金属切断用ディスクグラインダーでカット、波板をカットした際グラインダーの切子が角波板の上に残っていると後で水分を含んだ時に点点と汚い錆び跡が出てきます。
意外と見落としがちなのですが白色トタンでは特に入念な掃除は必須です。

また純白のオフホワイト仕上げということで角波板のビス止めも後々錆が出ないステンレスビスを使用しました。


こうして角波板を張り終えるとまるで別の建物のように見えます

この倉庫は白と黒のコントラスト、モノトーン仕上げにしてみたかったので
完成イメージにどんどん近づいています。

※下の写真は破風塗装(黒色塗装)、窓枠塗装(バインダー後黒色塗装)、入り口扉交換等々行った後の写真でそれまでの工程をちょっとばかり、はしょっております。


オフホワイト綺麗です






このページのトップヘ