グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

2019年02月

グリーンペイント寺沢です


2018年1月から本格的に開始したグリーンペイントの除雪作業も

本年は去年の4倍近い受注を頂き、忙しい冬を迎えていますが

室内塗装も順調な滑り出しで、当社屋根塗装のリピートお客様が

本年第1号の室内塗装作業となります。
北区篠路住宅の一室です
ベットを壁に寄せていた所にカビが発生したようで

防カビ処理されていないクロスは結露を繰返すとカビが出やすいようです。
ベットが壁と密着していた所にカビが発生しています
防カビ処理の無いクロスはカビやすいようです
このようなカビの処理方法は、中性洗剤で落とせるだけのカビを落としてから

シミ止め効果のあるシーラーを塗装することで処理します。
シミ止めシーラーを塗装します
北区篠路住宅の室内クロスはタバコのヤニも無く、あまり汚れていないので

通常の漆喰用下塗りシーラーを使うことが出来ます。
シックイ専用シーラーを塗装
ヤニや汚れがひどい場合はシミ止めシーラーを使用するのですが

ヤニが止まらないこともあり、慌てた思い出が強いのでヤニがないと安心します。^^;
シーラー塗装
1日目は家具移動と養生、下地処理とシーラー塗装まで行い

シーラーをしっかり乾燥させます。
シックイ1回目塗装
次の日はシックイ1回目塗装、シックイは吸水性がとても高いので

シーラーの上に塗る1回目だけはのんびり作業できるのですが
シックイ2回目塗装
2回目の漆喰塗装は1回目の漆喰に水分をグイグイ吸われてしまうので

のんびり作業しているとローラーの塗り繋ぎがはっきり出てしまう

超高速上塗り作業になります!Σ(゚Д゚)物凄く焦ります。。。
綺麗になりました
漆喰特有の艶消しなのですが上品な底艶があり

壁紙クロスでは出せない質感を再現できます。
艶消しなんですが底艶があり落ち着いている
消石灰は昔から殺菌等に用いられ安全性も高く、菌、ウイルスの繁殖を防ぎ

もちろん漆喰の主成分である消石灰の上にはカビなど発生することは不可能です。
ベット横のシミも完全に消えました
また、高い吸水性も持ち合わせ、塗装した漆喰表面に水をかけると瞬間的に

吸水してしまうので、吸湿性が高い=寒冷地の結露対策としても優秀です。
クロス目の中にシックイが均等に入っています




グリーンペイント寺沢です


今回の雪下ろしは☆三個、危険性があるセッティングです。
大きな雪庇です!
何が危険かというと・・・
駐車場が近すぎる。。。
隣の月極駐車場の車が近すぎる件が☆三個の理由でした^^;

勢いがついた氷が滑り落ちて車にでも当たったりでもしたら

大変なことになってしまいます。。。|д゚)
あるものを探します
オーナー様も雪庇が大きくなる前に落としてしまいたかったようで

この雪下ろし作業は慎重さが最も求められることになります。

慎重な作業の第一歩、それはあるものを探すことから始まるのですが
ありました!
これです、これ!雪止め金具の位置を確認することで

安全・慎重な作業がより確実なものになります。
先に雪止めの位置確認を行います
こんな感じで雪止めポイントをゲットします!^^;
雪止めに足をかけて雪庇を落としていきます
雪止めより下の雪庇のみ落として雪止めから上は20cmくらいの厚みで

雪を残して作業します。
結構な厚みがある
厚い所では20cm以上の氷が出来上がっている。
隣の家も近いので防護します
お隣様が近いときには防護用のコンパネを配置して作業します。
ひやひやしながらも無事完了
ひやひやしながらでしたが車に氷を当てることなく無事作業完了です。

2名で1時間30分の作業となりました。

グリーンペイント寺沢です


本日は車庫屋根に溜まった雪下ろし依頼です。
車庫の雪下ろし
高さ2m程度なので危険度は最低の☆ひと~~つッ←マチアキ風 古ッ^^;

しかしながら油断は禁物です、昔から工事現場では

1メートルという高さを【一命取る】とも呼ぶほどに死亡事故が多い高さ

低さゆえの油断が思わぬ事故を起こすようです。
車庫と壁の間に雪が溜まる
車庫と外壁の間に雪が溜まるようで、窓には板がはめられています。
まずは壁と車庫の間の雪から
まずは、間に溜まった雪を除去していきます。

ある程度取り除いたら、車庫上の雪を落とします。
車庫上の雪を落とします
お客様のご要望で備え付けの融雪機を使って雪を処理します。
融雪機を使います
このパターンはとても珍しいパターンで

通常は高所の雪を落とすことのみの依頼で、融雪機で雪を解かす作業は

依頼されないことが多いのですが

今回は雪を溶かす作業もコミでのご依頼なので
綺麗になりました
雪を落とす→融雪機に放り込む→溶かしている間に雪を落とし、運ぶという

ローテーションを繰り返し
1名で一時間半の作業でした
作業人員1名、1時間半1の作業時間で完了です。

作業終了間際には、あたりも暗くなり融雪機の炎が美しかった。。。^^


グリーンペイント寺沢です。


グリーンペイントでは工事の時に、外部電源が取れないようなシチュエーションで

発電機を使用して電動工具を使えるようにしているのですが

それほど使用頻度が高くないので

そろそろメンテナンスしておくか、ということでエンジン始動しようとすると

「やたらとスターターが重いぞ!?」

「私の力が落ちたのか?・・・いや!そんなことはないさ!」

こういう時は思い切りが大事ですよ!と言わんばかりに思い切り引っ張ると・・・

ブチリッ!?っとスターターヒモが切れた!!
グリーンペイントの発電機・・・
このヒモってこんな簡単に切れるんかい!?

確かに思い切り引っ張りましたが。。。

ヒモの断裂面を観察すると何やら摩耗して擦れた跡があります。
ヒモが切れている!
どうやら一部が擦れ続けて劣化した箇所からちぎれたようです。

慌てて【スターターヒモ?の交換】でググってみると

ホームセンターに売っている普通のヒモとほとんど変わらないらしく

太さと材質が適合すれば良いとのことで、直ぐに新品を買ってきました。
とりあえずヒモは買ってきたが・・・
見よう見まねでグリップにヒモを通してグルグル回るコイル部にも通そうとすると
スターターの構造
直感ですが、きっとこのねじまきコイルはヤバい奴だと・・・
このバネはいじると大変なことになるそうです
ヤバそうな臭いがするので、さらにググると

このコイルをこの穴から出してしまうととんでもないことになるので

素人は絶対に出さないよう細心の注意を
、とのことでした。。。

このような物の修理で細心の注意などというストレスのかかる行為は

出来ることならしたくはなかった、などと後悔を感じ始めながら^^;
グリスが必要なようで
念のためにグリスを追加して型枠に沿ってヒモを入れていきます
ストッパーも大丈夫です
グリップのストッパーもしっかり効いています。
一応は復旧したが・・・
見事に復旧しました!👏・・・とはいかず

形はそのように整ったのですが、いざ取り付けて引っ張ると

引っ張ることは出来るが巻き戻しが途中で止まってしまいます。

何時間も微調整をしましたが最終的にはリタイアを余儀なくされました(*_*;

途中コイルに何らかの仕掛けがあるような所まではわかったのですが

近くの大型ホームセンターに行き、「困っているんですよ~」と相談すると

「ちょっと貸して」ガチャガチャガチャ「はい直ったよ」とΣ(゚Д゚)

「コイルの調整は素人では難しいね~」とのこと

さらに、なんと! 「数分の仕事だったのでただでいいよ」って

カッコよすぎます!あのさりげない仕草カッコよすぎました。

あんな風になりたい。。。と思う43歳の冬でした( ゚Д゚)
冬は続く・・・


グリーンペイント寺沢です


本日の雪下ろしは危険度4・・・MAXが5という評価で

かなり危険な屋根の雪下ろし作業の紹介です。

タイトルの☆は危険度でした^^;
雪庇がせり出していますね
何が危険かというと

1 緩やかではあるが勾配がある事
※急勾配屋根は自然に落雪することが多いので必然的に緩勾配となる

下の方は氷
2 雪止め金具が取り付けられていない
※雪解けが進むと一気に滑り落ちるのでとても危険

厚みのある氷です
3 雪庇中の氷が厚い
※叩く回数が増えるので振動で他の雪も一気に落ちるリスクが高まる


この1、2,3に雪庇が落下した範囲に当たってはいけないものがあると

さらに危険度が増し最大の5になるという基準で
落雪対策をしておきます
この屋根は敷地があるので、あらかじめコンパネで防護しておきます。
雪止めが無いので落下防止ロリップは必須です
雪を落としていくと太陽光の熱が屋根トタンに伝わりやすくなり

残りの雪が溶けだし、トタン屋根の上は立つことが出来ないほど滑り始めるので

落下防止ロリップ付きの命綱は必須になります。
10cm以上の厚みがある氷
まずは梯子から、初めの足がかりになる範囲の雪を落としていくと

雪庇の下の方は10センチ以上の厚い氷が確認できます。
もの凄く滑るので慎重に作業します
屋根を傷つけないようツルハシのヘッドを使って振動を使って落としていきます。
落ちると危険な高さです・・・
こんな感じでドンドンと突いて落とす。ツルハシの先端部は

屋根に穴が空くので絶対に使ってはいけません。

少しでも気を抜くと危ない
屋根端部の雪庇さえ落としてしまえば、残りの作業は危険度が下がります。
雪庇落としが終わった後も気が抜けません
屋根上の雪はスコップで押し出しでやると勝手に滑り落ちます。

ここでも気を抜くとドリフターズのコントのように足がすっぽ抜けて

胴体や頭から屋根に強打することになります。|д゚)
無事終了
一番危険な上屋の雪下ろしは完了です。
綺麗になりました
下屋の雪庇もすべて除去しました
事故も無く無事に作業を終えることが出来て一安心です。

作業時間は2名で1時間30分で完了しました。

このタイプの屋根は何度雪下ろしの経験を積んでも恐怖心が消えません。

冬期間は雪下ろし作業での事故ニュースが絶えず流れていて

私は大丈夫、去年も大丈夫だった、というような気の緩みから

事故は起きているのではないかと思っているので

毎回初心に帰って作業するよう心がけています。

このページのトップヘ