グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

2019年12月

グリーンペイント寺沢です


2019年も残りわずかとなりました。

今年も工事依頼を沢山頂くことが出来て

施工させて頂いたお客様には感謝しております!
今年1.5万円で入手した冷蔵庫
正月前に行っている大掃除、小型冷蔵庫の調子が悪くなったので

急遽調達した冷蔵庫、オークションで15000円という安価でしたが

不具合も無く頑張ってくれています。
正月飾りを入口にセット
玄関扉にも正月飾りを取り付けて
2020年が始まります
カレンダーもついに2020年!

中学生の時にみたAKIRAという映画の舞台が2020年の設定で

かなり未来の話だなーなんて感じていたのを思い出しますが

しっかり2020年は来る・・・14歳の中学生から44歳の中年になるわけで( ゚Д゚)
今年もお世話になりました
今年も大変お世話になりました。

良いお年を!!
良いお年を!

寺沢です!


本日は前々から興味のあった冬キャンプに初挑戦。

冬キャンプ=サバイバルな臭いのする響きに興味を惹かれ

ユーチューブであらかた調査しての初冬キャンプとなります。
ここは白老港
キャンプだけでは暇かもしれないので釣りもセットにしてみました。
静かな昼下がり
苫小牧港では釣れなかったので白老港まで足を延ばします。
良い型のチカ
読みが当たり白老港では良型のチカが沢山釣れます!
30匹くらい釣れました
30匹くらい釣れた時点で現在の時刻14:00

これから食料の買い出しとキャンプ場までの移動時間
苫小牧へ引き返す
それからテントの設営時間を考えると、日暮れ前に終わらせるには

少々釣りに時間を割きすぎたようです( ゚Д゚)
苫小牧アルテンキャンプ場へ到着
目的地の苫小牧アルテンキャンプ場に到着。

アルテンキャンプ場は北海道で一番の高規格キャンプ場

キャンプにおける高規格とは、電源使用できる区画を多数用意したり

センターハウスにシャワー室があったり等々至れり尽くせり感が強い

キャンプ場と認識しています。
日暮れが近くなり焦る
高規格なだけあってオンシーズンに利用するとビックリするぐらいに

料金が高いキャンプ場なのですが、冬の間は大幅な値引きがあるので

お得感が強い!

手続きを済ませるとほぼ夕暮れ状態です。。。
テント設営地に鹿の足跡
糞まで落ちている!
慌ててテント設営をしていくのですが・・・テント設営地の芝生に

鹿の糞が沢山ある!?、まあ北海道なのでエゾシカ沢山いるんでね(;^ω^)
薪ストーブをセット
鹿の糞を払いながらなんとか明るいうちに設営完了できました。

事前調査の冬キャンプ動画ではテント内で静かにシチューなんかを

食べているイメージだったのですが

静かに冬の夜を楽しみながら食べる夕食も良いですが

キャンプ=豪快なバーベキュー(^o^)/楽しみも捨てがたい。。。

ということで、冬っぽい感じは残しつつバーベキュー感も取り入れる

ハイブリッドな冬キャン夕食をイメージします。

まずは薪ストーブを外にセット!?

ニンニクなどキャンプ感を演出しやすい?食材を使いアヒージョ

グツグツ煮えたぎったオリーブオイルの中に大量のニンニクを投入していきます!
ニンニクの皮をむく
オリーブオイルでジャンジャン揚げていく
👆アヒージョとはかけ離れた煮沸感・・・

サツマイモもホイルに巻いて石焼き芋風
フライパンも出して焼肉も楽しみます
揚げ物ばかりでは気持ち悪くなってしまうので焼肉も同時進行します。

ワイルドな冬キャン夕食になったのではないでしょうか?
現在-6.2℃
食事中にもどんどん気温が下がっていき、-6.2℃
ガスボンベに霜が付いています
ランタンのガスボンベに霜が張り付いています。
薪ストーブにはどんどん薪をくべていく
下がる気温とは真逆に、食事後の焚火タイムが盛り上がります。

焚火の炎は何時間でも見ていられる

堂々と楽しむことの出来る火遊びですね(;^ω^)
煙突からスパークか!?
遊びに夢中になりすぎ気が付くと煙突から何か出ている!?
ストーブも最高潮に達しつつある!
冬の夜なのに全然寒くない!と思ったらストーブが凄いことになってます!
郷ひろみを歌いたくなるほどの過熱っぷりです^^;
ここまで赤くなってくれると清々しさまで感じます(^^♪
煙突から火柱が上がっています
煙突先端からはすさまじい炎、航空機のジェットエンジンのようです^^;


外とは裏腹にテント内は静寂
かなり騒がしい夕食後の楽しみ時間となりましたが

ストーブの薪が燃え尽きた後は、静かな本来の冬キャン的な時間を取り戻しました。
現在-6.8℃
外気ー6.8℃テント内ー1.2℃
テント内には灯油ストーブを稼働させている
テント内で灯油ストーブをつけていたおかげでしょう。

今回のキャンプではワンポールテントという、アニメムーミンに出てくる

スナフキンが使っていた三角形のテントで、テント生地の床面は無く

そのまま芝生となる構造で地面とテントの隙間から風が入ってきます。

そんな形状もありテント内での火器使用に対応しやすいテントです。

あくまで自己責任なので一酸化炭素チェッカーを常備してあります。
うなだれている訳ではありません^^;
マイナス気温で就寝した経験が無いので一応、電熱ベストを着こみ

完全武装した状態です疲弊してうなだれている訳ではありません^^;

はたから見ると異様な感じに写りますが本人は至って真面目です。
冬キャンプは静です
冷え込みは強烈でしたが耐寒装備が上回り無事夜をあけることが出来ました。
テントに霜が張り付いています
夜のうちに降雪があったようです
就寝前には雪は降っていなかったのですが夜が明けると

一面真っ白になっていました。

この装備ならば-6.8℃までは十分対応できることが実証できたので

次回はさらに冷え込みが厳しい時を狙ってみたいと思います。|д゚)






グリーンペイント寺沢です


印刷会社様、社屋塗装工事の続きです。
壁紙クロスには剥がれもあり
既存の壁紙クロス壁には剥がれが各所にあります。
パターン補修完了
補修材を使って壁紙の模様に似せて補修します。
大きなへこみもあります
台車をぶつけた跡でしょうか?大きなへこみもあります。
補修完了
軽量パテを充填してパターン形成。
中塗り作業中
中塗り作業状況
給湯室の上塗り
給湯室中塗り、ヤニは無事止まってくれました。
上塗り作業中
上塗り作業中
廊下作業状況
会社は通常通り営業している中で改修工事を行わせてもらっている状態

塗料の乾燥は早いのですが、未乾燥の状態で衣服に塗料が付くと大変なので

カラーコーンを配置して壁に触れないように区画して作業しています。
凹凸も綺麗になりました
仕上り後、凹凸も目立たなくなりました。
応接室施工前
応接室施工完了
応接室 施工対比
廊下①施工前
廊下①施工完了
廊下施工対比
給湯室施工前
給湯室施工完了
給湯室施工対比

給湯室が1番変化しましたね!^^


この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き

まことにありがとうございました。
仕上り面



グリーンペイント寺沢です。


今回は、何度も当店へ工事ご依頼頂いている印刷会社経営の社長様より

社屋室内の塗装工事を発注していただきました。
応接室施工前
応接室と
廊下①施工前
廊下②施工前
廊下と
給湯室施工前
給湯室、給湯室は過去に喫煙スペースとしても利用していた経緯から

タバコのヤニが凄いことになっています。
シミ止めシーラー下塗り
廊下と応接室はほとんどヤニの影響はなかったのですが

念のためシミ止めシーラーを塗装します。
給湯室シミ止めシーラー1回目
給湯室は見積もり段階からシミ止めシーラー1回塗りでは収まらないと判断しています。
シミ止めシーラー1回目塗装完了
ヤニの色が滲んでいるように見えます。
乾燥後に確認すると
シミ止めシーラー1回目乾燥後の状態
ヤニが抑え込めていない!
マクロモードで撮影してもヤニが抑えられていないのがわかります。
シミ止めシーラー2回目
1日乾燥期間を空けてシミ止めシーラーの2回目を塗装します。
2回塗ってヤニが止まった
シミ止めシーラーを2回塗ってようやくヤニが止まりました。

グリーンペイント寺沢です


2019年12月初旬、住宅塗替え工事を施工させて頂いた

リピートのお客様から室内塗装工事の依頼を頂きました、ありがとうございます!^^
天井のみ漆喰塗装
居間天井、既存クロス張り仕上げ、お客様が喫煙されているので

かなり黄色く変色している状態です。
クロス継ぎ目が剥がれかけてます
部分的にクロスに割れが発生しています。
隙間に充填剤を入れる
養生テープに塗料が潜らないように隙間埋めの補修材を施工します。
補修材で唐突を補修します
クロス浮き箇所は、クロス浮きの内部に充填剤を入れて浮きを補修。
シミ止めシーラーを塗装
シミ止めシーラー(下塗り)を塗装します。
シミ止めシーラーは乾燥期間が重要です
タバコのヤニは強力なのでシミ止めシーラーは多めに塗布します。
シックイ上塗り
👆これはシミ止めシーラーを塗装した次の日、漆喰塗装2回目になります。

シミ止めシーラーは乾燥が十分でないとシミ止め効果が発揮されないので

前日から丸1日近くの乾燥時間を空けます。
施工完了です
シックイ特有の落ち着いた底艶が出ていて良い仕上りです。

あわせてシックイの持つ消臭効果や結露防止効果にも期待が出来ます。


この度は再度グリーンペイントに工事ご依頼頂き

まことにありがとうございました!!

このページのトップヘ