グリーンペイント寺沢です


5年前に外壁塗装と外壁目地、窓廻りシーリングを施工させて

頂いたお客様邸へ別案件の見積りに伺いました。
5年前にお世話になりました
今回の見積りは母屋とは別の倉庫屋根塗装だったのですが

5年前の母屋塗装がどうなっているか気になりまして

ちょっと緊張しながらの確認^^;


当時の工事内容、外壁は窯業系サイディングでそれほど傷んではいませんでしたが

外壁目地と窓廻りのシーリングの劣化が進んでいました。

築年数は30年以上でモルタル壁の上にサイディングの新規張り工事を

15年前くらいに施工したそうで10年以上たつとサイディングは大丈夫でも

シーリングはボロボロになっていることが多いですね.。


艶はまだまだあります!シーリングも状態が良い!
煙突柱に施工した微弾性マスチック厚付け仕上げ
爪跡が残る 弾性が薄なわれていませんね
モルタル外壁の上にサイディングを張っているので窓枠の出幅が少ない

よって窓廻りシーリングは三角シーリングを施工しているので

シーリングの厚みと幅が凄いですが・・・
窓廻りシーリングは耐久性抜群の施工です
改めて思い知らされますが「シーリングは厚みと幅が命!!」

大きく書かせていただきましたが^^;

住宅塗替えの際に既存シーリングを撤去していて毎回思うこと

シーリングが断裂している箇所はほとんどが厚みが薄いか幅が狭い
目地シーリングもいい感じです

グリーンペイントでは幅と厚みを十分持たせた耐久性の高いシーリング施工を

行っております。シーリング工事は薄く狭く施工した場合と厚く太く施工した

場合とではシーリング材料使用量に倍以上の差が出てしまいますので

同じシーリング打替え工事でも、どれだけ厚く太くシーリングを施工するかが

大事な工事となります。