グリーンペイント寺沢です


札幌も11月中旬に入り寒さが厳しくなってきました。

外部塗装は11月中旬に入ると最高気温や天候の影響から難しくなり

グリーンペイントでも新川西住宅が2019年度最後の

外部塗装工事でした。

仕事が一段落したこともありキャンプでも行かないか?という軽い気持ちで

計画し、ついでに登山までしてしまおうか!という運びになっています。
11月中旬のニセコ
11月中旬のニセコ・・・寒々しい風景になっています。
寒々しいニセコイワオヌプリ山
比較的登りやすい山ということでニセコイワオヌプリを選びました。

私は過去に、この山には登ったことがあったので安易に。。。
山頂方面の雲行きが怪しい・・・
山頂方面にかなり強い霧がかかっています・・・

私  「どうする?引き返そうか?」

斉藤 「せっかく来たんだから登るべ」

私  「いいよ」

というような安直なやり取りを数回繰り返して

そのまま登山を続行していきます。
落石が発生することもあるようで|д゚)
落石注意の看板がある辺りは本当に落石しそうな感じでしたが

構わずに登山を続行します。
山頂付近は猛烈な風と山霧!?
写真ではわかりづらいのですが

山頂が近づくにつれて物凄い風と霧

上の写真の場所では下から強烈な風が吹きあがり

前かがみに体重を移動させて丁度まっすぐ立てるような感じで

チャゲ&アスカのヤーヤーヤーを想起させるような突風です。。。
危なく遭難しかけましたw
上は山頂付近の写真なのですが同じく写真で見るとたいした霧ではなく見えますが

実際は吹き飛ばされそうな強風と、絶え間なく流れてくる濃いガス!

まさに山岳用語の「ガス」と呼んでも差し支えないような濃度^^;

この時は暴風の爆音と波のように来る濃いガスで感覚も奪われ

遭難するのではないか?という想いさえ頭をよぎる状態で
太陽が顔を出した!。。。今更感が否めない
恐ろしくなって急いで山を下ると太陽が顔をのぞかせるという。。。

下山到着寸前で大きな喪失感を覚えるとは想像もしていませんでした|д゚)
気持ちを取り直して大湯沼を視察
後味の悪い下山となったので気持ちの切り替えとしてちょっと観光でもしてみます。

イワオヌプリのすぐそばに大湯沼という源泉らしき場所。
人気なしだが良い景観です
季節柄ひとは誰もいない状態ですが素晴らしい景観です。
こんな感じで源泉が噴き出しています
こんな感じで源泉が湧き出していて、小さな噴き出し口になっている

砂の中に指を突っ込むとビックリするくらいに熱湯です!^^;
辺りには不思議な植物?が生えている
源泉から湧き上がる熱湯による湿度の影響か?

それとも温泉成分による影響なのか?
苔類か?菌類か?わかりません
得体のしれない藻類か菌類か見たことのないような植物が

あたりにびっしり生えていました。
あの世っぽい風景^^;
山の天気は変わりやすいということ👈登る前からガス出ていましたが・・・

登山は安全確認と無理せずに撤退する勇気が大切。


湯気が立ち込める写真を撮ったのですが、何となくあの世の風景にも見えなくない^^;

危なく本物の三途の川を拝むことになった登山でした。(*_*;