グリーンペイント寺沢です


ゴールデンウィーク明けは手稲区前田住宅の続きです。
下塗り 微弾性フィラー塗装
外壁下地処理まで完了していたので微弾性フィラー下塗り

微弾性フィラーは乾燥するとかなり痩せてしまうので
※痩せる=塗料中の水分が蒸発することで乾燥前と乾燥後を比較して塗膜が薄くなること

極力厚みを付けるよう意識して下塗りします。
中塗り ベージュ系色
中塗りはいつものように上塗りと色を変えて塗装します。
上塗りは指定色で仕上げます
そして上塗り・・・ちょっと中塗りの色を濃くしすぎた感^^;

しかし!これには良い効果があります ⇒ 中塗りの色を隠蔽できるように

無希釈(濃い塗料)をたっぷり塗らなければ仕上がらない ⇒ 痩せの少ない

高耐久塗装膜が出来上がる!(希釈の多い塗料は耐候性能が低下します)
基礎シーラー塗装後のひび割れ補修
基礎は水性カチオンエポキシシーラー塗装後にひび割れ補修。
基礎透湿撥水艶消し塗装仕上げ
透湿性と撥水性を併せ持った水性ラジカル制御型シリコン塗装仕上げ。

基礎は地面と接していることから湿気の影響を受けやすく

外壁と比較して塗装膜剥離の発生しやすい部位になるので

接着力の強い下塗りシーラーと湿気対策の透湿性能が高い中・上塗り

塗料の選定が大切です。
下屋はハゼ折り返し部全てにシーリング施工
前田住宅の下屋屋根シーリングを撤去すると水が出てきた件について

原因として考えられたのは、長尺トタンの防水性能を越える雨による影響

長尺トタンは構造上ハゼと呼ばれる突起部に次のトタンを噛み合わせる方法で

連結していく施工方法がとられるのですが、その噛み合わせ部には

伸縮性のあるゴムパッキンが入っている訳でもなく、ただトタン板を

噛み合わせているだけなのでハゼ突起部の高さを乗り越えるような大雨が降ると

ハゼ噛み合わせ内部に雨水は侵入する構造です。


昨今は札幌でも突然のゲリラ豪雨なども多くなり、雨水が筋状にハゼ横を

流れたりすると比較的簡単に屋根トタン裏側に入り込み

通常の長尺トタンであればトタンと防水シートの間を流れて下端部から流れ落ちて

くれるのですが前田住宅は長尺トタンとフラットトタンを組み合わせてあり

なおかつフラットトタンの下には電熱線が入っているとのことのなので

その接合部にどのような取り合い処理がされているか見当もつきません。


結果、トタン裏に絶対水が廻らない施工が最も効果的と判断し

ハゼ噛み合わせ部位全てを屋根専用シーリングで防水することに。

数百mのシーリング施行になりましたが今後の屋根裏漏水を完全に

予防することが出来ます。
縁側?で良いのか?塗膜防水基材1回目
その他に、縁側?の防水施工、モルタル劣化が激しかったので

樹脂モルタルで形成後に防水シーラー塗装、防水基材1回目を塗装しています。
基材2回目
ポリマーセメント塗膜防水は積雪寒冷地の床面施工という過酷な条件でも

剥離欠陥が発生しない信頼性の高い防水材料です!^^
※専用下塗りシーラーが必須です。
塗膜防水施工完了
防水施工完了です。
せっかく防水したのに床がでこぼこしています
せっかく防水施工したのですがその下、アスファルト床面が波打っています。

波打ち、防水取り合い部周辺は陥没して水溜りになる状態です。
アスファルトで水が溜まらないよう施工
アスファルトを使用して水が溜まらないように勾配調整をします。
しっかり転圧してあります
グリーンペイント倉庫で使用している転圧ダンパーが役に立ちました^^

「備えあれば憂いなし」大好きな言葉です(^^♪
足場解体
足場解体作業も無事完了。
施工完了!
施工完了です。
R0012179
コロナ騒ぎで自粛ムードが漂う中、お客様が当店へ工事依頼して頂き

おかげで社員一同無事働くことが出来ています。

ありがとうございました!!