グリーンペイント寺沢です


今回はグリーンペイントの屋根塗装、下地処理について説明させて頂きます。
それほど劣化していないように見える屋根
それほど劣化が進んでいないように見える屋根です。
所々塗膜が剥がれています
所々塗膜剥離が発生していて、サビは少ないですが多少出てきている状態です。
いつものように研磨していきます
まずはいつものようにガシガシ研磨していきます!
左が研磨前、右が研磨後
研磨後は既存塗膜のチョーキング層が削り落とされるので

色が変わります。
表層は削り落とします
既存表層粉化塗膜の除去と無数の研磨キズを付けることが出来ます。
サビ発生個所は念入りに研磨します
サビが発生していた箇所は下地金属が出るまで念入りに研磨します。
サビのザラつきは除去できました
しっかりサビが除去されています。

酸化した鉄は表面が凹凸状の脆い酸化鉄になり、その上に塗料を塗ると

凸部頂上部の塗膜が薄くなったり、脆いので形状が変形したりするので

そのようなところから浸水しやすく、せっかく塗装したのに

すぐサビてしまうことになります。
屋根全面研磨はとても時間がかかります
こんな感じで下地処理をしていきます。

一般的な屋根サイズを下地研磨処理する場合、作業員1人が1日から1・5日

かかって終わるかどうか?という仕事量があります。

一般的に行われている屋根トタンへの高圧水洗浄作業は作業員1人で

1~2時間程度で終わることが多いので

屋根研磨処理作業は高圧水洗浄作業と比較して4~6倍程度の

作業時間と作業労力を必要とする下地処理作業になります。
怪しい塗膜浮きがある
上の写真は下地処理をおろそかにした作業によって発生した塗膜浮きです。
皮すきで削ると
皮すきで削ると
中から土埃が出てきます
中から砂埃らしきものが出てきます。

前回塗装時にハゼ付近の砂埃すら除去しないで塗装したことにより

塗膜が密着せず、浮き塗膜となっています。

当然、塗膜が浮いているので放置するとサビが発生しやすくなります。
錆止めを塗ると浮いてくるものもある
ハゼ付近の塗膜浮きを全て見つけるのはとても難しく削り残しが発生しやすい。

その上にサビ止め塗料を塗ると、塗料の溶剤成分により浮き塗膜が縮みあがります。
密着していなかったということです
これも削り落とします
サビ止めを塗ると見つけやすくなるのでそこからさらに削っていきます。
大量のケレンカスが出ます
この浮き塗膜を削ると大量のケレンカスが発生します・・・
剥がしたところは再度錆止めを塗装します
てきとうな下地処理をしているとサビや塗膜剥離の再発を招き

代金をお支払いして下さるお客さまに多大な迷惑をおかけし

さらに次の業者にも迷惑をかけるという。。。とんでもない作業です。



グリーンペイントでは営業職管理職を置かず、全員が現場に出て作業することで

必要経費を最小限にとどめ質の高い塗装を低価格でお客様に

ご提供させて頂いております。


塗装工事をご用命の際には是非グリーンペイントにお電話ください!
R0012403