グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : グリーンペイント 倉庫のお話

グリーンペイント寺沢です


最近はすっかり倉庫の改修も落ち着き

やることが無くなってきてしまった・・・( ゚Д゚)
倉庫前の道路
グリーンペイント倉庫前の駐車場は地面を重機で掘り下げてからの

砕石搬入ではなくて、既存の地面に砕石を5cm程度敷き詰めただけなので

時間の経過とともに砕石達は地面の中に埋まっていくので

定期的な砕石撒きなる作業がが必要になります。
かなり窪んでオフロード感が出てきました
あらかた駐車場に砕石を撒き終えて、まだ砕石が余っているので

前から気になっていた倉庫前の未舗装道路の窪み凹部を砕石で埋めてみます。
イイ感じに仕上がりました^^
倉庫前の凹部処理だけで、ネコに満タンで20杯?位使った

思った以上に砕石使いました・・・凹部なめてました(*_*;


ネコって手押し車のことなんですがググると

さかさまにすると荷台がネコの背中に見えるとか

ネコのように狭い所をスイスイ進めるなんてことからネコになったそうですが
まだ砕石は残っている
イヌも寝ているときは結構背中丸まっていたりして・・・

もしかしたらイヌっていうのもありだったのだろうか?^^;

私的にはあの形状を逆さまにして見たらネコの背中。。。

なんていうのはちょっと無理があるかな~逆さまっていうのがね~

逆さまにしないであの形状、となるとバスタブ?

昔見たアニメで金髪女性などが足を出して入浴していたバスタブのイメージか?

「おい!この砕石をバスタブで運んでくれ!」間抜けなんで却下(;^ω^)


グリーンペイント寺沢です。


冬は除雪や室内の塗装をさせて頂きながら

夏よりもゆっくりな時間を感じます^^

時間はあるので細々といろんなアイデアを練る。
倉庫壁に穴をあける
気が早いのですが夏の暑さを忘れかけている冬こそ

暑さ対策をしておきたい・・・暇なもんで^^;
こんな感じでポリカーボネートを切断しました
寸法を取りササっと解体します。
こんな工具を使いました
使用工具はこれ!マキタマルチツール!!

ディスクグラインダーなどと違い小刻みな振動で刃先を動かすので

硬いものに当てたときなどでも工具が暴れてしまうことも無く

怪我のリスクが小さく細部の加工がしやすく、私の大好きな切断工具です。
マルチツールという工具
ブレードの種類を変えると窯業系サイディングから木材、金属

塩ビパイプ等、多種にわたり対応できるのも嬉しいところです・・・が

いかんせん刃先が40㎜位しかないので切断に時間がかかるのが

欠点ではありますが、この安心感には代えられません^^
窓用エアコンをスポッとはめ込み
自宅で使わなくなった窓用のエアコンを取り付けます。

窓用エアコンなので室外機も無く冷房能力は低いはずですが

自宅で使用していた際は意外にも十分な力を発揮してくれて

30分位運転していると真夏の南西面8畳の部屋を

20℃前後に保つことが出来る優れものでした。
採寸は間違っていなかった^^;
窓の隙間から冷媒の熱を排出する仕組みなので

倉庫内2F上部へ向けての熱排出になるので条件は悪くなりますが

自然換気よりは快適な夏を約束してくれるはずです!^^
シリコンシーリングで固定して完了

グリーンペイント寺沢です


去年の真夏、涼しさを求めて倉庫の床で昼寝をしたときに

天井を眺めていると・・・味気ないというか武骨な下地が剥き出し
これは倉庫の天井
倉庫なんで別に天井の下地がどうだっていいじゃないか、とも思えますが

気になってしまうと、どうにも気になるもので^^;
ちょうど鉄骨の上に足場板が乗りました
冬場は忙しくないので暇を見て倉庫内の内装工事をやってみよ~!と

丁度良いポジションに天井梁のH鋼もあり、4メートルの足場板が

ジャストフィットするではありませんか!
寸法を測り
足場板を横にスライドしていくと天井全面施工できそうです

早速、天井材になる石膏ボード「吉野石膏タイガーボード」を仕入れます。

ジプトーンとかも考えましたが、この面積に張っていくにはコストがかかりすぎる💦

タイガーボード9ミリ厚は1枚300円位で買えて、そこそこ軽いので作業性も良い。
石膏ボードを張っていきます
こんな感じで張っていきます
梁が無いところは足場を仮設する
寸法を切ってパタパタ張っていく、貼っている途中で気が付きました

せっかくボードを張るのなら梁を塗装するとさらにかっこ良いな(^^♪
ついでに梁もブラックで塗装
構造H鋼も艶消し黒で塗装します
急遽梁材を艶消しブラックで塗装することになりましたが

これがなかなかタイガーボードの黄土色と黒色がマッチして

良い感じに仕上がったのではないでしょうか!?
こんな感じになりました!
建物内が明るくなりました!
ちゃっかりLEDライトも増設^^;


グリーンペイント寺沢です


冬がやってくる前に倉庫外壁を点検していると・・・やっぱり

出るとは思っていましたが、やはり出ましたサビの再発!
良ーく見ると
元々ひどく劣化していたグリーンペイント倉庫の外壁

波板がサビまくり、止め釘なんかは、まっ茶色になっていました!^^;

3年前の塗装では、外壁全面に金属用プライマー→釘頭、サビ発生箇所

サビ止めタッチアップ塗装→サビ止め全面塗装→中、上塗りとプライマーを入れると

釘頭などは5回塗りしているのにもかかわらず、サビは再発しました。

再発理由は、あまりにも劣化が進みすぎていたからであり

社用車のトラックダイナ号と同様で、劣化が進みすぎたサビは通常塗装1回では

おさまることは無い・・・深いサビが発生した箇所はサビの再発率が高くなるようで

メンテナンスサイクルを守ることの重要性を再確認します。
釘頭にサビが再発している!
サビは冬期間に進行するので、外装を全面塗装します。
3年前に塗装した外壁
ついでに倉庫事務所の明り取り用に張った、ぼかし透明波板の端末が

斜めになっていたりと、気になっていたのでそこらへんも同時に

直しました。
背の高い場所は足場を掛けて
サビ発生個所にサビ止めタッチアップ→クリヤー波板塗装箇所に

接着プライマー塗装→白色で上塗り、で施工完了。
倉庫事務所の明り取りもすっきり
ラインをまっすぐ出せた
サビ止めタッチアップ+上塗り仕上げ
冬を目前にして倉庫外壁も見違えるように綺麗になりました!
こんな感じで仕上げました


グリーンペイント寺沢です


最近はめっきり倉庫の改修も減ってしまい寂しくなっていたのですが

暇を見つけてはコマゴマと修繕を続けています。

今回の改修ポイントは入口扉です!

この倉庫に元々取り付けてあった扉は何十年も経ったようなボロボロの扉だったので

外装の角波板を張り付ける際に既存扉を外して新しくアルミ扉を取り付けていたのですが
わかりにくいですが右端の黒い扉です
そのアルミ扉というものは室内用?かと思うぐらい脆弱^^;

フレームこそアルミなのですが扉の外枠と中桟のアルミ枠に上と下という形で

板?でしょうか、薄い金属性らしきプレートが入っているだけの扉で

そのプレートは手で押すとブワンブワンとたわむのです・・・

思い切り蹴ると、きっと外れますねプレート(笑)


そんな扉では安心できない、なので扉を交換する必要がある!※無理やり持っていく^^;

既存のアルミ扉にはセキュリティー会社の開閉センサーが取り付けられていますが
セキュリティー会社のセンサーが
出社後は当然セキュリティーを切っている訳で、切らないと速攻でガードマンが

来てしまいます。センサーを解除しているのだから機械を外しても大丈夫でしょ?

電線を切るわけでなく機械のビス止めを外すだけなんだからねえ?
ライトが光ってはいるが・・・
などと自分に言い聞かせながらそそくさとセンサー機械を取り外すと

何も起きません!?だから大丈夫だって言ったでしょ!。。。と思った矢先

すぐさまセキュリティー会社から セ「扉の異常を確認しました至急向かいますッ!」

で、電話が来たッ!! 私「ちょ、ちょっと扉を交換しようとしただけなん
ですけ、ど・・・」

セ「もう向かっていますので、扉交換の件こちらに連絡は頂けていましたか?」

私「ちょっと扉を交換しようとしただけなんですけど・・・すいません連絡してません」
m(__)m

ものの十分くらいで来てしまいました、感心するぐらいに早いですセキュリティー会社^^;

言い訳はいいわけないので素直にガードマンさんに謝り、こちらでの扉取り付け後に

セキュリティー会社でセンサーは取付けするとのこと、本当にご迷惑おかけしました。


ハプニングを発生させてしまいましたが知り合いから格安で譲ってもらった扉

ドア厚も十分あります、これなら思い切り蹴られても大丈夫です!
今度の扉は厚みもしっかりあります
ドアチェッククローザーも付いているのでドア開閉もスムーズです
※前のアルミ扉は軽すぎてドアチェックがあまり機能しませんでした
ドアチェッククローザー付いてます
丈夫な扉になりました
今日は雨、足場仮設もありません、のんびりした雨の一日でした。
今日は雨です





このページのトップヘ