グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : スタッフN

久しぶりに、スタッフNです


今年の冬は一度に大量の雪が降り、除雪やツルツル路面などに早くも悩まされています。

さて、当社のホームページは私スタッフN担当となっており、素人ですが業者に頼らずなんとか自力でコツコツ作成しております。


写真を加工しています











現場で撮影した写真などを加工してアップしていくのですが、毎年多くの物件を施工しますので写真の量も膨大です。そして、少しずつ記事も変更していますので、とてつもなく時間がかかるのです!
業者さんにお願いすれば早くかっこよくできますが、お金がかかりますしね。手作り感を出したいのでこれでいいのですが、なにしろややこしいんで時間がとてもかかるのです。ええ、とても。


ここに大量に貼り付けていきますよ









「文字を入力して、写真を貼り付けて終わり~!」

のはずが、思った通りに表示されていないとなると原因を探ったり。ふ~!
ほぼほぼ素人ですが、こんな感じで地味に続けています。



こんにちは スタッフNです

日が短くなりましたね。暗くなるのも早くて、こころなしかお腹がすくのも早くなったような。。。?

今日はアパートの駐輪場の鉄部塗装です。
錆をしっかり落とします

入り組んだ形をしている箇所のサビ落としや塗装は、重労働ですね。しかも、ずっと上を見上げながらは、結構ハードです。

ハードだからと言って休み休み作業するわけにいきませんから、みんな頑張ってます。




塗料を撹拌しています


塗料を撹拌していますね、工具を使っています。
塗料は混ぜて使う2液型のもので、使用する直前に混合してから使います。

この現場でも2液型を使用するため、ミキサーで撹拌です。
2液型塗料は1液型(混合せずにそのまま使用できる塗料)よりも、格段に耐久性に優れています。ホームセンターなどで市販している塗料はほとんどが1液型で混合の必要はなく、初心者でも塗りやすくなっていますが、耐久性を比べるとやはりイマイチ、ということになります。その分こまめにメンテナンスをしなくてはなりません。
ただ、DIYがお好きな方は市販の塗料で短いスパンで塗替えというのも楽しいと思います。色を変えて気分転換にも!

DSC01076
でもそろそろ自分で塗るのも面倒くさくなってきたなぁ。。と思い始めた方は!お電話ください

GREEN PAINT ホームページ

朝晩涼しくなってきました。夏、エアコンのない我が家では窓を開けますが、最近は寒くて目が覚めることもあるので閉めるようになりました。

スタッフNです

今日は薄曇りの中、これまた基礎高の大きな住宅の塗り替え現場を密着。

まず目に付いたのが撤去したシーリングのぶ厚いこと!思わず手に取ってまじまじと見ました!これを撤去したということは、同じだけ充填するということですか。いえ、当社のシーリングはもっと大量にシーリングを使いますよ!

撤去したシーリング


壁とサッシの間のシーリングを例にします。壁面とフラットになるようにシーリングを打つのは「普通」です。良く見かけますね。ところが、当社はサッシの一番高いところまでびっちり打ちます。滑り台のようです。
これは通常の1.5倍ほどのシーリングが必要ですが、とても厚くなるのでとてつもなく丈夫です。
「三角シール」という工法で、材料を多く使うためコストがかかります。


シーリングを撤去した後は、プライマーを塗布します。
プライマーを念入りに
作業員にインタビューしたところ、シーリングだけでは素地にくっつかないので、プライマーという接着剤の役割をする塗料を塗るのだと、理解して作業していました。
あまり多く付けすぎると垂れてしまうので、多すぎず少なすぎずを心がけているとのこと。


続いて、シーリングを打った後の養生テープ剥がしです。

養生テープはがし


とても丁寧に念入りに剥がしていたのでまたまた聞いてみました。この物件の壁は凹凸がくっきりしているため、急いで剥がすと「ヒゲ」がたくさん出やすいと。
「ヒゲ」?です
打ったシーリングが乾く前に養生テープを剥がすので、粘度のあるシーリングが剥がれるテープに引っ張られピョンピョンとたくさんツノが立つようになってしまうのです。

なるほど、生クリームを泡立てたときにできるツノですね!これが出ないように剥がすのは時間がかかりますね~。かといってあまりにゆっくり過ぎると表面が乾いてきて半乾きの状態ではがすと、表面だけめくれて、中にある未硬化のシーリングがグチャグチャに飛び出してきます。腕の磨きどころでしょうか。
きれいに剥がれてますね
きれいに剥がした跡&遠くに作業員です。プロっぽく撮ってみました!この壁もこれからきれいになりますよ~

こんにちは、スタッフNです

北海道はカラッとした気持ちのいい夏のはずですが、、とても湿度の高い日が続きましたね。そうかと思えば雨が続いたりと、毎日の現場の段取りも工夫が必要です。当社のスタッフは皆フットワークが軽く、ツーと言えばカーとまではいかなくとも、なかなか段取り良く動いてくれています。

さて今回は8月中頃から着工している基礎高3階建ての大きな建物。暑い日に現場チェック!ヘルメットの中は何度になっていることやら(汗)でも、万が一のためにみんなかぶりますよ!(もちろん私も。あ、でも足場を歩くときしょっちゅうヘルメットぶつけてるので、すでに数えきれないほどの恩恵を・・)


コーキング撤去担当者、マスキングテープ養生、掃除、皆で手分けして作業しています。実に手際がいいです。
コーキング撤去



1枚目の写真は旧コーキングの撤去。取り残しがないようにしっかり撤去します。


そして、撤去したコーキングなどのゴミを掃除しているのは当社の女性作業員です。
現場内の掃除もしっかり


隅々まできれいに掃除してくれています。彼女は建物がキレイになっていくのがとても楽しく好きだそうで、ここでもその美的センス(?)が発揮されています。大げさですかね?
スピーディにガッチリと養生
それぞれ手分けして

私も時々色合わせ集金などでお客様と直接お会いしてお話しすることがありますが、
「きれいになったよ!ありがとう!」
「こんなに、まていにしてくれる業者さんは初めて」
「またお願いしますね」
など言っていただくことがあります。そんなときは本当にうれしいです!

そう言っていただくためには、やはり何事も手を抜かずしっかりやらないといけませんね!

ハイ。また近々、アップします。

ちなみに、「まてい」は北海道の方言だと結構最近、知りました。「真丁寧」「几帳面」という意味だそう。気づかずに使っていたり、この年で初めて聞いたり、自分は使うが子の世代では使われていないなど、面白いですね方言!

スタッフNです、こんにちは

今日は調色をしたので、その記事を。

壁の色を塗り替える際にイメチェンをするお客様はけっこういらっしゃいます。
今までベージュだったからグレイッシュなグリーンにしたいとか、黄色っぽくしたいとか様々です。お客様がイメージしている色と私共のイメージしている色と違うことがしばしばあるため、数年前から「塗装色見本板」を作成して実際の色を目で見ていただくサービスを行っております。
見本帳はあるのですが、紙製ですし小さいのでイメージしづらくなりますから、A4大の板に塗ったものを作成して確認していただいております。
通常、お客様のお宅へ伺い、ご希望をお聞きし、見本板を作成するのは私スタッフNが担当です。特殊な色でない限りは私が調色して板に塗装しています。

そこで、今回も私に調色の仕事です。しかしいつもはA4板に塗る量だけでいいのですが、なんと塗料バケツにいっぱいの塗料の調色。これを失敗すると塗料のロスが出ますから真面目にやらなければいけません(いつも不真面目なわけじゃないですよ)。
途中経過緊張しながら黒色や赤色を入れます。写真だと分かりづらいですがこれで約2.5リットル。こんな量を調色する自信がありません!勢い余って黒色ドボドボ。。なんてことも
少し入れたくらいじゃ何も変わらないので一度に結構入れなければなりません。
入れすぎたとき変な汗が出ます!








見本と同じ色を作りますそして完成!ぴったり!左が見本、右が調色したものです。大腕を振って報告です。

その後お客様にも気に入ってもらえたと聞き、ホッとしました。ちなみに、これは扉を塗装するのに使われるものでした。

パッとすぐ技術が身に着くわけではないので、日夜研究です。今の課題はもっと短時間で完了させることですね。

目を養わなければ!

このページのトップヘ