グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : グリーンペイントの屋根塗装

グリーンペイント寺沢です


グリーンペイントの主力工事の一つである屋根塗装。

札幌での屋根塗装はほぼ全てトタン屋根になりますが

そのトタン屋根の中でガルバリウムという材質のトタン屋根があります。

通常のトタン屋根と違いガルバリウム屋根は

アルミと亜鉛の合金を表面にメッキ処理したものでトタン屋根と比べて

高い耐候性を持っており非常にサビにくい屋根材であります。


通常のガルバリウムは独特のスパングルがあるため

一目見ただけではっきりわかります。

無塗装ガルバリウムの場合は特有の艶があるシルバー色をしており

鱗?が重なり合ったような模様があり

端末にはシリコンシーリングが施工されていることが多いです。


耐候性が高くサビにくい良いことだらけの建材なのですが

そんなガルバリウムでもやはりノーメンテナンスとはいかず経年によって

錆が発生してくるので塗替えが必要になります。


ガルバリウムは通常の屋根用塗料では密着性が悪く

剥がれてしまうことがあるということを知識としては知っていましたが

該当する実物を見たことは無く今回見積りで伺った屋根が

まさにガルバリウムに専用プライマーを使用しなかったこと?が原因か(推測ですが)

屋根の広範囲で塗装が剥がれた状態になっておりました。
広範囲に細かい剥離が発生

屋根の塗替え見積り依頼だったので色々考えました

確実な方法は既存の塗装膜を全て剥がすことなのですが

ディスクグラインダーで削り落とす方法は・・・

既存塗装膜を削る際にガルバリウム板にとって最も大切な亜鉛とアルミのメッキ層まで

削ってしまう可能性が高く、そうなるとせっかくの高耐久トタンが台無しで

メッキ層が削られ下地のスチールが露出したガルバリウム板は

いともたやすくサビだらけになってしまうでしょう。。。
剥離した塗装の下にはシルバー色の

また、確かに既存塗装膜は剥がれているのですが全てが剥がれているかというと

そうでもなく、強めに密着している箇所もあり浮き塗装膜のみ除去し

適合プライマーを塗装してそのまま通常屋根塗装という方法

塗装後1、2年は良いがさらに数年経った後にどのようになっているか

分からなくリスキーな工法になるので却下。
ガルバリウムは剥がれます

お客様へはガルバリウムの特性を説明したうえで

あえて今は施工を行わずに数年から数十年経ってガルバリウム板に

白サビ(初期に発生するサビ)が発生したあたりでガルバリウムの特性が

失われたと判断し、それからは気兼ねなくディスクグラインダーで

既存塗装膜を全て撤去し、ガルバリウム適合プライマーを塗装してから

通常の屋根塗装を行うのが最もお金を無駄にしない方法ではないでしょうか

とご説明させていただきました。
適合プライマーを塗装しなかったことが原因か?

既存塗装膜を全て剥がしてから適合プライマーを塗装

それからの通常屋根塗装とは・・・

予算が大幅に上がり、もしかすると屋根の張替え工事と近い工事金額になるようであれば

屋根の張替え工事のほうがお勧めかもしれません。
シリコンシーリング上も無処理での塗装為はがれている

ガルバリウム鋼板の特性をきちんとお客様に説明して、まだ塗替えは必要ではないと説明

または塗るにしても適合プライマーを使用しておけば剥がれることもなく

お客様が支払う後々のメンテナンス費用も大幅に抑えることが出来たことを考えると

工事に関わる責任を軽く考えてはいけないとあらためて思いました。





グリーンペイント寺沢です


本日は5年前に当社で屋根塗装をさせていただいたお客様から

「そろそろ塗り替えたほうが良いかな?」とのお問い合わせをいただき

現地調査としてお伺いしました。


5年前にも私が見積りに伺い屋根の状況を確認させていただいたことは

いまでもはっきりと覚えております。

早いものでもう5年も経つのか~~と、思い出にふけっているときではありません!
艶がぼけています
早速5年前の屋根塗装はどうなっているか調査を始めます。

全体としての印象は日当たりの良い個所は艶が無くなっているが

それほど直射日光に当たらない箇所はまだ艶が残っています

艶の無くなっている箇所をこすってみると

チョーキングした表面の下には艶のある塗装膜が出てきます。
擦ると下には艶のある塗膜が
5年前は1液タイプのアクリルシリコン屋根塗料を使用していましたが

現在グリーンペイントでは2液タイプのシリコン屋根塗料を使用していて

1液タイプと2液タイプの大きな違いである塗料の密着性に関しては

1液タイプを使用していても剥がれもなく十分密着してくれています。

1液タイプを使用する場合は特に下地処理が重要となり

研磨紙などの目の細かい研磨材で細かい傷をつけて塗料の足がかりを作り

密着性を高めることが必須です

それを怠ると酷い塗膜剥離が発生することを確認しています。
場所によっては結構の艶もあり
結論として5年経過で重度の劣化もなく通常の経年劣化のみということで

屋根トタンの保護を十分果たしてくれたと思います!

トタン屋根のメンテナンス周期は7~8年ぐらいで

錆が発生する前に塗装することで屋根材の耐用年数を伸ばすことが出来ます。




グリーンペイント寺沢です


札幌の屋根塗装について、第二弾!

本日は札幌市厚別区の屋根見積りに伺いました。


屋根の形状は横張りトタンの緩やかな勾配屋根でした。

あらかじめお客様に気になっている箇所などを伺うと

「遠くからでもサビが流れているような跡がくっきり見えるんだよ」

と伝えられていたので屋根上に上がるとすぐに

これの事か、とわかるくらいのサビ跡が出来ていました。

屋根に上がった瞬間「ああ、これか」と
横張りトタン特有のサビです

このサビは横張りトタン特有のサビで

私個人の意見としては横張トタンの構造的欠点ではないだろうか?

と考えています。


一昔前に横張りトタンはそれまで主流だった長尺トタンに

とって代わる勢いで普及しました。

洋風デザインの建物に似合うトタン屋根ですが

一枚一枚の重ね合わせ部位の水切りが悪く

溝の中に雨水や朝露が溜まりやすい構造で

その溝の中の溜まった水はほかの部位に比べ乾燥が遅れます。


乾燥が遅くなり、その分長い時間水分にさらされるので

錆の発生につながりやすくなるようです。

重ね合わせの溝の中からサビが出ます

確実なサビの除去を行わないで錆止めをざっと塗り

その上からトップコートを塗装すると

その不完全なトップコート塗装膜の下ではサビが進行し

トタンに穴が開くほどのサビに進展したものを何件も見てきた経験から。。。

塗装膜下でサビが進行、小さい穴も開いています※違う屋根の写真です
サビの初期症状で数年後急速にサビが進展します。※違う屋根写真です



横張トタンの屋根塗装は確実な知識と技術を持った

グリーンペイントに是非ご用命ください!!

お電話お待ちしております!!

雨上がりのミズタマリ

グリーンペイント寺沢です


外壁の高圧水洗浄まで終わったところで屋根塗装も手掛けていきます。

こちらの屋根は雪止め付きの横張トタン屋根となっていて

通常の横張りトタンよりも凹凸が多く

その雪止めとなっている箇所、凸部がある構造に問題があり

屋根の端から端まで雪止め部位が凸部になっている形状から

雪がいっきにザザザーーッと下に滑り落ちてこないようにしているのですが

雪だけでは留まらず、当然雨水もその凸部手前に溜まります。
ずいぶん白ぼけている?前回塗装の塗料希釈率に影響がありそうです
既存塗装、数年で下地が透けるとは希釈率の影響が大きい
先述のように屋根の端から端まで(約10m位ある)凸部があるので

よほど精密に勾配を取らなければ(勾配を取れるのか不明ではありますが)

途中に水溜りが出来てしまうのは想像がつきますが。。。

案の定、水溜りが出来るんですよね^^;

水溜りの何が良くないか?

水が乾燥するまでの時間、塗装膜が水に浸った状態となり

その時間が長くなるほど塗装膜の劣化が早くなってしまうのです。
雪止めに溜まった水の影響で塗装が剥がれ錆が発生
またその雪止めは雪は止めるが雨水が溜まり埃や砂も溜まるのです。

しっかり埃や砂を取り除いて正常なトタン面にしておかないと

ただでさえ水溜りで劣化しやすいうえ

さらに密着不良による塗装膜剥離まで発生します。
しっかり時間をかけて屋根全面削ります!
水の流れ口にもなる端部は錆が発生しやすい
確実にサビを落とします!
毎回屋根の下地処理は入念に行っていますが、特に注意が必要なトタン屋根です。



グリーンペイント 寺沢です


お盆明けから始まった札幌市北区の住宅塗替え工事ですが

今から3年前に屋根塗装工事を施工させていただいた

リピートのお客様が今度は外壁全般の塗装をご依頼くださいました。

いつもグリーンペイントにお声かけ頂き誠に有難う御座います。


無事足場も完了して屋根上に登りやすくなったこともあり

3年前に施工させていただいた屋根の状況を確認です!

登った瞬間「よし!艶は十分あるね」
3年目、十分な光沢です

屋根トタンシーリングも断裂やよじれ等の劣化もなく一安心^^;
シーリングも異常ナシ


屋根施工前はサビや塗装膜剥離なども発生しており劣化が進んでいたので

サビの再発など心配しましたが再発したサビはどこにも見られませんでした。

3年前の塗装膜剥離です

3年前のシーリング


このように数年後の状態を確認し,改めてではありますが

しっかりサビ、剥離塗膜を落とすことの重要性を再確認します。



雪国札幌における屋根塗装とは


平らな無落雪屋根は約5か月間もの長期にわたり

常に積雪による湿潤状態に置かれ乾くことなくずーっと水をかけられているようなもので

塗料メーカーが行っている塗装膜の耐水性試験と同じような状態が

屋根の上で起きているのです。


勾配屋根は雪が滑り落ちた後は一時的に乾燥状態にはなるものの

積雪や氷塊が滑落する際の摩擦エネルギーはすさまじく

鉄製の頑丈な雪止め金具がめくれあがって変形したり

雪止め金具ごと屋根トタンがむしり取られたようにちぎれた状態を

何度も見てきて、尋常ではない負荷が屋根塗装膜にもかかっています。


私は塗装工になってから通算で800件近くの屋根塗装工事に関わり

持論ともいえるものが固まりつつあるのですが

北方圏という過酷な環境下での屋根塗装は

上記のように毎年5カ月もの長期間、積雪に含まれる水分に浸されているので

強靭な塗装膜でもトップコートは急速に劣化、それに伴いサビも誘発しやすくなり

積雪の滑落摩擦をうけて塗装膜が削り落とされ、その削れた箇所からのサビ発生等々。


場合にもよりますが、1回の屋根塗装にかかる工事金額は極力抑えて

定期的(理想としては7年程度)に屋根塗装を行うことが

最も建物屋根の生涯ランニングコストを低く抑えることが出来ると考えています。


しかし工事金額を抑えて低品質な工事では元も子もありません

当ホームページでご紹介させていただいております

値段を抑えたグリーンペイントの高品質屋根塗装は

施工後の経年移行データを元に裏打ちされた作業内容となっております

コストパフォーマンスが非常~~に高いお勧め商品です!!








このページのトップヘ