グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : グリーンペイントの屋根塗装

グリーンペイント寺沢です


今日は2008年10月に当店で屋根塗装を施工させて頂いた

お客様邸へリピート見積りに伺っております!
10.7年前に施工した屋根
10年6カ月経過したことになりますが、はっきり言って状態が良い!

とても嬉しい事です!
チョーキングは発生しています
前回塗装が初回塗替え工事でその時の状態が良かったのもありますが

当時当店で使用していた屋根用1液型のアルキッドシリコン樹脂塗料が

ここまでの耐久性を持っているとは^^
チョーキング下には塗膜が生きている!?
チョーキングは当然のように発生していますが、チョーキング層を指でこすると

その下にはまだ活膜が残されていて、全面へのサビ発生を防いでくれています。
笠木淵にはサビが出ていた
ほぼサビが発生していない状態でしたが、笠木の端は角部になり

塗膜がどうしても薄くなりがちなのが影響したか、サビが見られました。

破風板も艶が無くなっている
寒冷積雪地域の屋根塗装平均耐久年数は7~8年程度と言われているなか

十分な耐久性を示してくれたのではないかと思います。

当時から当店の塗装方針として重視していた下地処理研磨作業は

現在主流の2液混合型シリコン塗料と比較して密着性がそれほど優れていない

1液アルキッドシリコンでも塗膜剥離を防止する効果が高い!

※当時の屋根用シリコン塗料は1液型が主流で2液混合型シリコン塗料は
 まだ少なく、2液混合型の高い密着性能を追求すると耐候性に劣る
 2液混合型ウレタン塗料を選定するしかない商品ラインナップでした。


もうひとつの方針として塗料の厚付けを意識して作業してきました。

これも10年以上経過してもサビの発生を防ぐことが出来る実証となっています。
※25年の塗装工経験としてサビに最も有効な塗装とは・・・
  塗装膜厚が厚いこと!塗装膜が厚いとサビは止まります!
  もちろん高品位な下地処理サビ落としが前提となりますが・・・^^;

グリーンペイントでは経年劣化のデータを取り入れた確実性の高い

材料、工法を選定してお客様に塗装工事をご提案させて頂いています。


塗装工事をご検討の際は是非グリーンペイントに

お声掛け下さい、お電話お待ちしております!

グリーンペイント寺沢です


住宅塗装は私がメインで担当することが多いのですが

今回は私が担当した、グリーンペイントの屋根塗装

作業紹介させて頂きます。
東区東苗穂住宅屋根
スノーダクト屋根で今回が初の屋根塗装工事となるお客様です。

屋根にはゴミや劣化塗膜、サビがこびりついているので

まずは屋根全面を研磨紙で削っていく作業を行います

屋根全面に研磨処理
屋根トタンは凹凸も多く、入り組んだ形状になっているので

平らなところは研磨紙で削り、入り組んだところはワイヤーブラシ等を使用します。
細かいところはワイヤーブラシも使用
研磨後には1日放置しただけで水分があるとサビはすぐ発生します!
研磨完了!
なので、研磨処理後は早急にサビ止め塗装を行います
黒色サビ止め施工完了
屋根トタン専用に開発されたサビ止め塗料は、乾燥がとても早く

暑い日などは2時間程度でサビ止め塗装の上に乗れるほどの速乾性があります。
下屋根サビ止め塗装完了
サビ止め塗装後は、トタン端部のシーリング防水作業

屋根端部シーリングは、トタンの金属熱収縮に伴う収縮運動負荷

強烈な紫外線、積雪湿潤など過酷な環境に耐えうる、高い耐候性を持った

屋根専用のシーリング
を使うことで、施工後の耐久性を維持できます。

端末シーリング完了
仕上げには2液混合型ハイソリッドシリコン塗装仕上げ

グリーンペイントでは、通常の屋根塗料での2回塗り仕上げも行っていますが

当然のことながら、上塗りを2回塗るということは、その分の塗装厚みが出来

2回塗るその作業に伴う作業工賃と、材料費が発生することで

正規に2回塗装すると、施工内容に応じた高めの塗装工事金額になります。
2液ハイソリッドシリコン塗装完了
合計工事金額の安めな屋根上塗り2回塗り仕上げを宣伝している広告で

「安心の2回塗り仕上げ」、「メーカー指定の2回塗り仕上げ」という

広告文が多いように見えますが

本来、正規の2回塗り仕様とは、メーカー指定の希釈率を守り

隅々まで確実に2回塗る
工法の事であり、単純に1回塗りに対して

倍の作業時間と材料が必要になる工法です。


なので、どのように計算しても上塗り回塗りで、かつ安い工事金額等

どこかに無理がある場合が多く、それには例として

・希釈率を大幅に上げて塗る塗料をかさ増しする工法
(少ない塗料で多く塗れる、希釈率が上がるほど早く楽に塗ることが出来る)

・屋根立上り、ハゼ内部や入り組んだ部位への刷毛入れを2回目は簡略化する工法

等々の作業コストを下げる、正規ではない簡易的2回塗り工法というものもあるので

単純に2回塗りなので安心ということにはならない場合もあります。

下屋上塗り完了
間違いの無い2回塗り工法には、相応の高めの工事金額が必要になり。。。

私的に、国内大手塗料メーカーが開発した1回塗り専用のハイソリッド厚膜塗装を

2回塗り仕上げの半額で2回塗りと同等の塗装膜厚を確保できるという

高性能な商品を、塗装工としてお勧めしたくなります!



屋根用ハイソリッドシリコン塗料は、蒸発する溶剤分が少なく

代わりに塗膜形成後に残る、高い耐候性となる固形物が多いので

1回塗りで厚膜仕上げが可能なのですが

塗料がドロドロしていて塗りにくく、厚膜を確保する為に

シンナー希釈することが出来ない仕様になっている。
(粘度の高い塗料は塗装作業に時間がかかります)

通常屋根塗料と比べて、あまり塗料が伸びません(多く塗装出来ない)

塗料価格も通常屋根塗料と比べて高く、さらには^^;

高固形成分の為、乾燥が遅く夜露による白化しやすいと。。。

上記のように、塗装工泣かせの性質を併せ持っている塗料ですが

【施主様へは、優秀で費用対効果の高い商品】
であることは間違いありません!

高い艶が出ています

屋根塗装工事をご検討の際には是非!

グリーンペイントのハイソリッドシリコン屋根塗装をご検討下さい!!

お電話お待ちしておりま~~す!!^^
(通常の屋根塗料2回塗り仕上げも行っておりますのでご相談ください。)
ゆうやけ


グリーンペイント寺沢です


今回は、グリーンペイントで使用している屋根塗料の紹介

させてい頂きたいと思います。


現在グリーンペイントでの、屋根塗装用上塗り塗料は

通常の弱溶剤2液シリコン塗料の他に

弱溶剤2液ハイソリッド型(高固形分)1回塗り専用塗料

ご用意しております。
PSマイルドSコート
この塗料は、塗料成分中の乾燥硬化中に蒸発してしまう

溶剤成分などを調整して減らし、通常の2回塗り屋根塗料と比べて

乾燥硬化後にも塗装膜として残る固形分(耐久性に影響が多い成分)を

多く配合したハイソリッド型塗料で、
そのような成分構成の為

乾燥硬化が遅くなる傾向が強く、夜露の影響を受け、白化してしまう

艶引け現象が起きやすく、作業取り扱いが難しい塗料です
1回塗りで二回塗りと同等の膜厚
また、本来2回塗って出来上がる塗装膜厚を、1回でその膜厚に近づけるので

塗料が硬く(粘度があり伸びない)シンナー希釈はしてはいけない設定なので

通常屋根塗料と比較して、高い塗装技術が必要な塗料ですが

乾燥硬化後の塗装膜は、さすがハイソリッド型塗料(高固形分型塗料)と思わせる

十分な厚みを感じることの出来る塗膜と、光沢の強い艶を発揮します。
抜群の光沢が出ます
北海道のような寒冷積雪地域は屋根上にも雪が積もり、12月~3月までの

4カ月もの長い期間、雪や氷が積もっては溶けてを繰り返し

湿潤した環境に長期間さらされます。
冬期間は湿潤状態にさらされる
雪下ろしの際にできてしまうや、雪氷が滑り落ちるときに出来る引っかき傷など

このような過酷な条件下では、無積雪地域と比較して屋根塗装の寿命は短くなり

積雪条件によってできてしまう傷は、やがてサビとなりそのサビは放置した期間が

長くなるほど
深く大きなサビへと進行してしまいます。
最初は小さな錆から
一度出たサビは進行が早い
グリーンペイントでは、1回の屋根塗装工事で

サビ止め塗装→中塗り→上塗りと

高額な塗装工事代金が必要になる3回塗り仕上げよりも

サビ止め塗装→ハイソリッド型塗料上塗りと合計2回塗りで3回塗りと同等

塗装膜厚を確保でき、合計2回塗りのコストを抑えた屋根塗装のほうが

長期的にメンテナンスの回数を増やすことが出来、それが結果として

屋根に発生するリスクを軽減出来るのではないかと考えています。


年間100軒近くの屋根塗装工事を行っている経験から

サビが全く出ていない屋根はめずらしく、大抵は居住者の方が

想像するよりもサビが広がっていることが多いです
放置期間が長いと全面にサビが広がることも
自身の南関東圏での塗装工事経験を考えると、南関東ではほとんど雪が降らず

トタン屋根自体も少ないのですが(カラーベスト屋根、瓦屋根が多い)

その少ない中でも,トタン屋根は札幌のように錆びているものが少なく感じます

車と同じで、無積雪地域で走っていた中古車はサビが少なく

積雪地域の車にはサビが多いことは良く知られていますが
寒冷地の車はサビが出やすい
それは融雪剤の影響が大きいのも確かですが、自社保有の車で考えたとき

冬期は2輪駆動の為、まるっきり走行しない当社のトラックは

現在の倉庫を入手する前は、外に野ざらしで

冬期間は雪に半分埋まっているような状態でした。
以前のトラックは雪没?していました
毎年冬が明けるとビックリするくらいに錆びている!?それも部分的に

トラックあおりの蝶番が、サビてねじ切れるほどの局所的な

深いサビの進行に驚きました

このことからも積雪下での長期湿潤環境は、金属にとって非常に酸化しやすい

状態になっている
と言えます。
春になるたび酷いサビが発生
負荷の高い積雪地域での屋根塗装は

メンテナンス期間を短めにして(7~8年程度)

まめにメンテナンスすることで劣化を早期に発見出来

その都度補修を行うことで
屋根トタンの寿命が大幅に伸びる

人間の体と同じですね^^

メンテナンス期間を短くすると、その度に補修コストが発生しますが

1回のメンテナンス費用を低く抑えられる ↓↓↓

通常、上塗り2回の工程を1回塗りで、厚く塗装できる

ハイソリッド塗料を使用して、厚い塗膜で耐久性を確保しながら


1回塗りの金額でメンテナンスが出来る!

それにはハイソリッド塗料を使いこなせる

技術力と知識、経験が必要になります

毎年、年間100軒近くの屋根塗装施工実績があります!


屋根塗装工事をご検討の際は
是非ともグリーンペイントにご連絡下さい!!

お電話、メールおまちしておりま~~す!!^^

(通常の上塗り2回塗り仕上げも行っておりますのでご相談ください)
撥水力にも表れています

グリーンペイント寺沢です


今回は、7年前にグリーンペイントに工事のご依頼を頂いたお客様から

再度、屋根塗装工事のご依頼を頂くことが出来まして

リピート屋根塗装施工を紹介させて頂きます!


この屋根は今でも記憶に残っているくらい、インパクトのある劣化をしていて

とにかくサビがひどかった!?

通常のサビかたではありませんでした・・・
劣化が激しい屋根
当時、お客様からお聞きした話では、中古で買ったのが5~6年前で

購入時には「屋根塗装のメンテナンスはしています」と不動産会社から聞いていたので

まさか、それほどの劣化をしているとは。。と、愕然とされていたのを覚えています。


屋根塗装後5~6年程度でこのような劣化が発生する原因とは?

ここまでサビているのも珍しい
前回塗装時に屋根全面に対しての下地処理はおろか

サビが発生している箇所のサビ落としもせず

サビの上からそのまま上塗り塗料を塗るとこのような劣化が発生します



それは、サビの上に不完全な蓋をするようなもので

サビは顕微鏡で見ると、細かな凹凸が集まったような形をしていて

凹凸はなだらかではなく、鋭い形状で、なおかつ

もろくて崩れやすい不安定な酸化物質です。
サビの深度も深い
そのような性質を持つサビに直接塗料を塗っても

剣山にペンキを垂らしたようなもので、針先には塗料が付かず

下の方ばかり厚く付く、不均等な塗装膜になってしまいます。


その結果、
サビ上の塗膜に防水性は無く、雨水はたやすく侵入するので

酸化が進み、さらに悪いことにサビ上の塗膜が蓋の役割になり

浸水した雨水、雪解け水がサビの中で蒸発しづらい状態になり


塗膜下で酸化が急激に促進され、穴が空くほどの腐食に繋がります



正しい下地処理が出来ない場合は、塗装した方がもっと酷い劣化を招き

下手に塗装しないほうが良かったということにもなってしまいます。

トタンが腐食して穴まで開いている
このような劣化状況だったので、お客様へは屋根板金の張替工事をお勧めしましたが、

屋根塗装との工事金額差は3倍以上にもなり、それも既存板金に被せて

施工するかぶせ板金工法だったので、その工法は施工後の問題点も多く



また、完全な形で施工する既存屋根板金を撤去して

下地の防水シートも撤去してから新しい防水シート→新規屋根板金という

通常正規の屋根板金張替工事ともなると

屋根塗装と比較して5倍以上の工事金額にもなり

予算の都合上から屋根塗装工事で最善策を行うという方向性になりました。
前回施工から7年経過
そのような経緯から、7年前の施工ではサビの再発や穴あき箇所の防水対策を

入念に行った結果、今回のリピート受注を受けることが出来ました。

7年経過の状態としては、既存塗装膜に若干の艶も残っていて

目立つような大きなサビもない事から、良好な状態を保っています

艶も若干残っていますね
7年前の前回、グリーンペイント施工時にはサビ落としを入念に行いましたが

若干のサビ再発が見られ、凹部底のサビが生きていた箇所があったようです。
所々に塗膜剥離→サビが発生し始めている
微かに生きていたサビには動きがあるようで、塗膜下で数年をかけて活動し

塗装膜上に薄い線状のひび割れを作り、そこから浸水することで

サビの再発→周辺塗膜の剥離→サビの拡大と深度を増していきます。

線状のひび割れもすべてケレンして、サビ止めタッチアップでサビを止めます。
塗装前には全面研磨します!
サビが出ている所はしっかり研磨
凹部底などは、現在錆が出ていなくてもサビ再発の可能性が高いので

現在錆が発生している箇所と、サビの発生が今後予測できる箇所への

サビ止めタッチアップ塗装を多めに行うことで、今回の屋根塗装耐久性を

万全なものにしてくれます。

サビの予測発生個所も含めてサビ止めタッチアップ
今回の屋根塗装では、全面研磨下地処理とサビ止めタッチアップ塗装を行い

ハイソリッドシリコン仕上げ→厚膜仕上げが出来る屋根塗料を使っているので

合計の塗装膜厚も十分ついています。次回の屋根塗装時には

さらにサビの発生も減り、安定した屋根材の保護が期待できます。

ハイソリッドシリコン仕上げ!
このような施工事例からも、塗装工事の実用性の高さを考えるのですが

パッと見たときに、この屋根の劣化程度では屋根張替えが妥当ではないか?

と、思うような劣化であっても、入念な下地処理を行い塗装することで

経過年数7年間で軽度の劣化しか再発しないことから


知識・技術・経験が多く、それらを現場で有効に活用できる塗装工事であれば

屋根板金張替工事の3~5分の1という低予算で屋根メンテナンスを行える。

塗装工事の実用性は高いと判断できます!


しかし、7年前にあのような劣化状態にまでしてしまったのも

塗装工事が要因であり、施工者によるものが大きいのも

事実ではないでしょうか。。。



グリーンペイントでは、かなり傷んでしまった屋根・外壁であっても

塗装工事で出来うる限りの施工方法を、有効に判断して

コストパフォーマンスの高い、塗装工事をご提供させて頂きます!!

倉庫への帰り道




グリーンペイント寺沢です。


本日は、住宅塗替えの合間をぬって屋根塗装工事にうかがっています。

グリーンペイントでは、私、寺沢が住宅塗替えを担当することが多く

職長斉藤氏が、屋根塗装を担当することが多くなっていますが

工程がずれたりしたときは、滞りなくローテーションが出来るように

双方、住宅、屋根どちらの工事にも対応できるようにしています。


工事場所は札幌市西区八軒、当社に何度も工事依頼を頂いている

お客様が所有しているアパート屋根の塗装です。
平屋根施工前
築年数は12~14年前後と思われ、今回が初の屋根塗装になります。

何度も塗装している屋根の方が塗装膜が厚くなり施工しやすいのでは?

と思われるのではないかと思いますが、塗装済みの屋根は

既存塗装膜の剥離が発生している屋根が多く、浮き塗膜を剥がす手間が

思いのほかかかるので
、1回目の屋根塗装というものは実はやりやすい!・・・

のですが、1回目の塗装を失敗すると、後々まで尾を引く後遺症を残しかねないので

1回目の屋根塗装こそ、しっかりした下地処理後に塗装しなければなりません!!

ダクト付近にはゴミが多い
土埃もたまっています
グリーンペイントでは、特に屋根塗装施工での下地処理にこだわっていて

屋根全面に研磨紙を使い、手作業で隅々まで研磨する

手間を惜しまない下地処理を行っています!
屋根全面に研磨紙掛け
ゴミを除去して
屋根表面には沢山の土埃、付着物、サビがこびりついていて

長年の屋根塗装経験から、簡易的な高圧水洗浄ではこれらの物は

完全に取り除くことは不可能だと考えています。
こんなものまで!
この破片は?
屋根トタンの切れ端が刺さっていた!
車の洗車と同様に、強烈な水圧であっても、やはり擦る作業を伴わなければ

こびりついた汚れは落ちないことはご存知ではないかと思います。

まして、車についている汚れよりも強力にこびりついている屋根の付着物は

時間のかかる手作業でのみ除去できるものです。
隅々まで除去します
研磨処理の他にも、塗装前の下地処理として

トタン屋根の端部、防水目的のシーリングの新規打替え作業があります。

屋根板金を施工した際に、打設されているシーリングはボロボロになっていることが多く
屋根トタン端部の既存防水
屋根のような太陽光や雨、雪を水平に受け止めなければいけない部位は

想像を超えるような大きな負荷が掛り続けていて

その端部の防水を担う屋根シーリングにも

垂直面の外壁とは、比べ物にならないような負荷がかかっているので

屋根専用に開発されたシーリング以外の、一般建築用シーリング材を使用すると

たったの数年で断裂してしまったりします。

既存シールがボロボロになっています
八軒アパートの屋根既存シーリングには、ひと昔前建築資材として使用されていた

油性コーキングらしきものが打設されていて
かなり昔に使われていた油性コーキングのような?
この油性コーキングという建材は、いつまでも硬化することがなく

ずーっとベトベトした状態で、表面に埃やゴミが付着することでようやく

べたつかなくなるというような代物で、工作に使う油粘度のようなシール材です。
ベトベトしているがボロボロになっている!
この油性コーキングの油分は数年で飛んでしまい、早期にボロボロになることが多く

現在主流の建築用シーリングとの付着性も悪いので、完全に除去しなければなりません。

グリーンペイントでは屋根専用の高耐久シーリングを使用し

厚く、太く、シーリングの耐久性能を最大限に生かせるように打設しています。

屋根トタン端部は全て防水します
屋根塗装は上塗りの塗料性能も大事ですが、それにもまして

下地処理をどのように施工したかで、塗装後の耐久性が

大きく変わってしまう工事です。



下地処理には特に力を入れている

グリーンペイントの屋根塗装!

屋根塗装工事をご検討の際には是非!

グリーンペイントにお電話ください!!




このページのトップヘ