グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : PR含む記事 ※特に見て頂きたい^^;

グリーンペイント寺沢です


本日は屋根塗装見積りに伺っております。

梯子をかけて屋根上に上がってみると・・・

メチャメチャ剥がれていました、屋根塗装が。
塗装剥離が前面に発生
剥がれた所を観察すると前回の塗装も剥がれているが

前々回の塗装も剥がれている!
かなり剥がれていますね
2回分の屋根塗装が剥がれているようで

一番最初の屋根は工場出荷時の緑色の塗装

その次に黒色で初めての塗替え→さらに黒系色で再度塗替え→現在に至る
緑→黒→黒系の順に塗ったようですね
剥がれた原因、はっきりは特定できませんが

・屋根塗料の希釈が多すぎたのか?

・密着性に劣る1液タイプの上塗り材を使ったからか?

・研磨による足がかりを作らずにチョーキングした既存塗膜に上塗りを直接塗ったか?

剥離跡の旧塗装膜には研磨の跡が無かったので

下地処理を行わないで塗装したものと思われます。
剥離したと所にはサビも出てきています
改めて下地処理の大切さを感じますが

屋根塗装の下地処理、ひじょ~~に大切であります!!

経年劣化した屋根塗装膜にはチョーキングした粉化塗膜層や浮き塗膜、サビ、コケ

成分不明の黒い物質!?(この黒い物質は結構の確率で屋根にこびりついています)

このようなものが付着している屋根既存塗装膜に研磨処理無しで

塗装すると密着力の強い2液混合型塗料でも剥がれます。


屋根全面をサンドペーパーで隅々まで研磨するグリーンペイントの屋根塗装

屋根全面を1回塗装するのと同等の時間と手間をかけて下地処理を行っております。

雨、風、雪、太陽の影響をまともに受ける屋根の塗装は外壁と比較しても

高い塗装品質が必要になり、塗装品質が要求レベルに達していない場合

屋根の塗装剥離や早期のサビ発生につながります。

グリーンペイントでは経年劣化のデータを元に確実に屋根を保護する

屋根塗装をご提案させていただいております!

屋根塗装をご検討の際には是非グリーンペイントにお声掛けください。
屋根からの景色

グリーンペイント寺沢です


今回は屋根の下地処理からサビ止め塗装までの紹介です。

屯田住宅(仮称)お客様より見積り時から

「屋根の滑りが悪くて雪がなかなか落ちていかない」とのご相談を受けていましたが
雪の滑りが悪い状態
屋根が通常よりもザラザラしている?ザックリな表現ですが

確かにザラザラしていました^^;
チョーキングとは違うザラザラ感
モルタルの表面を手でなぞったときのようなザラザラ感とでも言いましょうか

分かりにくい表現だと思います。ボキャブラリーが足りなくて

他の表現が思いつかないこと。。。お許しくださいm(__)m


このザラザラ、考えられる要因は~

前回塗装時の下地処理後の清掃、風の強い日などはブロアーで清掃した

数時間後に砂塵が積もることもあります、春は黄砂や花粉もあり

そのような小さな微粒子状のものを取り除くことなく塗装を行うと

その砂塵を取り込んだ塗装膜が完成し、それこそモルタルのような肌触り

とでもいえる屋根塗装膜が完成、雪の滑りは非常に悪くなります。


そのような状態なので屋根全面にかける研磨紙ずりもザラザラが

きちんと無くなっていくのを確認しながらの作業となります。
屋根の端部はサビが出やすい
また、屋根の端部はサビが出やすいので電動工具で入念にサビを落とし
ディスクグラインダーでしっかりサビを落とします
ガッチリ錆を落としました!
全面錆止め塗装の前に色違いのサビ止めでタッチアップサビ止めです。
黒色サビ止めでタッチアップ


グリーンペイントの屋根塗装では

サビの出やすいところや深いサビになっている所などは

サビ止めタッチアップを行った後に全面錆止めを行うことで

サビ止め塗装膜厚を厚くしサビの再発を防ぎます!
赤錆色サビ止めで全面錆止め塗装です
屋根全面研磨、劣化箇所へのサビ止め2回塗り等

力を入れた屋根塗装を行っています!

屋根塗装お見積りの際は是非グリーンペイントへお声掛けください!!

札幌は今日もいい天気~

グリーンペイント寺沢です


5年前に外壁塗装と外壁目地、窓廻りシーリングを施工させて

頂いたお客様邸へ別案件の見積りに伺いました。
5年前にお世話になりました
今回の見積りは母屋とは別の倉庫屋根塗装だったのですが

5年前の母屋塗装がどうなっているか気になりまして

ちょっと緊張しながらの確認^^;


当時の工事内容、外壁は窯業系サイディングでそれほど傷んではいませんでしたが

外壁目地と窓廻りのシーリングの劣化が進んでいました。

築年数は30年以上でモルタル壁の上にサイディングの新規張り工事を

15年前くらいに施工したそうで10年以上たつとサイディングは大丈夫でも

シーリングはボロボロになっていることが多いですね.。


艶はまだまだあります!シーリングも状態が良い!
煙突柱に施工した微弾性マスチック厚付け仕上げ
爪跡が残る 弾性が薄なわれていませんね
モルタル外壁の上にサイディングを張っているので窓枠の出幅が少ない

よって窓廻りシーリングは三角シーリングを施工しているので

シーリングの厚みと幅が凄いですが・・・
窓廻りシーリングは耐久性抜群の施工です
改めて思い知らされますが「シーリングは厚みと幅が命!!」

大きく書かせていただきましたが^^;

住宅塗替えの際に既存シーリングを撤去していて毎回思うこと

シーリングが断裂している箇所はほとんどが厚みが薄いか幅が狭い
目地シーリングもいい感じです

グリーンペイントでは幅と厚みを十分持たせた耐久性の高いシーリング施工を

行っております。シーリング工事は薄く狭く施工した場合と厚く太く施工した

場合とではシーリング材料使用量に倍以上の差が出てしまいますので

同じシーリング打替え工事でも、どれだけ厚く太くシーリングを施工するかが

大事な工事となります。



グリーンペイント寺沢です


当ブログでたびたび書かせてもらっている

グリーンペイントの足場仮設工事ですが

開業から年を追うごとに少しづつ少しずつ足場材を買い足し

今では枠組み足場、住宅2棟と半棟分、約2、5棟分

一側足場ビケ足場で住宅半棟分の約0,5棟分

あわせて住宅3棟分の足場資材を持っております。


これにより雨の日を選んで行われる足場仮設ローテーションが

可能になっているのではありますが

本年11月初めから予定されている6所帯タイプのアパート塗装工事が控えており

その足場仮設工事は立地条件から建物2面の敷地がとても狭く

敷地境界線は外壁から50㎝あるかないかという極狭です。

さらにお隣建物の塀があるので単管抱き足場も考えましたが

作業安定性や影響する作業品質を考えると出来ればやりたくない足場であります。

敷地を詳しく実測して250㎜幅アンチであればビケ足場が組めるようなので

急遽ビケ足場を大量に仕入れることになりました。
足場運搬トラック到着
ビケ足場材増量です!

建物の一面が30m超あるので足場面積は住宅3棟分くらいあるでしょうか

計算の結果アパート2面をビケ足場残り2面は枠組み足場で

手持ちのビケ足場0、5棟分の他にプラス1、5棟分を仕入れました。
ビケ足場って全てがコンパクトです

これでグリーンペイント足場資材量、枠組み足場2、5棟分

ビケ足場2棟分、合計4、5棟分の足場となり

来年からさらにスムーズに足場仮設ローテーションを組むことが出来ます。
アパート足場仮設作業中

足場仮設技能も年々上がり敷地極小住宅、3階建て住宅、特殊形状住宅など

足場資材増強を行い施工できる範囲も多くなっております。

今後も足場仮設単価の地域最安値を維持できるよう

技術と品質、安全性を追求していきたいと思いますので

足場単価が安い!!けれども高品質!!コストパフォーマンス高い!!

塗替え工事をご検討の際は是非グリーンペイントにお声掛けください!

宜しくお願いしま~~す!^^
グリーンペイント資材倉庫入口です




グリーンペイント寺沢です


シーリング工事が終わり外壁の高圧水洗浄を行いました。

いつものごとくですが窯業系サイディングは劣化が進みやすく

経年劣化によりサイディング表面の既存塗装はチョーキングしているので

その表面の粉化物(チョーキング層)を除去するために強い圧力の

洗浄を行うと劣化しているサイディング表層も吹き飛んでしまう
※劣化して粉化しているサイディング表層を残して塗装すると数年で剥離しますので。
高圧洗浄後の外壁
劣化箇所はボロボロと欠けています
毎回、洗浄後にボロボロと欠けた窯業系サイディングを見ると思うのですが

「目視では見えないひび割れ?から雨水入っているんだな~」

雨だれ岩をも穿つでしょうか、10年という年月は建物をここまで劣化させる

そして札幌の冬は氷点下が続きます、マイナスな相乗効果が発生するようで
既存の穴周辺から劣化が進んでいるように見えます
塗装膜の薄い既存穴から浸水している
今回は洗浄後の窯業系サイディングの含水率を計測しました

外壁のみ洗浄で朝から洗浄作業を行い14時くらいに作業終了。

その日の夕方17:30くらいに外壁含水率を計測すると

17%とか17.4%、表層の劣化が進むと板材がかなりの水分を吸収するようです。
洗浄当日は17.4%高い数値です
次の日は朝から天気も良く湿度も低い秋晴れで

昨日の計測から24時間後の夕方17:30分に再度計測

2.1%~3.2%と急激に含水率が下がっていました。
洗浄から27.5時間後は2.1%急激に放湿したようです
窯業系サイディングは表層塗装膜が劣化し防水性が低くなると

雨により壁が濡れるたびに壁材が吸水し、壁の表層に含まれた水分は

急速に外気に放出されて、乾、湿を急激に繰り返している状態です。


それと共に冬期の凍結膨張も加わると窯業系サイディング板材に過酷な環境となります。

これ以上劣化が進行する前に表層の防水性復元が必要ですね。

グリーンペイントは窯業系サイディングの
塗装施工知識や経験が多く沢山の実績を持っています!

・問題が多い、直張り工法への対応策提案!
 ※そのまま塗装すると大変な問題が起きる可能性が高い、寒冷地は特に注意が必要です。
・劣化箇所を確実に取り除く手間をかけた高圧洗浄
・その劣化箇所を全て手作業で1つ1つ補修
・寒冷地の窯業系サイディングに合わせた確実な塗料選択

そのほか納得の資料、データを取り合わせて
見積りご提案させていただきます!

窯業系サイディングの塗替えをご検討の際には
是非グリーンペイントへお声掛けください!!

日が沈むのが早くなりましたね~



このページのトップヘ