グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : PR含む記事 ※特に見て頂きたい^^;

グリーンペイント寺沢です


南区澄川住宅の続きです。

まずは外壁塗装、いつものように弱溶剤系の浸透性エポキシ樹脂シーラー塗装

弱溶剤系は臭いが強いのが欠点ですが浸透性能においては水性系より優れています。

水性系塗料には水性特有の表面張力が働く影響で、どうしても弱溶剤系には敵わない

ガラスの上に水を落とした時と、同じくガラスの上に灯油等を落とした時の比較に例え

水は表面張力により丸い水滴になるが灯油はサーッとガラスになじんでしまうのと同じで

塗装面に細かい凹凸があったりすると水性系は表面張力の影響で浸透が阻害される

特に冬期間は凍結してしまうような寒冷地では、外壁基材の表層にどれだけ深く

浸透固着しているかが長い年月での劣化度合に影響を及ぼすと考えています。
シーラー塗装後の中塗り
そういう訳で弱溶剤のシーラーをなるべく使いたいのですが臭いの問題などから

使うことが難しいときもありますが性能は間違いないシーラーです。

シーラーの説明が長くなりましたが、その後の作業はいつもと同じように

色違いの中塗りを塗ってからのお客様指定の上塗り色で仕上げです。
上塗りは元の色に近く
屋根は黒色サビ止め塗装後にハイソリッドシリコン塗料による仕上げ
バルコニーはスノコを外してから塗装します
ハイソリッドシリコン塗料は一般的な屋根塗装用シリコン塗料よりも単価が高く

ハイソリッド1回の塗装で一般的シリコン2回塗りと同等の塗装膜厚を

確保できるという塗料で、高性能な分取り扱いも難しく

塗料中の固形分が多く蒸発する溶剤成分が少ないという配合から

硬化乾燥まで時間がかかり、夜露による白化や艶引きが発生しやすく

希釈をしてはいけない塗料設定の為、塗料粘度が高く塗装作業には

高い技術力が必要になります。
ハイソリッドシリコン塗装完了
「一般的シリコン塗料を2回塗ればよいのでは?」という意見も聞こえてきますが

当社でも屋根用塗料の2回塗り仕上げを行っていますが

北海道のような積雪が多く気温が低い地域では、通常の屋根劣化だけではなく

屋根に積もった雪や氷が滑り落ちる際に出来る、傷からのサビなども考えると

判断が難しく、私の経験論からは屋根塗膜へのアクシデントが発生しない地域は

間違いなく2回塗りが良く、突発的アクシデントの可能性がある地域においては

トップコート1回塗りは有効です。

トップコートを2回塗るということは、2回分の材料費と人件費が発生するわけで

屋根塗装金額は単純に1回塗りの2倍の金額になりますが

滑雪剥離や雪下ろしによる剥離→サビ発生はトップコートを2回塗っても

防ぐことは難しいことから、トップコート1回塗りの

価格を抑えた屋根塗装の説明をさせて頂いております。

1回塗りで2回塗りと同等の性能を発揮するハイソリッドシリコン塗料は

優れたランニングコストとお客様へのサービス性が高い商品なので

屋根塗装をご検討中のお客様!是非グリーンペイントの

2液混合型ハイソリッドシリコン塗装

低価格でもハイスペックな屋根塗装あります!!是非!!←2回目^^;
ハイソリッドシリコンの艶は良いですねー
澄川住宅の玄関廻りには木材が使用されていて既存の木部塗料は劣化が

進んでいる状態で、雨水や紫外線の影響によるシミが出ていたので
玄関廻り木部、シミが出来ています
研磨作業でシミを落としてから木材用の防腐防虫保護塗料(含浸タイプ)を
シミが落ちるまでがっちり研磨します
RIMG5423
当初予定していた2回塗りで仕上げたのですが、木材劣化から塗料の吸い込みが

大きく仕上がり感が悪かったので合計4回塗り仕上げを行いました。
木材防腐塗料塗装3回目
4回目塗装、厚みが出てきました
さすがに4回塗ると含浸タイプでも、なんだか塗装膜が出来ているのじゃないか?

と思えるくらいの仕上がり感になり今後の耐久性に期待できますね。

この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き、誠にありがとうございました!






グリーンペイント寺沢です


グリーンペイントでは年間100件前後の塗装工事を行っていますが

その中でも数多く施工させていただいている屋根塗装工事。

今回は屋根塗装工事で稀にある、全体的にはそれほど劣化していないが

部分的に物凄く劣化している屋根
、トタンに穴が空くほどの劣化を見ることがあります。

屋根全面にサビが広がっていて、なおかつそのサビが深く、トタンの厚みを大部分

浸食してしまっているような場合は屋根塗装ではなく屋根張替をお勧めしているのですが

部分的にのみ重度の劣化が発生している場合は、原因究明と修繕が行えるのであれば

屋根塗装工事の方が、屋根張替工事と比較してはるかに安い金額で施工が出来るので

現在雨漏りをしていない状態で、部分的にのみ劣化が酷い場合は塗装対応しています!

ほとんど先に書いてしまう形になりましたが^^;

ここから工事内容の説明をさせていただきます!
ダクトカバー付きの屋根塗装
北区新琴似住宅(仮称)の屋根塗装工事での作業内容となります。

スノーダクト屋根(平屋根)の塗装工事で、ダクト排水溝にはダクトカバーが

取り付けられてあり、そのような場合はカバーを外して塗装します。
ダクトカバーには大量のゴミや埃が溜まっています
カバーを外してみると案の定いつものように大量の埃と泥?がカバーと屋根の取り合いに

溜まっていました、この泥はそのまま研磨紙をかけると研磨紙の目がすぐ詰まるので

先にラスター刷毛で掃き落としていくと、ダクト際の屋根に他の箇所より

サビが多い事に気が付きます、隙間に溜まっていた泥に雨水が浸み込み
マイラスター刷毛、グリーンペイントでは各自工具には名前を書きます
ダクト際にサビが発生している
狭い隙間なので、泥に浸み込んだ水分の蒸発が遅くなることで、長時間水分にさらされる

環境が整ったことで他の箇所よりも劣化が進み、サビに発展したものと思われます。

グリーンペイントでは、屋根塗装前の下地処理として、屋根全面に研磨紙かけを

行うのですが、この研磨紙かけ作業、表層削りや塗料の密着性向上の他にも

利点があり、この作業を行うときにはどんなに手の長い人でもかがんで作業を

しなければ手が届かない^^;

かがんだ状態は屋根にとても近づいた状態になり、そのぶん細かく観察しながら

作業をおこなえるので、立っての作業と比べて断トツで見落としが少なくなるのです!!
※その分真夏はフライパンの上にいるように熱い!(*_*;

いつものように屋根全面研磨処理
そのように観察しながら研磨していくと既存塗膜に通常とは違う異常な状態を

発見しました!表層は膨れた塗装膜をかぶっていたので確認できませんでしたが

研磨すると、表層がバリっと破れトタンに穴が空くほどボロボロになった

劣化箇所が姿を現しました!
トタンがボロボロになっている!?
その近くにも小さな穴あき箇所が見つかり、他のトタンはあまりサビも出ていない

状態だったので、ここだけこんなに劣化するのは通常では考えにくい。
深いサビ発生個所のすぐ近くにも穴あき箇所が!
異常なサビが出ているときは大抵内側からの水分が影響していて

劣化箇所の緩やかな水勾配を上方にたどっていくとモルタル煙突があります
腐食箇所の水勾配上方には煙突がある?
煙突は大抵、屋根トタンと繋がっていてトタン端末が煙突モルタルの中に立ち上がる

形で収められているので、通常であれば雨水が入ることは無いのですが

異常なサビが煙突下方に発生しているので、煙突に何か問題が起きている

可能性が高くなります。

煙突根本のモルタルを斫ると案の定、煙突モルタルと屋根トタンの取り合いが

サビて穴が空いていました、それも直径1㎝位ありそうな大きな穴です。
明らかにこの煙突が怪しいですね
煙突根本のモルタルをケレンすると大きな穴がある!
お客様へ「屋根に穴があったのですが現在雨漏りはしていないですか?」

との問いに「いまだかつて雨漏りはしたことが無い」

との返答だったのでどうやらトタン下の防水シートは無事でこの穴から入った雨水は

防水シートと屋根トタンの間を下方に流れて行き室内には浸水していないようです。

その浸水した水が下方へ流れて行く過程で、ダクト溝近くのトタン内部から

あのようなサビが発生したようです。

新琴似住宅屋根は、他にも各所に塗装膜剥離が発生しており剥離した下地を

確認すると研磨の跡もない事から、前回の屋根塗装工事では下地処理無しで

埃や泥が屋根トタンに付着しているその上に、直接塗った形跡が見られます。
そのほかの既存塗装
下地処理無しで塗装した形跡があり塗装が剥がれている
そのような塗装前処理だったの、で劣化原因になるような問題を見つけることが

出来ず、煙突根本も見過ごして施工した結果、数年後には現在の穴が空くほどの

サビに進展したようです。
ハゼ廻りも塗装が剥がれている
劣化箇所は屋根専用の密着性能、耐候性の高いシーリング材をプライマー塗布後に

穴あき箇所の内部まで充填するように、打ち込みを数回に分け幅を広く厚く

施工することで冬期間の凍結した氷でも影響が出ないよう防水補修を行ってから

塗装しました。
既存のシーリングがダメになっています
つついてみると・・・
ポロリと取れた^^;
グリーンペイントでは屋根塗装の際に下地処理、全面研磨紙かけ

重度のサビは電動工具で除去してから塗装を行っています。

その下地処理作業で問題点を見落とすことなく発見し

確実に問題を処理してから塗装作業を行っています。

塗装工事の工事完了時は、どんな内容の工事でも綺麗でピカピカに

見えるものですが、後で問題に繋がる原因を究明、解決しないまま

上塗り塗装を行うと数年後に爆発する時限爆弾をセットするような

ものです。※爆弾はオーバーですがそんな感じということで^^;

煙突止水処理後に屋根塗装完了
屋根塗装工事をご検討中のお客さま!

グリーンペイントはトタン屋根塗装における実績・技術力・知識を持って

下地処理から上塗りまで確実な屋根塗装工事を行っております!

RIMG3661

屋根塗装工事をご検討の際には

是非ともグリーンペイントにお声掛けくださ~い!!^^



グリーンペイント寺沢です。


今回は前回塗替えから20年以上放置した屋根の状態をお伝えします。
かなりサビが広がっています
20年以上の放置期間は通常のメンテナンスサイクルを大幅にオーバーしていて

屋根塗装は塗料メーカーが推奨するメンテナンスサイクルとして8年前後を

目安に塗替えを行うとサビも広がることなく永続的に屋根材を保護することが出来

目安の年数をオーバーすると、そのオーバーした年数に比例して

屋根トタンの劣化が進行してしまいます。
深いサビが発生していますね
この屋根状態はサビがかなり進行している、私の施工経験上では

目視判断でサビの深さがギリギリかな~と思える劣化状況です。

これ以上サビが深くなってくると、塗装作業の研磨下地処理をおこなったとき

深く進行したサビを研磨処理で落とす作業によりサビの深さ分を削り落とす

必要があり、その強く研磨処理した箇所のトタンは板材の厚みが薄くなるので

耐荷重性が低くなり、場合によっては穴が空く恐れもあります。
水の溜まりやすいところもサビやすい
なのでサビは深くなる前に処理をしておくことが大切で、塗装メンテナンスの

出来なくなった屋根は屋根張替工事を行うしか方法が無くなり

塗装工事に比べて5~8倍くらいのメンテナンス費用が掛かることになります。
ボコボコと突起状にサビている
サビ発生にはパターンがあり雪が積もるような屋根平面部は太陽光や雨が

直接当たり、冬期間は積雪により湿潤状態が続くなどの要因で劣化が激しく

パラペット屋根(下がり屋根)などは勾配が急で、積雪はほとんど無く湿潤状態に

なることも少なく、雨水なども短時間で下へと落ちていくので平屋根に比べて

すぐ乾燥する等々の好条件が多いことから、平屋根は酷く錆びているのに

パラペット屋根はほとんど錆びていないことも多い。

これは住宅全ての塗装にも言えることで、垂直面になる外壁の劣化スピードは

緩やかだが、水平面になる屋根は劣化スピードがとても速いことから

外壁以上にトタン屋根はマメなメンテナンスが必要であるということですね。
垂直面のパラペット屋根はそれほどサビていない
この屋根では前回の屋根塗装時に行った作業パターンが20年以上の

経過を得てハッキリと姿を現しているのにも注目しました。

屋根塗装作業では塗り繋ぎが出やすいのであまり勧められた作業ではない

工法がとられている、長尺トタンは長手方向にハゼを1枚分、あるいは2枚分で

塗りつないでいく工法で綺麗にムラなく仕上がるのですが

前回塗装では長尺トタンを横方向に進み屋根端から塗り初めて端まで行くと

下へスライドして先ほど塗ったところへ塗りつないでいくという工法で

作業中の体の移動が縦方向よりも横方向は楽なので、この作業を行う気持ちは

理解できますが、塗装乾燥後に塗り繋ぎムラが出るので

グリーンペイントでは行っていない作業工法です。
横一列にサビが無い?
近づくとこんな感じで
このパターンを観察すると塗り繋ぎ箇所のみサビが出ていないんですよね

このサビが出なかった理由=塗り繋ぎ箇所は塗装膜が塗り重ねた分

厚くなったことが理由です。

話は変わりますがグリーンペイントの社用車ダイナ号も購入当初は

サビだらけでしたが、何度も何度も塗替えすることで今はほとんど

サビが出ない状態になっている。

結論として、トタンなどの鉄部は塗装膜が厚いことが何よりも素地保護に有効!

このことから、屋根塗装は何度も何度も塗替えを重ねていくほど全体の塗装膜厚が

厚くなり、より耐久性が高くなることから塗替えは回数が多いほうが良い!
屋根シーリングもだいぶ劣化が進んでいますね
※注 塗替え回数は多いほうが良い説明をさせていただきましたが

あくまでも下地の状態が良好ということありきで、適切な下地処理を

行わないでドンドン塗り重ねていくと、後でサビと塗膜のミルフィーユ?

のようになってしまいます。^^;


屋根トタンの塗装では手間をかけた確実な下地処理を行う塗装店!

塗装における技術or知識を持ち数多くの施工実績を持つ塗装店!!

新しい屋根から、劣化の進んでしまった屋根まで

屋根塗装工事をお考えの際には

是非ともグリーンペイントにお声掛けください!!

RIMG3897


グリーンペイント寺沢です


本日はグリーンペイント屋根塗装工事をご紹介させて頂きます!

私は住宅塗替えの担当になることが多いので職長斉藤氏が多くの屋根塗装工事を

担当するので当ブログでは屋根塗装工事の記事が少なくなっていますが

沢山の件数の屋根塗装も行っていますので今回は私が担当した屋根工事の説明を

させていただきます。
横張りトタン特有のサビです
重ね合わせの溝の中からサビが出ます
厚別区厚別西住宅はブログで去年書かせていただいたお客様邸で

去年は予約が一杯になり今年施工させていただくことになったのですが

厚別西住宅の屋根は横張トタンで部分的に深いサビが発生していました。

深いサビの発生個所は電動ディスクグラインダーのワイヤーブラシで

トタンの素地が出るくらいガッチリ錆を落とします!
サビが深いところはディスクグラインダーで研磨
サビを根こそぎ除去します
噛み合わせ内部はワイヤーブラシが大きくて入らないので手作業の研磨処理で

サビ落としとゴミ掃除を同時に行っていきます。


その他の屋根全面へは手作業で研磨処理を行いサビや汚れを完全に取り除いてから
屋根全面は手掛けの研磨処理
しっかり研磨します
深いサビが発生していた箇所へ赤錆色サビ止め塗料でサビ止めタッチアップ塗装

噛み合わせ内部も塗り残しが無いように注意してサビ止め1回目を
深いサビが発生していた箇所は事前にサビ止めタッチアップ
重ね合わせ部位もしっかり塗りこみます
その後に黒色サビ止め塗料で屋根全面に錆止め塗料を塗装します。
全面サビ止め塗装。黒色サビ止め使用
深いサビが発生してしまった屋根はサビが再発しやすくなるのでサビ止め塗装を2回

塗っておくと再発を防ぎやすくなります!


また、この屋根には一度に大量の雪が屋根下に落ちないように雪止めがついている

のですが雪止め加工した屋根は、そこに雪を貯め雪解け水や雨水も貯まる構造の為

耐候性が高い塩ビ鋼板が使用されているのですが、前回屋根塗装で塩ビ鋼板に

直接上塗り塗料を塗ったようで既存塗装が剥がれていました。
雪止め屋根の塩ビ鋼板塗装が剥がれています
塩ビ鋼板は表面に塩化ビニルシートが貼ってあるので通常塗料は密着性が良くありません

研磨ではがせるところは除去して塩ビ鋼板と密着性が良いプライマーを塗ってから

サビ止め塗装を施工。
塩ビ鋼板と密着性が良いプライマーを塗る。白色プライマー
2液シリコンハイソリッド型塗料で仕上げです。
2液シリコンハイソリッド型塗料仕上げ
横張トタンの屋根塗装は縦方向の長尺トタンと比べて構造的に問題があり

噛み合わせ内部まで確実に塗装しておかないとせっかく屋根塗装しても

サビが数年で再発することになってしまい何回塗装しても治らない屋根に

なってしまいます。


噛み合わせ内部は入り組んでいて塗料が入りづらく、奥まで塗料を塗りこむと

数分後にジワ~っと中からダレてきたりもします、きちんと奥まで

塗装すると入り組んだ奥まで塗装するので作業時間が通常より多くかかり

塗ったところのダレ確認と直しでさらに時間と手間が掛かる屋根塗装です。

しかし、その手間と時間を惜しむと屋根塗装後数年で噛み合わせ部から

サビ跡がダラダラと流れ落ちる残念な屋根になってしまいますので


横張トタンで屋根塗装工事をご検討中のお客様!

年間100前後の施工実績と確実な施工技術、知識を持った

当社グリーンペイントにお声掛けください!お電話お待ちしております!!

グリーンペイント寺沢です


新築または屋根張替え工事を行ってから一度も塗替えを行っていない屋根は

ガルバリウムなどを除き通常のトタン屋根の場合は10~12年くらいで塗替えを

行ったほうが良いとされています。


新品の屋根トタンは工場で塗装され出荷されているのですが工場塗装の塗装膜は

工場内という安定した環境で均一に施工された塗装なので耐久性は高いのですが

塗装膜厚は薄いと思われます。


未塗装屋根10年くらいの状態では既存塗装はほとんどつやが無く雨が降ると

水を弾く撥水性はゼロで親水性とでもいえるような水が表面に滲んでいく状態です。
経過約10年
表面を触るとトタン素地を触っているような塗装膜の薄さがわかります。
表面には艶が無くざらつきがあります
経過10年くらいはよほど負荷のかかる環境でない限りサビは発生しません。
屋根端部にはまだサビが発生していません
しかし14年経過した屋根ではサビが所々発生していたりします。
経過14年の屋根
同じ屋根ではないので完全な比較はできませんが

10年経過あたりから急速に素地の亜鉛メッキ層へのダメージが増えるようで
各所にサビが発生しています
既存塗装膜の劣化が進むと雨や雪の水分などがストレートに下地に

到達してしまうので劣化スピードが加速するようです。
屋根端部にもサビが発生しました
一度サビが出てしまうと金属表面がささくれたようなあばた状になり

塗装塗替えしても消しきれない細かい凹凸のせいでサビの再発を招きやすくなります。


グリーンペイントではサビ発生個所は念入りに錆落としを行い細かい凹凸を

極力フラットに近づけサビの再発が起きにくい研磨下地処理を行っています。

新設屋根はサビの発生する前、経過10年を目安に塗替えすることを

お勧めいたします。

夕日が沈む


このページのトップヘ