グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ: プライベート的な その他の記事

寺沢です。。。


最近はコロナ騒ぎばかりで息が詰まりそうです(*_*;

いくら自粛自粛と言われてもどうしてもやっておかなければ

気が済まないこと というものもあるものです。
恒例になっている春の調査ですね^^;
早春の山及び渓流の点検・確認作業です^^;

これだけはどうしてもやっておきたい

間違いなく三密にはならないはずです(^o^)/

森林は良いですね~その場所にいるだけで気力が漲るようです

毎日通いたいぐらい好きです山・森林・渓流。
いきなり発見!
渓流の調査を始めてものの数分で見てはいけない物を発見!?

何故、見てはいけないのか?

その理由とは ➡ 緊急退避=直ぐ帰らなければいけなくなる=残念すぎる( ゚Д゚)
間違いなく熊ですね・・・
これはどう見ても猪🐗ではない、タヌキでもない

熊そのものの足跡!!
しっかり記念撮影。。。|д゚)
本当かどうかはわかりませんが、ザックリ熊のサイズ予測という計算式があるようで

前足の横幅×6+100という計算式だそうです、写真の足サイズは横幅15cm位

ザックリ計算だと190cm前後サイズの熊ではないかと思われます。

私の身長が180cmなので想像しただけでも恐ろしい

そして、足跡が新しい・・・

慌てて外部スピーカーの音量MAX、スマホ内の激しくうるさそうな選曲は?

すかさず頭に浮かんだのはxJapanの紅でした。。。


明らかに異常だったと思います、有事の際には多少の混乱はつきものでしょうか?

選曲的にも歌詞的にも切迫感を増幅させてくれました( ゚Д゚)


その後無事下山できましたが、危険と隣り合わせということを

あらためて確認することになった点検・確認作業でした。

寺沢です!


設営は全て完了しているので今回は余裕があります。
外に置いておくだけでビールが凍る
発泡酒を冷やし
今回はバーベキュースタイルで夕食
焼き肉台もセット完了です。
またしても芋
そして芋
炭火は良い
シイタケだけを食べていた訳ではありません( ゚Д゚)
これが一番おいしい^^
これがいちばんおいしい!

夕食が終わったあと、いつもの焚火を始めます。
今回は焚火台を使用
今回は焚火台を用意しました。

冬キャンプと焚火はとても相性が良い

夏キャンプで焚火も良いですが・・・暑い、蚊や蛾が寄ってくるのが減点。
いつまでも見ていられる
冬キャンプは虫がいない、寒いので焚火にどんどん近寄ってしまう^^;

全てがプラスに働いていると言えます。
静かな冬の夜が訪れる
静かに冬の夜がふけていきます。

それにしても強烈に寒い。。。
今回はストーブをパワーアップさせました
今回は気温予報から倉庫事務所で使用している大型灯油ストーブを持ってきました。
ー14℃に到達した
予想は当たりー14.0℃まで冷え込んでいます。

計測時間は就寝前22:00くらいだったと思います。

この時間でこの温度だと朝方は何度になっているのか?

考えただけでもワクワクしてしまいます|д゚)
KIMG0205
今回も無事夜が明け、朝を迎えることが出来ました。
甘栗むいちゃいましたです
凍っている!?
気温は昨日の夜より朝の方が暖かく、あれ以上は気温降下しなかったようです。

むき甘栗が凍り付いて梅干しのようになっていましたが。。。
杭が凍ったのでバーナーであぶる
今回は冷え込みが厳しかったからかテントの杭が抜けない事態に

地面が凍り付き杭が固まっているようです。
アルミ杭は変形したり
バーナーであぶって溶かしてから杭を抜いたのですが

鉄製杭は問題ありませんでしたが、アルミ製の杭は変形したり

無理に引っ張ってちぎれてしまいました。
凍った地面に刺さったままちぎれた!
冬キャンプで地面に杭を突き刺すときは鉄製杭を浅めにさすのが

コツのようです。



寺沢です!


本日は再度、冬キャンプに挑戦!
強烈な吹雪ですが今日しか都合が取れなかった
札幌方面は激しい吹雪という悪天候でしたが、この日しか取れなかったので

天気予報を信じて苫小牧へと向かいます。
苫小牧は晴天!
天気予報大当たり!

苫小牧方面は晴天です。
あの天候から誰が予測できたであろうか^^
雪の量も少なく、溶けかけているではありませんか!
先客が除雪してくれていた
この時期にもかかわらず、キャンプに来ている人がけっこういますね。

有難いことに先客がテント設営地の除雪をしてくれてあります。
中心点を出して
ワンポールテントの設営方法

中心点を決めて、付属の五角形シートの各角に向かって

これまた付属の紐を伸ばしていきます。
五角形の先端に杭を打っていく
伸ばしたヒモの先端に杭を打っていきます。
テントの端をひっかけて
五角形の先端全てに杭を打ったら、その杭にテント角をひっかけていきます。
真ん中のポールを立ち上げたら完成!
五か所ひっかけたテントの中に入り、中心ポールを立ち上げると

そのままテントになってくれます。

簡単な作りで通常テントの半分以下の労力で設営可能です!
夜に備えておきます
今回は時間に余裕を持ってキャンプ場に来ているので

暗くなる前にテーブル、焼き肉台、寝床、ランタンなんかをセットしておきます。


寺沢です


本日は我が家の古い便器を交換します!・・・

いきなり便器を交換しますとはおかしな話ですよね^^;
施工前
冬は暇なもので、何かブログのネタにでも~なんて考えていると

便器古いんで交換しようと思い立った次第です(^^♪

極端に古くは見えませんが20年以上は経過しているので

交換しても良いぐらいの便器でもあるのは確かです。
便器取り外し完了
私は工事を手掛ける職人として生計を立てていますが

全ての事でいえるのではないかと思うのですが、多少の知識があれば

何とかなるものと、多少の知識ではどうにもならないもの

大抵はこの2通りのどちらかに当てはまるのではないかと思います。
床材を剥がします
その法則?から便器交換は多少の知識で何とかなる工事と判断しました。

設備工事の職人さんからしかられそうですが、便器交換でググってみても

多分何とかなる、という結論に行きつきます。

製品があり、それを取り付ける工事は比較的対応しやすく

長年の職歴の間に獲得した感覚を多用する作業は難しい。

私の経験上では、左官工事の外壁一面をモルタルを使ってフラットにならしていく作業

恐ろしいほどに感覚を使う作業ではないかと、勝手に思い込んでいます。^^;
新しい床材の端末処理
そんな前振り説明の間にもどんどん便器交換工事は進みます。
新規床材貼り付け完了
せっかく便器を交換するのであれば、古びた床材も交換したい

床貼り本職でなくても施工できそうな便利なものが

ホームセンターに売っていますね!
端末はシーリング^^;
ペンキ屋の性でしょうか?本来の床材貼り付けでは使用しない

端末シーリングを施工してしまいます。
便器の取付け位置を決めます
床材の施工が完了したので便器の取付位置をセッティングします。

新しく購入した便器には、あらかたの部品が梱包されていたのですが

床に空いている排水口と新しい便器の継ぎ目に当たる箇所に

取り付けるジョイント部品がセットになっていないので

慌ててホームセンターに購入しに行きました。

👆写真の排水口に取り付けてある白いスペーサーのようなやつです。。。
便器(下)を取付け
その部品が無いと取付が出来ない構造だったのですが

本業の人たちは、あのスペーサー?を大量に持ち合わせているのか?

なぜ?便器メーカーは一緒にその部品を梱包しないのか?

なぜだ?・・・なんて考えているうちに便器(下部)の取付が完了しました。
給水タンクを取り付けて
給水タンクに当たる便器(上部)も難なく取付け
ウォシュレットも取り付ける
ウォシュレットも取り付けます。
完了です!
施工完了!

最近の便器は水の使用量が旧型に比べてはるかに少ない!などと宣伝しているので

実際の使用量が楽しみです(^^


寺沢です!


本日は釣りに来ています!

最近海釣りは良いイメージが無かったので敬遠していたのですが

知り合いに誘われ久々の海釣りに来ました。
一月の海
寒々しい苫小牧近郊の砂浜。

けっこう人は来ているみたいです。
寒々しいが釣りを始めます
今日のターゲットはアメマス及びサクラマス。

サクラマスは時期的に厳しいとのことだったのでアメマスメイン。
ジグ、ミノーというルアーを使います
アメマスは川に住むイワナが海に降りたもので

体長は60cm以上にもなるそうで強烈なあたりを楽しめるそうです。
鉄製で40gあるジグ
アメマスはエサで釣るのは難しく、ジグやミノーという

鉄を魚の形に形成し着色したものを魚に見立て

エサ、及び縄張りに入った小魚とアメマスに認識させて

ジグに付けられた針に引っ掛け、釣り上げるという流れです。
ビュンと遠くへキャスト
海でのマス釣りは、魚がどこにいるのかわかりづらいため

浜辺を歩きポイントを変えて何度いや何百回!?もキャストし続ける

過酷な釣りです( ゚Д゚)
あれは?
当然、そんなに沢山釣れる魚ではないので辛抱や忍耐、あきらめない心が

必要になります。。。
クラゲ
朝から合計で8時間くらい粘りましたが釣果無し・・・

廻りでも一本もあがっていなかったので回遊していなかった可能性が高い。

とても寒いが、景色は綺麗でした。
景色は綺麗だが・・・寒い

このページのトップヘ