グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です!


札幌もようやく長い冬が明け雪解けも順調に進んでおります!

今年も3月末から塗替え工事がスタートするのですが

塗替え住宅の周りには若干雪が残っているので、足場仮設前に雪割りを行います。
西区八軒住宅の雪割り
一番最初にスタートするのが西区八軒住宅で現地に伺うと、建物周りの雪は
家の周りは雪が少ない
少なくなっていたが、屋根上にはまだ雪が積もっていて
屋根には結構の雪が残っている!?
積もっている雪をスコップで砕き、フラットにしておくことで雪解けを早めます。
雪を細か砕いていきます
良い感じになりました
屋根雪も細かく砕く
ほぼ同時に石狩市花川住宅も工事が始まるので雪割に伺うと・・・
石狩市花川住宅も雪割りしておきます
さすが、勾配屋根と思ってしまう量の落雪がある

この雪が自然に溶けきるには4月前半までかかりそうな量です^^;
建物裏の落雪量が凄い!
スコップでは全然進まないので用意したスノーダンプで

せっせせっせとお隣の空地へと雪を排出していきます。
スノーダンプで排雪です!
隣接している空き地は近隣の方々が排雪に使っているそうで

花川住宅の建物裏の排雪だけで、そこそこの大きさの雪山が出来ましたΣ(゚Д゚)
細かく雪も割っておく
着工1週間前くらいに雪割りしておくと、1週間後にはあらかた雪が解けているので

足場仮設がスムーズに進みます。

グリーンペイント寺沢です


本日は大塚刷毛主催のマルテーフェアという

塗装工事に関わる塗料店、工具メーカーなどが集まって

新商品説明や売り出し商品の大安売りなどが行われる年に一度のイベントに来ています。
マルテーフェア札幌会場
会場はアクセス札幌、いつもお世話になっている塗料店からの招待券が

2枚届いていたので職長斉藤氏と2人で行ってきました。

日曜日だったこともあり、かなりの人がいます
沢山の来場者が来ていますね
早速ブースを見ていくと、初めに目に入ったのがDOGYUというのぼりの土牛産業

土牛産業は関東横浜でお世話になっている曽根塗装店、店主曽根さんが

土牛産業の社長と商品開発について熱く語っている姿をまじかで見て

大手工具メーカーの社長がいち塗装店まで出向き意見交換しているとは

土牛産業の社長もとても仕事熱心な方だと思いますが

それにもまして曽根さんの人脈というか業界から寄せられる信頼の厚さに

驚いていたのをDOGYUという字を見て思い出しながらブースを後にします^^;
土牛産業は特殊な工具が多いですね
続いて大塚刷毛の新商品かな?【ふくろう】なる刷毛を販売員の方から説明を受ける

刷毛の厚みやこしもあり屋根塗装に合う良い刷毛でした。
屋根塗装によさげな刷毛
ぐるぐるブースをめぐり楽しくて時間も忘れてしまいますが

塗料コーナーに立ち寄り塗料メーカーの説明を受けていると

オスモ塗料のコーナーが目に留まり、オスモと言えば=自然塗料というイメージが

あるのですが自然塗料と聞くと耐久性は大丈夫なのだろうか?

と思ってしまいますがオスモ塗料の樹脂成分と顔料の説明を受けると

とても納得のいく内容で、その時に分かりやすく説明するための

砂時計のような見本が良くできていて写真を撮らせてもらいました。
オスモの説明はためになりました!
会場内を一通り見てから、ブオン~ブオオ~~ンッとオフロードバイクのような

いい音を響かせているブースに立ち寄ると・・・機会を背中に背負いこんだ人がいる
物々しい格好の販売員さんがいる
かなり目立ちます、近づいて観察すると発動機付きの研磨機のようで

背中のエンジンを動力に立ったまま研磨作業が出来る仕組みのようですね。
エンジン付き研磨機!
面白そうだったので私も装着させてもらって動かしてみると

マシンは思ったよりも軽く、夏場の公園などで草刈りをする機械と似た構造で

右手の肘あたりに当て具が付いているので草刈り機よりも安定性が良く

エンジン出力なので電動ディスクグラインダーよりも力があるように感じられます。
私もお試しで
前にこのタイプの機会を使っている同業者の方の話を聞いたことがあったのですが

その時はグリーンペイントでは使うことは無いだろうな~~などと思っておりましたが

試乗?ではない試運転?何だろう、実際に使ってみないとわからないもので

とても面白い機械でした。
これは!現場で使える!!
カタログやパンフレットそれから試供品を沢山頂き、最後には抽選券で

油そばと体重計を当てることが出来ました、体重計は大当たりだったかもしれません^^
沢山貰ってきました
これは大当たりか?
札幌も雪解けが進み、いよいよ春が近づいていますね~
アクセス札幌

グリーンペイント寺沢です


本日は屋根の雪下ろしに伺っています。
今日は屋根の雪下ろし
今年は雪が少ないのですが、それでも2月にもなると屋根に雪が積もっています

勾配屋根と違い平屋根、スノーダクト屋根は建物周りに雪が落ちないので

敷地を駐車場などに有効活用できるのは良いのですが

屋根の雪が自然に落ちることは無いので、どんどん積もってしまいます。
雪下ろし箇所の窓はコンパネで養生します
サラサラと降っている雪は重量もなく軽いので影響なく思えますが

それが積もり、溶けて締まった雪になってくると急激に重くなります
80㎝位は積もっているかな
最近の住宅は積雪に十分耐える構造にはなっていますが、建物が古くなってくると

1mを超す積雪を放置すると室内の建具建付けが渋くなったり

屋根トタンのハゼ締め部に影響して、雪解け水による雨漏りなども起きるようで

屋根積雪は1mを境に雪下ろしを行うタイミングになります。
3分の1位は終わりましたか
屋根トタン上の雪はとても滑り、特に屋根端部などで足を滑らすととても危険です。

また、雪下ろしの際に除雪道具で屋根トタンに傷をつけることがあるので

ギリギリまで雪をとってはいけません。
屋根に傷がつかないように15cm位は残します
グリーンペイントでは大型の除雪道具で素早く除雪するので、短い時間で

完了しますよ!札幌の平均相場と比較してもお安く屋根雪下ろしを行っておりますので

ご用命の際は是非ともグリーンペイントにお電話下さい!
綺麗になりました

グリーンペイント寺沢です


今年は寒さは厳しいけれど雪は少ないですね。

冬期間は塗装の仕事が少なくなるのでグリーンペイントでは

除雪の仕事もさせてもらっています。

今回は屋根から落ちた雪、落雪の除去作業ですが

三角屋根は建物側面2箇所に集中して雪が溜まるので、雪の少ない今年でも

これだけ積もってしまうようです。
三角屋根は落雪が溜まります
これ以上雪が溜まると、窓ガラスの破損や破風板、屋根端部が損傷することが

あるので除雪しておいたほうが安全ですね。

屋根からの落雪は積もり重なった雪なので、重たくしまった雪で

中には氷の層もあったりと平地に積もった雪と比べて除去にかかる時間が

多くなってしまいます。
落雪は氷や水分を含んでいるので重い
剣先スコップで圧雪を砕きながらスノーダンプで運び出していく作業を繰返し

2名で1時間30分で作業完了、ここまで除去しておけばこれから大雪が

降ったとしても除雪前の高さまでになることは無いでしょう。
綺麗になりました!
グリーンペイントでは冬期間、高所作業の屋根の雪下ろし、落雪除去

危険な雪庇除去作業など行っており、作業金額は札幌平均相場よりも

安い設定でご提供させて頂いておりますので

ご用命の際は是非グリーンペイントにお電話ください!

最後の後片付けは時間外で行いますのでご安心を^^



グリーンぺイント寺沢です


前回スズカファインの新商品説明会に行ってきたばかりで

立て続けに、水谷ペイントの説明会にも顔を出します。
水谷ペイント会場
場所は札幌コンベンションセンター、会場はスズカに比べて小さめ^^;

参加人数もスズカの半分もいないように見られます。
スズカファインよりも規模が小さいですか
水谷ペイントは工場などの床用塗料【ボウジンテックス】が有名で

大手ゼネコンの仕事をしていた時は良く使っていましたが、私自身が塗り替えメインの

仕事が中心になってくると当然、塗替え工事で使用する塗料に詳しくなっていき

新築工事や公共工事では○○塗料がシェアを占めてラインナップも充実していたが

塗替え工事ではイマイチだったりと、塗料メーカーには専門分野があったりします。

そんな中でも、この水谷ペイントというメーカーは精力的といいますか

真面目に一生懸命頑張っている塗料メーカーというイメージを私は持っています。
カタログ、説明
私はよく、各塗料メーカーの塗料相談室なるものに電話をして

各メーカーの塗料説明を伺うのですが、その中でも水谷ペイントの担当者の

知識量、消費者のニーズに合わせようとしてくれる姿勢には

感謝しきれません!いつもありがとうございます水谷ペイントさん!!

商品説明会の内容は・・・かな~り深いディープな内容とでも言いますか

スズカファインさんは一般的な商品説明会という感じでしたが

水谷ペイントさんは原子の電子配列などを説明してくれます!
ラジカルとは?濃い内容ですね~
塗装工の私には原子を詳しく理解する知識を持ち合わせていませんが

仕組みはザックリですがわかります、塗装工が原子核や陽子

(ヨウコではなくてようし(;^ω^))などを詳しく知る必要はきっと無いはずです^^;

この手の話をすると必ず思い出すのが光触媒です。。。

原子や酸化チタン、云々かんぬんが反応して汚れを落としていく光触媒でしたが

初めて聞いたときは凄い物が出来たのか!と驚き、驚きのままに仕組みを

ザっと調べると、光と反応して酸化チタンが基材を分解して?分解されたものと

一緒に付着した汚れも取れていく?ということは・・・

基材を分解=浸食する?大丈夫なのか?などと思っていたら光触媒は

大手メーカーが撤退してしまった。。。結果は大丈夫では無かったようです(*_*;
光触媒のシステムは無理がある
脱線したので話を戻します、新商品のラインナップも魅力的なものが多く

水谷ペイントさんの誠実そうな社風に触れ、あらためて

お客様のニーズとは?塗替え工事においてお客様は何を強く求められているか?

塗料販売もそうですが工事においても、そのことを考えて仕事をしていかなくては

いけないなと考えさせられる説明会でした!
札幌コンベンションセンターで開催していました



このページのトップヘ