グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ: 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です


本日は、去年施工させて頂いた豊平アパートのオーナー様から

「建物裏面の換気口廻りがボロボロになってきたんだが

これは塗装による影響なのだろうか?」とのお問い合わせに

すぐさまピ~ンとくるものがあったので現地に急行します!
去年施工させて頂いた豊平アパート
予想通りに換気口廻り、そしてこの換気口は浴室排気用の換気口。
この換気口廻りだけボロボロに!?
見覚えのあるボロボロ具合です。。。
剥がしてみます
既存のサイディングと同じ板は廃盤になっています。

そのため近似サイディングを使うことになることが予想されるので

極力見た目の影響が出ないようコンパクトに下地垂木に合わせてカットします。
換気口を外しただけで凄いカビ!!
換気口廻りには強烈なカビがこびりついています。
サイディングの裏側
剥がしたサイディングの裏側です。

サイディングの上部に向かってカビが広がっているのが分かります。
グロテスクなカビの接写^^;
カビのマクロ撮影です・・・気持ち悪いですよねm(__)m
原因はこの写真でわかります
このような問題が起きた原因は👆の写真!

排気管とサイディングの隙間を塞がなかった為に

排気管から出てきた浴室の湿気を多く含んだ排気が換気口裏側にあたり

換気口下からの排出が間に合わず、この隙間からサイディング内部に侵入

塗装防水処理されていないサイディング裏側に湿気が浸み込み

含水率の高くなっているサイディングが冬期に膨張爆裂したということです。。。

犯人はあなただ!新築施工時の空調設備工さん!!
現場施工管理者もね|д゚)
理由が分かったので新たにサイディングを張ります
他の換気口廻りに問題が起きていない理由として考えられること

※ この換気口のみシーリングするのを忘れた⇒他はシーリングしてある説

※ この部屋の浴室使用方法がほかの部屋と比べて高湿度になりやすい説
排気管の隙間
この隙間を埋めておかないと同じ事が起こりますΣ(゚Д゚)
シーリングで確実に塞ぐ
この作業が大切だったということです
しっかりシーリングで埋めたのでサイディング裏側に湿気が回り込むことは

今後ないでしょう。
既存換気口を取付け
換気口を戻して
シーリングを施工して完了!
換気口廻りもシーリングしておきます。
サイディングに下塗りシーラー塗装
下塗りシーラー塗装⇒中・上塗りと塗装して完了です。


何故?塗装前にはあのようなボロボロになる欠損が発生していなかったか?

とても微妙なバランスが保たれていたと思うのですが

塗替え塗膜には透湿性という湿気を外に逃がす機能が備わっていますが

塗装前と塗装後では、塗装後の方が塗装膜厚が厚なる分だけ透湿性能は

どうしても低くなってしまいます。

既存サイディングに施されていた劣化した塗膜だとギリギリ湿度を放出

出来ていたのだが、塗替えによって塗膜が厚くなり湿度放出量が減り

入浴の度にサイディング裏側から水分を吸い含水率の高くなったところで

冬期の寒冷による凍結爆裂が塗装後1年目で発生したと考えられます。






グリーンペイント寺沢です


本日は当店で8年前に屋根塗装工事を施工させて頂いたお客様からの

再度屋根塗装見積り依頼で伺っております。
北区新琴似住宅
8年前の屋根塗装の2年後に外壁塗装も施工させてもらいました

今回は屋根塗装の見積りですが、せっかくなので外壁の状況も確認します。
外壁施工後6年経過
窓下の伝い水防止水切りの効果で余筋汚れ無し!
※もっとわかりやすい写真を用意しないといけませんね^^;
南面でも艶はバッチリ残っています
劣化が進みやすい南面の外壁ですが6年経過時点では

艶の低下は発生していませんね。

水性シリコン塗料を上塗りに使用しましたが高耐候性が証明されます。
窓廻りシーリングも断裂無しです
続いてシーリング施工です。

窓廻りにとても太く厚みを持たせて施工してあります

シーリングは幅が太く、厚みがあると耐久性が格段に高くなります。

悪いシーリングは薄く施工したシーリングで

ボロボロに断裂しているシーリングは大抵が薄く施工されています。

想定ですがこの分厚いシーリングが断裂、浸水し始めるまでには

ノーメンテナンスでも15年以上の経年劣化が必要ではないかと考えます(^o^)/
屋根はそろそろ塗替え時期ですね
最後に屋根の状態ですが、外壁に比べて屋根は劣化しやすいのも含めて

8年経過で表面の艶はかなり低下している状態です。

剥がれやサビは発生していないので今回見積りでは全面錆止めの必要も無く

屋根全面研磨下地処理後にサビ止め塗装タッチアップで対応できます。

前回屋根塗装時は全面錆止め塗装後の仕上げだったので

今回の屋根塗装金額は前回よりもサビ止め塗装料金分安い

見積りとなります。


適正な作業を行うと、次回メンテナンス時の作業も軽度の物となり

それがお客様に負担の少ない見積り金額となり、再発注も頂くことが出来

お客様、施工業者両方に良いサイクルが生まれると考えております。

グリーンペイント寺沢です


ようやく札幌にも春が来てくれました!

まだ雪は残っていますが最低気温が-0℃くらいになってくれると

凍結防止の為、自宅に移動していた水性系の塗料類を倉庫に戻すことが出来ます。
自宅保管場所からダイナ号で倉庫へ移動
昨今は、塗装工事における臭いの問題から弱溶剤塗料を使うことが

難しくなってきて、グリーンペイントでも水性塗料の使用率が高くなってきました。
水性塗料が増えました
それに伴い、水性塗料の塗料缶数も増えていきダイナ号荷台の3分の1位が

埋まるくらいの塗料缶数になっています。
元の棚に戻します
グリーンペイント倉庫は札幌市内でもかなり寒いところにあり?

ちょうど北区新琴似のとなりにある新琴似町なのですが

新琴似の道路が凍結していない時でも新琴似町の道路は凍結している

なんてことが良くあるんですよね。^^;


冬期間は間違いなく水系塗料は凍結するので11月後半あたりで

自宅に仮置きするのですが、年々増える塗料で自宅の置き場に置ききれず

部屋にまで塗料缶を置く始末です(;^ω^)
整頓完了
所定の棚に整頓し、ようやく仕事準備が整ってきました!

グリーンペイント寺沢です


本日は「アパートの屋根から漏水があったので見てもらえないだろうか?」

との依頼を受けて現地に来ています。
マンションが立ち並ぶ
アパートの屋根
3月に入っていますが屋根上の雪はまだ残っています。
3月ですが積雪がありますね
深い所では50㎝位あるでしょうか
雪を掘り起こしてみると
雪を取り払うと木製スノコが腐ってダクト内に散らばっています。
水が溜まっています
そして排水口にはカバーがおいてあり
排水口カバーの目が詰まっています
カバーは泥で目詰まりをおこしています。
勢いよく流れ出した
カバーを外すと一気に流れ出しました。
ダクトの中のゴミをかきだす
ダクト内の木片等を掃除して
綺麗になりました
綺麗な状態になりました。
廃材をロープで荷降ろし
腐ったスノコや木片、泥を下へ荷降ろし
ダクトカバーの取付け
排水口周りに新しくカバーを取り付けます
頑丈に取付できます
このタイプのカバーは取付がしっかりしていますね
アルミタイプなので耐久性も高い
アルミ製なので耐久性も抜群です。
中はこんな感じです
排水口から左右1.5mをカバーで塞ぐ形です。
凍結防止の為雪をかぶせておきます
この時期はまだ凍結の恐れがあるので雪をかぶせておきます。

漏水原因は排水口に取り付けたカバーが目詰まりし

ダクト内に水が溜まりオーバーフローしたことが原因と考えられました。

グリーンペイント寺沢です


本日は2009年6月にグリーンペイントで住宅塗替え施工させて頂いた

お客様からのリピート見積り依頼でお伺いしています。
2009年6月に施工させて頂きました
10年以上経過していますが施工時のことははっきり記憶しています。

建物正面側のサイディング面、目地と凸部の色相が違いすぎて

凸部オーカー色が透けて仕上がらなかったな~などと。。。
サイディング面の状態
サイディング面は南西面にあたり、直射日光が最も強く当たります。

その割にはすこぶる状態が良い!?
南西面ですがチョーキングが無い!?
黄色系の顔料はそれほど耐候性が強くなく、むしろ劣化退色しやすい色

と認識していましたが・・・

ほとんどチョーキングしていない状態で、10.6年経過するとは。。。

2液混合型弱溶剤ウレタン塗料としては素晴らしい成績ではないかと思います。
シーリングの断裂もほとんどありませんでした
シーリングも外壁塗装と同時に打替えしたのですが

大きなひび割れ等も無く、全体として状態は良かったです。
モルタル面は北東面になります
北東面はモルタル仕上げとなっているので水性シリコン塗料を単色塗装しました。
直射日光が少ないので艶が残っています
北東面ということもあり、かなり艶が残っている状態でした。


全体的に大きな劣化も無く、経過年数からも、良い状態を保っていると思います。

2液ウレタン塗料の場合ここまで劣化が少ないことは稀ですが

なににせよ状態が良いということはとても喜ばしい事であります。^^




このページのトップヘ