グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です


今日のこの一枚!
ふと見ると違和感があり
屋根見積り中にお隣のアパートに違和感を覚え

見てしまうと・・・大胆に露出された違和感の原因が
おおっ、これは!
塗装工にとって色々なシチュエーションを掻き立ててくれる状態になっています^^;

あまりジーーとみていると不審なので素早く確認用写真を3種類撮り

後でゆっくりと考察してみようなどと思い



シンプルに考えて塗装店が屋根塗装を請け負ったのだが途中まで塗装し

材料がなくなったので塗り残した。


オーナー様が安く済ませようと自前で塗装したが、途中で材料か根気の

どちらかが尽きてしまい塗り残した。


ここら辺がシンプルに考えられるですが
考えさせられる
さらに寄って確認すると違和感が強くなっていきます。

塗装済み?と思われたトタンにもサビが発生しているようです?

このような塗り残し塗装をする状態なので下地処理研磨、錆落としを

簡易に施工したのでサビが早期に再発したなどとも考えられますが

外壁の塗装劣化程度で、色が抜け落ちるほどの劣化をしている。

新築から20年以上経過しているのではないかと思われ

建物形状やこの地区の造成開始時期から考えて

新築から現在までノーメンテナンスではないかと?


3枚目の写真をクリックしてしてもらうと確認しやすいのですが

中央のダクトから上側のトタン、立上り部位のシーリング

このシーリングは高劣化部位と低劣化部位に同じように施工されている

塗装した場合シーリングは着色されます。

また屋根塗装においては塗装後の後打ちシーリングは聞いたことがありません。


結論=この屋根は新築から現在まで塗替え未塗装の状態で

何らかの理由で耐候性能の違うトタンを使用した部位がサビサビになっている。

経過年数20年以上であれば通常の亜鉛メッキ鋼板がこれくらいサビるのは普通で

サビていないほうのトタンが何なのか?ガルバリウムだろうか?

磁石を当てるとすぐわかるのですが勝手にそんなことは出来ないので

推測の域を出ることは出来ません。


オーナー様がアパート新築時に耐候性の高いトタンを注文したが

工務店下請けの屋根板金施工店が当初の発注では足りなくなった高耐久性トタンを

すぐ手に入る同色の通常トタンを施工し誤魔化したのが20年以上経過して露見した。

直接受注の元請けになる工務店は知らなかった、あるいは黙認したか。。。

犯人はあなただ屋根板金施工店さん!。。。なんてね(;^ω^)


アパートオーナーさんに屋根劣化を知らせてあげたいが

きっと不動産会社が仲介に入っていて、メンテナンス管理も行っているはずなので

もめるな・・・と。。。こんなことを考えながら悶々と自問自答( ゚Д゚)
KIMG1194

グリーンペイント寺沢です。


グリーンペイントでは工事の時に、外部電源が取れないようなシチュエーションで

発電機を使用して電動工具を使えるようにしているのですが

それほど使用頻度が高くないので

そろそろメンテナンスしておくか、ということでエンジン始動しようとすると

「やたらとスターターが重いぞ!?」

「私の力が落ちたのか?・・・いや!そんなことはないさ!」

こういう時は思い切りが大事ですよ!と言わんばかりに思い切り引っ張ると・・・

ブチリッ!?っとスターターヒモが切れた!!
グリーンペイントの発電機・・・
このヒモってこんな簡単に切れるんかい!?

確かに思い切り引っ張りましたが。。。

ヒモの断裂面を観察すると何やら摩耗して擦れた跡があります。
ヒモが切れている!
どうやら一部が擦れ続けて劣化した箇所からちぎれたようです。

慌てて【スターターヒモ?の交換】でググってみると

ホームセンターに売っている普通のヒモとほとんど変わらないらしく

太さと材質が適合すれば良いとのことで、直ぐに新品を買ってきました。
とりあえずヒモは買ってきたが・・・
見よう見まねでグリップにヒモを通してグルグル回るコイル部にも通そうとすると
スターターの構造
直感ですが、きっとこのねじまきコイルはヤバい奴だと・・・
このバネはいじると大変なことになるそうです
ヤバそうな臭いがするので、さらにググると

このコイルをこの穴から出してしまうととんでもないことになるので

素人は絶対に出さないよう細心の注意を
、とのことでした。。。

このような物の修理で細心の注意などというストレスのかかる行為は

出来ることならしたくはなかった、などと後悔を感じ始めながら^^;
グリスが必要なようで
念のためにグリスを追加して型枠に沿ってヒモを入れていきます
ストッパーも大丈夫です
グリップのストッパーもしっかり効いています。
一応は復旧したが・・・
見事に復旧しました!👏・・・とはいかず

形はそのように整ったのですが、いざ取り付けて引っ張ると

引っ張ることは出来るが巻き戻しが途中で止まってしまいます。

何時間も微調整をしましたが最終的にはリタイアを余儀なくされました(*_*;

途中コイルに何らかの仕掛けがあるような所まではわかったのですが

近くの大型ホームセンターに行き、「困っているんですよ~」と相談すると

「ちょっと貸して」ガチャガチャガチャ「はい直ったよ」とΣ(゚Д゚)

「コイルの調整は素人では難しいね~」とのこと

さらに、なんと! 「数分の仕事だったのでただでいいよ」って

カッコよすぎます!あのさりげない仕草カッコよすぎました。

あんな風になりたい。。。と思う43歳の冬でした( ゚Д゚)
冬は続く・・・


グリーンペイント寺沢です


本日は6年前に外壁、屋根塗装を施工させて頂いた北区新琴似住宅へ

勾配屋根から落ちた落雪除去作業でお伺いしています。
6年前に施工させて頂いた新琴似住宅
急勾配屋根で屋根面積も大きいので落雪が窓の高さを越えてしまうことから

落雪除去が必要になり、去年に引き続き今年もご依頼頂きました。
去年も除雪で伺いました
除雪に関しては去年よりも雪が少なかったせいか、去年よりも作業時間が短く

2名で1時間の作業でした。
こんな感じで落雪除去
除雪作業が終わった後、6年前に施工させて頂いた外壁、シーリングの

チェックをしてみました。
6年経過でこの艶は優秀
午前中の作業だったので日が当たっていたのは東南面になるのですが

そこそこの直射日光を浴びているものと思われますが
東南面なのでそこそこ日差しは強い
チョーキングは皆無で、塗装後と同等の艶が維持されていると思います。
施工後とほとんど変わっていない艶
弱溶剤2液混合型シリコン塗料を上塗りに選定したのですが

塗装膜の厚みも感じられ、表層からの劣化が起きる気配はありません。
シーリングも良好です
窓廻りシーリングにも断裂なども無く、現在グリーンペイントで使用している

シャープ化学㈱の商品は他社シーリングで発生していた

シーリングのねじれ跡?のようなものも発生しないので安心です。
軒天井の剥がれも無く良好な経過です^^
軒天井は塗装剥がれが発生しやすいのですが、施工では

高圧水洗浄で軒天井浮き塗膜は全て除去し、エポキシ浸透シーラーの塗装後に

軒天井に適した透湿性の高い塗料を上塗りに使用しているので

塗装膜剥離も無く良好な経過でした。


グリーンペイント寺沢です


今年も冬期間限定で開催される塗料メーカー各社の説明会へ

参加させて頂きました。
去年と同じ札幌コンベンションセンター
ハイソリッドシリコン屋根塗料PSマイルドSコートの塗料メーカー

水谷ペイント㈱の説明会、去年と同じ札幌コンベンションセンターです。
水谷ペイントマスコットキャラクター?
会場入り口には水谷ペイントのマスコットキャラクター?がいました

去年はいなかったような気がしましたが、会場の場が和む感がありますね。
参加者も去年と同じくらいでしょうか?
説明会参加者数は去年と同じくらいでしょうか

水谷ペイント㈱は塗料の成分をマニアックに解説したり

業界のつっこんだ話が聞けるので個人的に楽しみな塗料説明会です^^
新商品!!という目新しさは特になく^^;
画期的な新商品が出ました!という趣旨の説明会ではなく

商品ラインナップは去年と変わりない感じでしたが
この情報が知りたかった!
当店で取り扱っている屋根用塗料のPSマイルドSコートの説明もありました

トップコート1回塗りで2回塗りと同等の膜厚が確保できる高固形分塗料なのですが

厚膜仕上げの為、夜露による艶引け、白化現象への対応に苦労しましたが

新型塗料は硬化促進剤の添加でより完成度を高めたようです・・・が

PSマイルドSコートの表題の横にある「見た目が重要!」ってΣ(゚Д゚)

「見た目も重要^^」や「見た目は重要(^o^)/」の方がまだ良いのでは~?

見た目が重要と書くと、見た目しか良いところがないと思いませんか?^^;


説明会の後に、いつもお世話になっている塗料販売店担当の方から

水谷ペイント㈱の塗料開発部?の責任ある方との席を用意していただき

PSマイルドSコートの詳しい解説を聞かせて頂くことが出来ました。

説明会資料の作成者は「見た目が重要!」なんて書いていましたが

高固形分塗料=ハイソリッド塗料は2液混合型塗料で主剤と硬化剤からなり

ほとんどの塗料で、主剤より硬化剤の方がグラム当たりの単価が高く

硬化剤は主剤よりも高価な材料であり、PSマイルドSコートの硬化剤量は

通常2液混合型屋根塗料の2倍の量を使用することからだけでも

原材料費の高い塗料だということが分かります、さらに

原価の安い基材顔料の配合率が低い等々・・・

難しくなってしまうような話ばかりをたくさん聞くことが出来ました!


結論=PSマイルドSコートは原価の高い高品質な成分を多く使っている

塗料メーカーとしてはそれほど儲けの出ない塗料ではあるが

施主様には費用対効果の高い優秀な塗料であります!とのことでした。^^
大きな建物ですね~





グリーンペイント寺沢です


サイディングの目地や窓廻りなんかに施工されているシーリング

10年~位を目安に、劣化したシーリングを交換する必要がありますが

グリーンペイントでは過去にさかのぼる事15年以上前から

シーリング性能というものを追求してきたつもりです。


シーリングは施工業者による施工方法は勿論ですが

シーリングメーカーごとの特徴というか、長所・欠点を調べていると

最大手メーカーだからと言って最も良い商品とは限らないんですよね

塗料でも同じなんですが、どれだけ現場を知っていて

現場では実際に何が問題になっているのか?

そんなことを地道に追求しているメーカー開発者がいる会社の商品は

じつに現場の要求が分かっていて、それに対応できる商品を揃えている。
新しいタイプのシーリング
国内出荷量が多いからと言っても鉄筋コンクリート製のマンションや

土木工事、工場用シーリングなどの対応に力を入れている大手メーカーでは

私達が必要としている、住宅塗替えのシーリングはイマイチだったりなんてことが多く
シャーピーシールソーセージ
グリーンペイントで使用しているシャープ化学工業株式会社の

変性シリコーンNB―LMシャーピーシールは商品性能、価格、使用感

そして何よりの3、5、8年経過した時点での耐久性と品質保持性能が

他社メーカー品と比べてとても優れている!特に塗装工事との相性が

抜群に良いシーリングだと実感を持っています。
こんな感じのパックタイプ
そんなシャーピーシールがこの度、フィルムパックタイプのソーセージ型を

販売したので早速購入しました。
容量は590ml
通常のカートリッジタイプは内容量が320mlの所このソーセージタイプは

590mlとほぼ倍の容量になっている。
専用ノズルが3個入っている
ソーセージタイプは容量が多いのでカートリッジの詰め替え作業が減り

廃棄カートリッジも小さくたたむことが出来るので廃棄コストも減らす

ことが出来ます。素晴らしい!
専用ガンにパウチを詰める
専用ガンにスポッと入れて
ノズルを取り付けて
専用ノズルを取付けて
蓋をすれば完了
キャップを締めるだけという簡単さ・・・
↑ソーセージ先端を切ってないだろ!とは言わないで^^;サンプルということで
英国か!^^;

さらに嬉しいことに今回のソーセージタイプ販売企画として

○○本買うとパワーフローガンを一丁プレゼント!(おひとり様3セットまで)
アルミ製専用ガン
すかさず3セットをゲットさせて頂きました!

シャープ化学工業㈱様いつもありがとうございます!!

作業効率がどれくらい向上するか、多角的な視点で使っていきたいと思います。

このページのトップヘ