グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です


室内漆喰塗装の続きです。

前日に塗装したシミ止めシーラーは乾燥が重要な塗料なので

次の日にシックイ塗料1回目を塗装します。
シックイ塗装1回目
お客様が指定された色はアレスシックイ標準色の若竹色で

淡いグリーン系のきれいな色です。
色は若竹色指定で薄いグリーン色
シミ止めシーラーも白色だったこともあり、最初の黄色いヤニの色は

大分抑えられていたのでシックイ1回目塗装でほぼ下地の色は

隠すことが出来ました。

驚いたのは前日塗装したシミ止めシーラーが乾燥した後は

かなり強くタバコのヤニ臭が残っていたのですが

シックイ1回目塗装を塗り終えてからは

明らかに部屋の匂いが弱くなっている?

というよりヤニ臭がほとんどしなくなっている!
1回目塗装完了
そんな良い驚きとは裏腹に、あまりよろしくない驚き→シックイ塗料はとても乾燥が早い

「恐ろしいほどの乾燥スピード」とでも表現しましょうか^^;

次工程に取り掛かるには良い特徴なのですが

塗装していてドキドキさせられるような塗料であることを事前に説明しておきます。

期待と不安のシックイ2回目塗装を進めていきます(;^ω^)

シックイ塗料は通常塗料と逆で塗料状態の方が色が濃い

乾燥すると白っぽくなるようで、これもシックイ成分が影響しているからなのか?
シックイ2回目塗装
シックイ塗料は塗ったときの方が色が濃い?
などと色の事などを気にしていると、ナニィィッーー!?

と驚くほどの乾燥性?乾燥というより下地に水分が吸い込まれているかのような

驚異的な渇きです!砂に水がしみこむような←これは言い過ぎ^^;

とにかくシックイ1回目塗装膜がシックイ2回目塗料の水分をグイグイ吸い込むようで

大慌てで塗装することになってしまいました。
みるみるうちに水分が無くなっていく!?
前回のシックイ塗装ではトイレのみの塗装だったので壁面が小さく

それほど意識しなかったのですが、壁面が大きくなると

その恐ろしさを思い知ることとなったのでした。。。

そんなシックイ2回目塗装も無事完了し、養生をはがしてから・・・

ハッキリと感じます、臭いが消えている!タバコのヤニ臭がまるで無くなった!
施工完了
けっして関西ペイント、アレスシックイ担当者から賄賂を貰っている訳ではありません^^;

何も貰っていなくても宣伝したくなるほどの消臭効果ですよこれは!

部屋の臭い等でお困りの際にはアレスシックイ塗装を是非ご検討ください!
驚くほど匂いが消えています!
その他にも湿度調整機能や抗菌、抗ウイルス機能も備えているようなので

お部屋のリフォームにお勧めですね。





グリーンペイント寺沢です


本日は外壁塗装ではなく住宅室内塗装の施工記録をご紹介させて頂きます。
北区屯田住宅室内
基本的にグリーンペイントでは春から秋にかけては外部塗装をメインに施工していて

冬期間に内部塗装を施工させて頂いております。

丁度今回はギリギリのお申し込みで色の選定に時間がかかった経緯で

4月に内部塗装を施工させていただく形となりました。

施工させていただく部屋は、間取り6畳でタバコのヤニがひどくなったので

消臭効果を期待しての漆喰塗装をお申込みいただきました。
タバコを吸っていたそうで部屋が黄色くなっています
元々は白かったクロス壁がかなり黄色く変色している状態で

部屋全体にタバコの匂いが残っている感じです、天井フクビなどにもタバコヤニが

付いているので塗装前にしっかりヤニ落とししておきます。
天井フクビも黄色くなっています
フクビは塗装前に清掃しておきます
白くなった^^
塗料が付くといけないところはビニールで養生していくのですが

同時にクロスの破れや浮きなども補修材を充填しておきます。
クロスの隙間なども埋めておきます
室内すきま埋めと言えばボンドコーク!を一番初めに思い出してしまう・・・

大手塗装店勤務時代に先輩職人さんが

「ボンちゃん持ってきてくれ!」、「ボンちゃん持ってき~て~」と何度も何度も

言われた影響からか、どうしてもボンドコークを連想してしまいます。。。

セメダイン、かべシール^^;でしっかりと隙間や浮きを補修しておき
ボンドコーク等、これはかべシールでした
部屋全体に付着しているタバコのヤニ、このヤニ処理を間違えると大変残念な

仕上りになってしまうので注意が必要です。
ヤニ止めシーラーとアレスシックイ
タバコのヤニは水溶性で通常シーラーでは乾燥前の塗装したシーラー内に

ヤニが溶け込み?シーラー乾燥後にシーラー塗装膜表面にヤニが出てくるのです!
まずはヤニ止めシーラーを塗っていきます
そして、その上に塗った中塗りの上にもヤニが顔を出し、上塗りの上にまで

顔を出す( ゚Д゚)水性塗料を塗り続ける限り永遠にヤニが出続ける・・・

永遠かどうかは試したことが無いので確証はありませんが^^;

しつこくしつこく出続けるのは間違いありません!

なので各種ヤニ類を止めることに特化した水性シーラーを塗装します。
しっかりヤニを止めましょう
弱溶剤系のヤニ止めはとても強力なのですが匂いがきつく室内には向かないので

水性ヤニ止めシーラーを使用するのですが、このシーラーは使用方法を誤ると

ヤニが止まらないことが多々あり、塗装後の乾燥時間が短いとヤニが再発します。

ヤニ止めシーラーはしっかり乾燥させることが大切です。
ヤニ止めシーラー塗装完了




グリーンペイント寺沢です!


札幌もようやく長い冬が明け雪解けも順調に進んでおります!

今年も3月末から塗替え工事がスタートするのですが

塗替え住宅の周りには若干雪が残っているので、足場仮設前に雪割りを行います。
西区八軒住宅の雪割り
一番最初にスタートするのが西区八軒住宅で現地に伺うと、建物周りの雪は
家の周りは雪が少ない
少なくなっていたが、屋根上にはまだ雪が積もっていて
屋根には結構の雪が残っている!?
積もっている雪をスコップで砕き、フラットにしておくことで雪解けを早めます。
雪を細か砕いていきます
良い感じになりました
屋根雪も細かく砕く
ほぼ同時に石狩市花川住宅も工事が始まるので雪割に伺うと・・・
石狩市花川住宅も雪割りしておきます
さすが、勾配屋根と思ってしまう量の落雪がある

この雪が自然に溶けきるには4月前半までかかりそうな量です^^;
建物裏の落雪量が凄い!
スコップでは全然進まないので用意したスノーダンプで

せっせせっせとお隣の空地へと雪を排出していきます。
スノーダンプで排雪です!
隣接している空き地は近隣の方々が排雪に使っているそうで

花川住宅の建物裏の排雪だけで、そこそこの大きさの雪山が出来ましたΣ(゚Д゚)
細かく雪も割っておく
着工1週間前くらいに雪割りしておくと、1週間後にはあらかた雪が解けているので

足場仮設がスムーズに進みます。

グリーンペイント寺沢です


本日は大塚刷毛主催のマルテーフェアという

塗装工事に関わる塗料店、工具メーカーなどが集まって

新商品説明や売り出し商品の大安売りなどが行われる年に一度のイベントに来ています。
マルテーフェア札幌会場
会場はアクセス札幌、いつもお世話になっている塗料店からの招待券が

2枚届いていたので職長斉藤氏と2人で行ってきました。

日曜日だったこともあり、かなりの人がいます
沢山の来場者が来ていますね
早速ブースを見ていくと、初めに目に入ったのがDOGYUというのぼりの土牛産業

土牛産業は関東横浜でお世話になっている曽根塗装店、店主曽根さんが

土牛産業の社長と商品開発について熱く語っている姿をまじかで見て

大手工具メーカーの社長がいち塗装店まで出向き意見交換しているとは

土牛産業の社長もとても仕事熱心な方だと思いますが

それにもまして曽根さんの人脈というか業界から寄せられる信頼の厚さに

驚いていたのをDOGYUという字を見て思い出しながらブースを後にします^^;
土牛産業は特殊な工具が多いですね
続いて大塚刷毛の新商品かな?【ふくろう】なる刷毛を販売員の方から説明を受ける

刷毛の厚みやこしもあり屋根塗装に合う良い刷毛でした。
屋根塗装によさげな刷毛
ぐるぐるブースをめぐり楽しくて時間も忘れてしまいますが

塗料コーナーに立ち寄り塗料メーカーの説明を受けていると

オスモ塗料のコーナーが目に留まり、オスモと言えば=自然塗料というイメージが

あるのですが自然塗料と聞くと耐久性は大丈夫なのだろうか?

と思ってしまいますがオスモ塗料の樹脂成分と顔料の説明を受けると

とても納得のいく内容で、その時に分かりやすく説明するための

砂時計のような見本が良くできていて写真を撮らせてもらいました。
オスモの説明はためになりました!
会場内を一通り見てから、ブオン~ブオオ~~ンッとオフロードバイクのような

いい音を響かせているブースに立ち寄ると・・・機会を背中に背負いこんだ人がいる
物々しい格好の販売員さんがいる
かなり目立ちます、近づいて観察すると発動機付きの研磨機のようで

背中のエンジンを動力に立ったまま研磨作業が出来る仕組みのようですね。
エンジン付き研磨機!
面白そうだったので私も装着させてもらって動かしてみると

マシンは思ったよりも軽く、夏場の公園などで草刈りをする機械と似た構造で

右手の肘あたりに当て具が付いているので草刈り機よりも安定性が良く

エンジン出力なので電動ディスクグラインダーよりも力があるように感じられます。
私もお試しで
前にこのタイプの機会を使っている同業者の方の話を聞いたことがあったのですが

その時はグリーンペイントでは使うことは無いだろうな~~などと思っておりましたが

試乗?ではない試運転?何だろう、実際に使ってみないとわからないもので

とても面白い機械でした。
これは!現場で使える!!
カタログやパンフレットそれから試供品を沢山頂き、最後には抽選券で

油そばと体重計を当てることが出来ました、体重計は大当たりだったかもしれません^^
沢山貰ってきました
これは大当たりか?
札幌も雪解けが進み、いよいよ春が近づいていますね~
アクセス札幌

グリーンペイント寺沢です


本日は屋根の雪下ろしに伺っています。
今日は屋根の雪下ろし
今年は雪が少ないのですが、それでも2月にもなると屋根に雪が積もっています

勾配屋根と違い平屋根、スノーダクト屋根は建物周りに雪が落ちないので

敷地を駐車場などに有効活用できるのは良いのですが

屋根の雪が自然に落ちることは無いので、どんどん積もってしまいます。
雪下ろし箇所の窓はコンパネで養生します
サラサラと降っている雪は重量もなく軽いので影響なく思えますが

それが積もり、溶けて締まった雪になってくると急激に重くなります
80㎝位は積もっているかな
最近の住宅は積雪に十分耐える構造にはなっていますが、建物が古くなってくると

1mを超す積雪を放置すると室内の建具建付けが渋くなったり

屋根トタンのハゼ締め部に影響して、雪解け水による雨漏りなども起きるようで

屋根積雪は1mを境に雪下ろしを行うタイミングになります。
3分の1位は終わりましたか
屋根トタン上の雪はとても滑り、特に屋根端部などで足を滑らすととても危険です。

また、雪下ろしの際に除雪道具で屋根トタンに傷をつけることがあるので

ギリギリまで雪をとってはいけません。
屋根に傷がつかないように15cm位は残します
グリーンペイントでは大型の除雪道具で素早く除雪するので、短い時間で

完了しますよ!札幌の平均相場と比較してもお安く屋根雪下ろしを行っておりますので

ご用命の際は是非ともグリーンペイントにお電話下さい!
綺麗になりました

このページのトップヘ