グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です


札幌は冬も近づき、少しづつ晴天の日が減っていくのですね・・・

寂しい書き出しになりました、文章は書き出しが命とまで言われています( ゚Д゚)

今回は雨の日、足場もかけ終わり「なにしようかな~」ボ~っと考えているところに

そうだッ!キャラバン号を快適にしよう!それがいいッ!あれは快適ではない^^;

そんなわけでキャラバン号を快適にすることを急遽思い立ちました。

なにが快適でないか?というと・・・

音楽を聴くことが出来ないほど音質が悪い!?

現場の車なんだから~そんな、音質なんてさ~、気にしすぎじゃな~い~

という声が聞こえてきそうですが^^;

恐ろしく音質が悪いッ!

とまで表現しても差し支えの無いほどの音質の悪さとは?・・・

メインスピーカーが壊れてツイーターのみしか音が鳴らない状態

ツイーターとは高音専用の小型スピーカーで、補助スピーカーの役割、ちょうど

イヤホンから漏れてくるジャカジャカ音を、ずーっと聞いている状態(;^ω^)

これは直すのに値する、本気でそう思えることは人生そうそう無いものです(笑)

善は急げと早速、電動ドアのコネクターを外して、ドア内張を剥がしていく
電動系のカプラーを外して
こういう作業は本当に楽しい、時間が許すならいつまでもやっていたいくらいに

既存のメインスピーカーは古く、再起不能と判断して処分

せっかくの快適化なので~さらに快適にしましょう~♪ドア内張を外すと
純正はビニールをブチルで止めただけ
ということで、ついでにドアのデットニングもやっちゃいます!

既存のビニールブチルを撤去、各所に制振板になるブチルとアルミの

複合板を貼っていくと、ドアを閉めたときの音が変化するんですよね!
制振板を貼り付ける
バターーンッ!という安っぽい鉄板音から→バタムッ!というように・・・
※というように・・・でわかっていただけたか、いささかの不安はありますが^^;

ドアの鉄板がスピーカーの音で共振することを防ぐ目的があります。


さらにその制振板の上に低反発スポンジに似た触感の吸音材を貼る
ドア鋼板内部にも制振板→吸音材
このようなデットニング材料を、カー用品店でそろえるとかなりの金額に

なってしまいますが、ネットショップでそろえると半額以下で手に入ります。

こういう滅多に使わないものはネットショップを利用することが多いのですが

実物を確認できないというリスクがあるので、慎重な吟味も必要になります。

これでもか、というくらいのデットニング材を使って下準備を終え

スピーカー配線とオーディオ取り付けにかかります。
スピーカー配線をやり直して
既存スピーカー配線は、信用できないものと思い、新たに新設配線を設置
メインスピーカーも交換
スピーカー類の取り付けも終わり、ドア内張を戻して初視聴の瞬間・・・
スピーカー台座もセット
素晴らしい!満足のいく音質に仕上がりました!デットニング効果で

車外への音漏れもぜんぜん無くなっている!

オーディオも、以前使用していたものは古すぎて再起不能と判断

今回新しくしたのですが、これもネットショップで購入したものですが

何やら、アンドロイドを搭載しているそうで色々な機能を搭載しているようで
日付がメチャメチャww

これで気持ちよく、お気に入りのFMエアーGを聞くことが出来そうです。

グリーンペイント寺沢です


本日は雨、仕事を途中で切り上げたので倉庫でメンテナンスを行います。

いつも足場運搬や屋根塗装の長物梯子を荷台に乗せてグリーンペイントで

大活躍のダイナ号。

ダイナ号はトラックになるので乗用車タイプとはかなり構造が違います。

まずはエンジンが座席下にある!別にこれはそれほど驚くところではないのですが

乗車スペース(ヘッド)が持ち上がる!?いつも乗っている運転席と助手席が収まって

いるヘッド部分ごとガバッと動きます、固定用のステーが2重にロックされていて

それを外すとヘッドを持ち上げた状態になります。
ダイナ号はヘッドが動く?
このヘッドが前のめりになっている状態を見るといつも思うのですが

まさか!運転中に思い切りブレーキを踏みつけたときにロックが外れてこんな状態にでも

なろうものなら、どんなことになってしまうのか?遊園地のアトラクション?

ドリフターズのコントでこんなのがあったようななかったような^^;

怖いですね~怖い、ロックは確実に!
凄い角度になってる^^;
次に乗用車と比べて使用するオイルが多い!軽自動車のオイル交換では

オイルエレメントも同時交換で3リットルも使えばよいところですが、なんと!

ダイナ号ではエレメント同時交換すると
ヘッドを上げるとエンジンがあります
7リットル!!メチャクチャオイル使います・・・排気量大きいので当然と言えば当然ですが
オイルを抜いてついでにエレメントも外す
新しいオイルエレメント
エレメント取付は締めすぎないように注意が必要です
オイル交換ついでに高圧水洗浄機のオイルも交換します。
ついでに高圧水洗浄機もオイル交換
こちらはエンジンとポンプの2箇所のオイル交換が必要になりますが

エンジンはともかくポンプ内部にもエンジンオイルを使用するらしく

エンジンエアーコンプレッサーのようにエンジンはエンジンオイル

コンプレッサー部はコンプレッサーオイルとわかれておらずやりやすい。
コンプレッサーオイルも結構汚れてますね
以前、エンジンコンプレッサーがオイル不足で壊れてしまったことがあり

突然、ギャアアアアアアッ~~~^^;という断末魔のような大きな音を出して

帰らぬ機械となってしまいました、それからというもの、そこまでやらなくても

と思われるくらいにオイル交換はマメに行っています。

そのような習慣がついてからは車も機械も壊れることなく順調であります。

備えあれば患いなし、私の大好きなことわざです

転ばぬ先の杖、後悔先に立たず、予防は治療に勝る、念には念を入れよ、用心に怪我なし

良い言葉が沢山ありますね~安心の言葉たちです^^

渇して井を穿つ・・・これはいけてませんね!(゚Д゚;)


グリーンペイント寺沢です


グリーンペイント社用車にはグリーンペイント!とわかるように

ステッカーマグネットシートを貼りつけているのですが、現在のマグネットシートを

使い始めてからもう何年になるか?5年くらい使っていると思います。
今までのバージョン
なんだかシンプルというか素人が作った感がいなめないのは前々から気になって

いたのですが何年経っても気になるものはやっぱり気になるものでして^^;

イメージ一新、デザイン変更をすることに決めました。
フリーダイヤルマークが可愛い?
デザイン変更の理由はいくつかありましたが、その中で最も大きなものが

グリーンペイント倉庫の看板デザインとても気に入ってまして

看板製作会社の方との入念な打合せで作り上げたあの看板デザイン。。。
RIMG2810
私「なんかこう、勢いのある感じのデザインで、なおかつ子供っぽくならないように

だからといってファイヤーパターンのアレンジとかは絶対ダメですね、あれはいけない

手短ではありますが、こんな感じでいけますか?」

担当者「何となく理解できたような気がします(;^ω^)ごちゃごちゃうるさいデザイン

ではなくシンプルでありながら字体には力強さが感じられるようにゴシック系

グリーンペイントなので当然文字は緑系ですね?」

私「そうです!そんな感じです宜しくお願いします!!字体は深緑で」

このようなやり取りを繰返して完成した倉庫看板だったのですが

私の意向を読み取ってくれた看板デザインと同じデザインのマグネットシートにしたい

変更の決心はこのようにして生まれたのでした^^;
新調したマグネットシート
今までのマグネットシートは背景が白1色、トラックはボディー色が

白なので良いのですが
寸法もピッタリか?
トラックver
キャラバン、スクラムのボディー色はシルバー色なので

今回は車体色に合わせて背景も同色シルバー色にしました。
キャラバン号はシルバーカラーで
たかがマグネットシートなのですが替えてみると何だか気分が一新出来ました!
北区新川に沈む夕日、ここの鯉は本当に釣れない^^;





グリーンペイント寺沢です


本日は当社足場買い付け風景をご紹介したいと思います!^^;
ここは
当社バイヤーが現地に赴き本場選りすぐりの○○を吟味に吟味を重ね選び抜かれた
本物の○○カニと呼ばれる逸品だけを皆様にお届けいたします!!


冒頭からふざけてしまいましたが、これは私がインターネットショッピングで

大好きなカニを真剣に検索吟味して選び抜いたショップがデカデカと広告していた

文句です。

買い付けかぶりということで強引に引用したのですが食べた結果としては

まずまずで・・・まずまずは不味い意味の赤ちゃん言葉ではなく

十分ではないがおおむね良いの方の意味です。。。すいません^^;

カニの原材料費が高騰している中、あの安価にしては味、品質は上出来ではなかったかと

広告文句は盛るという言葉を全て盛った特盛宣伝と言えますが、ものは良かったですよ!

グリーンペイントも安価【お値段以上の品質】目指して頑張ります!
カニからここへ無事着地ですね!
今日は天気が良い!
ようやく本題の足場階段を導入、導入?とは、そうなんです今までグリーンペイントの

足場には階段がついていなかったんですよね、普通に考えると階段が無いとどうやって

上に上がるんだよ?と思われますよね、しかしながら慣れというのは怖いもので

20数年前、塗装業に入ったときから建設会社の大型新築工事やマンション改修工事などは

階段付きの足場、そして住宅塗替え工事の小規模工事の足場は階段が無いのが普通と

思うようになり、はや20数年、住宅足場は敷地が狭いときもあり階段が邪魔で仕事に

ならないよ~階段無くても足場伝いに登れるしイラナイイラナイと考えていましたが

「階段があったほうが作業早くないかな?」「無駄な昇降作業で疲れることもないし

作業に集中できるでしょ」という意見があがり、まじめに検討してみると確かに不便です^^;
見えてきました北広島
そうとなれば早速足場階段を買おう!いつも足場購入ではお世話になっている北広島の

足場資材販売の㈱ヒムロ担当者さんに「少量なんだけど大丈夫?」との問い合わせに


「全然大丈夫!いつもありがとうございます!!」との担当者さんの対応、本来は大口の

足場専門業者と取引して数量も何千などという単位なのに何十という小口客にも

親切、丁寧に対応してくれて気持ちよく取引が出来ました^^
足場階段その他搬入
グリーンペイントが通常の敷地スペースの時に使っている枠組み足場は600枠と

言われる幅600㎜の建枠サイズでそこに幅250㎜の階段が入ることになるので

手持ちのアンチが600枠用の物なので幅250㎜のアンチも必要になるので多めに搬入

足場仮設作業では4mの鋼製足場板も足りなくなるので14枚搬入、足場階段は合計8本

1つの住宅塗替え足場に4本で2つの現場をまかなうことが出来ます!
250幅階段には250アンチも必要になる
午前中は足場仕入れで午後からは現場に入るので足場を倉庫にしまってから昼休憩

真夏は倉庫の中が涼しい、特にアスファルト床の上はシートを敷いて寝転がると

ヒンヤリして気持ちが良いのですが油断すると寝冷えします(笑)
倉庫涼し昼休み

グリーンペイント寺沢です


札幌市中央区の見積り中に偶然発見したもの

タイトルにあるように塗ると状態が悪くなる塗装?

そのようなものを発見したのでご報告させていただこうかと


塗装を生業にしていると気になってしまうものに

鉄で出来たもの、木で出来たものが雨ざらしで外部にあるもの

このようなものにどんなコーティングを施して

現状がどのようになっているのか・・・物凄く興味があり
※鉄、木共に劣化が早く長期保護が難しい材質なのです。
興味津々で観察してしまいます^^;
何か変
そんな感じで外部にある大きな庇を受けている鉄骨をジーッと観察していると

オオッ!こ・これは!!なんと大胆
気になります
鉄骨根本、土台コンクリとの結合ボルト周辺

最も下地処理、ケレン作業が行いにくい個所でもあり

水が溜まりやすくサビの進行が早い個所

鉄骨にサビが発生し「サビたので塗装」※簡易ケレン又はケレン無し

サビを落とさず塗装を繰り返しミルフィーユのような塗装膜が完成したようで

ミルフィーユ=千枚の葉、幾重にも重なり合った酸化鉄。。。

そんな表現がマッチする現状でした^^;
※施主様に了解を得て浮き塗膜を剥がさせていただいております。
見事に浮いている^^;
このようにサビの表層に塗装膜を形成すると

不安定なサビはいろいろな要因で形状が変化し、塗装膜にも割れや隙間が出来ます

そこから雨水や積雪下での雪解け水などが入り込み表層の塗装膜が

蓋の役目をしていまい内は乾燥せず湿った状態が続き

サビの進行を急激に早めてしまいます。
こんな感じで
不完全な下地処理でサビを落とさずに塗装を行うと

塗装をしたことでサビの進行を早めてしまう!?

サビ落としがしっかり行われていない場合は

塗装しないほうがサビの進行が遅いという事実


上塗り塗料の性能は注目されやすいですが

下地処理にどれだけ時間と労力をかけるか

地味ですが塗装工事において下地処理はとても重要な作業です!
塗装下ではサビ進行中です



このページのトップヘ