グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : 仕事的な その他の記事

グリーンペイント寺沢です


札幌市中央区の見積り中に偶然発見したもの

タイトルにあるように塗ると状態が悪くなる塗装?

そのようなものを発見したのでご報告させていただこうかと


塗装を生業にしていると気になってしまうものに

鉄で出来たもの、木で出来たものが雨ざらしで外部にあるもの

このようなものにどんなコーティングを施して

現状がどのようになっているのか・・・物凄く興味があり
※鉄、木共に劣化が早く長期保護が難しい材質なのです。
興味津々で観察してしまいます^^;
何か変
そんな感じで外部にある大きな庇を受けている鉄骨をジーッと観察していると

オオッ!こ・これは!!なんと大胆
気になります
鉄骨根本、土台コンクリとの結合ボルト周辺

最も下地処理、ケレン作業が行いにくい個所でもあり

水が溜まりやすくサビの進行が早い個所

鉄骨にサビが発生し「サビたので塗装」※簡易ケレン又はケレン無し

サビを落とさず塗装を繰り返しミルフィーユのような塗装膜が完成したようで

ミルフィーユ=千枚の葉、幾重にも重なり合った酸化鉄。。。

そんな表現がマッチする現状でした^^;
※施主様に了解を得て浮き塗膜を剥がさせていただいております。
見事に浮いている^^;
このようにサビの表層に塗装膜を形成すると

不安定なサビはいろいろな要因で形状が変化し、塗装膜にも割れや隙間が出来ます

そこから雨水や積雪下での雪解け水などが入り込み表層の塗装膜が

蓋の役目をしていまい内は乾燥せず湿った状態が続き

サビの進行を急激に早めてしまいます。
こんな感じで
不完全な下地処理でサビを落とさずに塗装を行うと

塗装をしたことでサビの進行を早めてしまう!?

サビ落としがしっかり行われていない場合は

塗装しないほうがサビの進行が遅いという事実


上塗り塗料の性能は注目されやすいですが

下地処理にどれだけ時間と労力をかけるか

地味ですが塗装工事において下地処理はとても重要な作業です!
塗装下ではサビ進行中です



グリーンペイント寺沢です


いよいよ平成29年グリーンペイント始動です!

まだまだ寒い日が続く札幌ですが、たま~に暖かい日があったりして

春を感じることが多くなってまいりました。


仕事初めは、去年お世話になりましたお客様の一年点検

長く厳しい冬もようやく明け

屋根の雪下ろしで傷などできていないか?

雪かきダンプが壁に当たって塗料がはがれていないか?

塗装後の艶引けなどが発生していないか?

などなど、いろいろと点検したいことが沢山あります!
点検作業
グリーンペイントでは年間100件近くの工事をさせていただいており

お客様一件ごとに書類をまとめて訪問しているので

書類をまとめると5㎝くらいの厚さになります。
点検書類、結構の厚みになります
工事完了後大切に保管している1リットル容器に入れた全てのお客様の

サンプル塗料を積み込み点検に出発です^^
お客様ごとの塗料を積み込みます
全ての点検が完了するのは2週間くらいの予定となっていて

点検が完了し次第、平成29年度工事へと取り掛かります。
倉庫周辺にもまだ雪が残っていますね




グリーンペイント寺沢です


今年も通例、春の移動シーズンがやってまいりました。

関東でのお仕事も無事終了して札幌への帰還なのですが

いつもの大洗発の商船三井フェリー、車の予約枠があっという間に無くなり

やむなく仙台発、太平洋フェリーの予約となりました。

今まで商船三井が取れない時は新潟発の新日本海フェリーだったので

今回は初めて乗る太平洋フェリー

横浜から仙台へ、7時間近くかかりました、寄り道なしで・つ・疲れた・・・

東北道に乗る前、首都高から道路情報でエッ!積雪注意!チェーン装着!?

ええ~?この時期に積雪とは。。。

フェリー出発時刻に間に合わないとえらい事になります(゚Д゚;)

仙台からさらに青森まで高速で何百キロも走り、青函連絡船?に乗り

函館に到着してから札幌まで300㎞以上、決死行必至か
なんとしても避けたい選択です・・・
突然の大雪か
途中の那須高原あたりから急に寒くなり、道路わきには雪の塊が

えらいこっちゃ、えらいこっちゃとドキドキしながらも

なんとか積雪状態にはならずに通過できて無事仙台に到着できました。
ようやく仙台港に到着
今までの帰途の中で一番ハラハラしました^^;

その分も手伝ってかフェリーに乗ってからの安堵感も今までで一番!
カプセルホテル風個室
テレビも付いていて快適でした
あまりにも安堵しすぎて私のお気に入り、いや!超お気に入り

登山用のプロトレックという大切な時計を入浴後に

なんとッ!!コインロッカーから出して脱衣棚に置いたまま

髪を乾かした後そのまま置いてきてしまったのです。。。

安堵しすぎたのが仇となりました

ビールを飲んだ後、泥のように眠り

朝になってからようやく時計がない事に気が付き

慌てて脱衣所に向かう途中に石森君と出会い時計を無くしたことを伝えると

「もしかして黒い秒針タイプの時計ですか?」と聞いてきたので

まさか!?もしかしてこのパターンはッ?と淡い期待を

「夜中の3時に入浴したとき脱衣所の棚にあった」と

希望を頼りに脱衣所に走ったのですが。。。時すでに遅し、もうありませんでした。

フロントに聞いても、落し物はありませんとのこと(-_-;)

登山のときにあの時計を付けていたことが思い出写真のように記憶に流れ

「3時までそこにあったのを聞いたため余計に辛くなってしまった」・・・
さらばだプロトレック!
そんな苦い思い出を残した初めての太平洋フェリーでの船旅でした

心に穴が開いたような気持ちを静めて苫小牧に到着です。

北海道はまだまだ寒いですが地元の匂いとでも言いましょうか

これから春を迎える札幌、今年もガンバリます!!



グリーンパイント 寺沢です


11月の初旬から関東での仕事が始まり

順調に仕事をさせていただいておりますが

関東に来て早々、札幌の研修会に参加する予定があり

土曜日午前中は仕事で夕方に羽田をたち夜に新千歳、日曜に札幌で研修を受け

日曜の夜に新千歳をたち横浜の家についたのは日付の変わるころに。。。

次の日は通常通り仕事という強行スケジュールであったのですが無事完了しまして

厳しいな~と思っていてもやればできるもんだなと^^
羽田展望デッキ

まあ、そんな強行だったので当然飛行機での移動となるのですが

私は飛行機が大嫌いでして、いや、大嫌いになったと言うべきですね!

若いときは到着が早いので問題なかったのですが30代後半あたりから事情が変わり

乗れば乗るほど辛くなり最近などは飛行機が着陸下降し始めると

ま、まさか・・・このまま行くと割れるんじゃないか!?・・・頭がッ!!

と思うほどの頭痛に襲われます。。。頭痛のレベルを超えています。。。


調べてみると飛行機頭痛という症例があるそうで

症状の説明は「死ぬほどの激痛」ww

確かにあの頭痛は後遺症が残るのではと心配になるレベルです。


その飛行機頭痛でありますがとても興味深い特徴があり

なんとッ!JALとANAに乗ったときはほとんど発生しない!?

AIRDOはめったにならない程度・・・新千歳発羽田行きの4つある最後の航空会社

残りの1つ・・・あえて名前は伏せましょう^^;

その会社の飛行機に乗ると必ず地獄の飛行機頭痛が始まるのです

到着地まであと30分くらい、飛行機の降下が強くなり始めたころに

こめかみに電気が走ったような痛みと共に頭が内側から破裂するんじゃあないのか?

というくらいの激痛が20分くらい続き、到着したときは顔面蒼白で

ゾンビのようなよろよろの足取りではありながらも足早に

到着ロビーのトイレに入り頭をもたげ20分くらいうなだれる。。。

その一日は謎の体調不良に悩まされることとなるのです。思い出しただけで憂鬱になるほど・・・
飛行機は憂鬱ですね~

私の推測では飛行機の飛行高度はなんらかの取り決めにより

各社同一ではないかと思うのですが最高高度から降下に入るタイミングは違う!?

そう、最高高度は安全上決まっているが降下の取り決めはどれくらいあるのか

急下降はさすがに危険なので取り決めの範囲内にあるでしょう

しかし、降下のタイミングまでは決めていないんじゃあないだろうか?

そうだとしたら最高高度を長く飛行して降下タイミングを取り決めのギリギリで

急降下したとすると機内の気圧変化は他社3社よりも大きくなる

気圧の変化で脳内の血管か神経?にかかる圧力が急激に変化し敏感な人には

あの地獄の激痛が発生する!!名推理だったでしょうか?^^;


高度の高いところを長く飛行すると燃料費を削減できるものなのか

詳しい事情は分かりませんが私の体が確実に事実を物語っています。

そのような無理で航空運賃を安くするのはまったくもって敬遠したいものあります。
滑走路と反対側を見ている人も多いですね


 けんえん=嫌煙、他人の吸う煙草の煙から受ける害を嫌うこと

 けんえん=犬猿、犬と猿、仲の悪いもののたとえ

 けいえん=敬遠、かかわりを持つのを嫌ってその物事を避けること

意味まで似ていてそのほかにもたくさんあるようで日本語ってむずかしいですね~

けんえんだと思って変換しても出てこないので調べるとけいえんでした~~^^;



グリーンペイント寺沢です


サビ落としまで完了しているダイナトラックですが

サビを落とすととんでもないものを発見してしまいました!

向かって左側、あおりの劣化が著しかったのですがそれには理由があり

道路に停車して材料の積み下ろしはほとんど右側のあおりを動かすので

左側のあおりは滅多に動かすことがないので

動かさないから劣化したのか?動かさないところに水が溜まっていたのか?
ブッツリと断裂してる
なんと!あおりの蝶番が2箇所も断裂しているではありませんか!

断裂するのかい!?と新鮮な驚きもありましたがガッカリ

結構分厚い鉄がブッツリと断裂しているんですよね。

1つのあおりに蝶番は4個ついていて半分が切れていた・・・

ロックこそかかっているものの、あおりを外した勢いで残りの蝶番も切れたら

あおりが落ちて大怪我をするところです。


さて、どうするか?整備工場に出しても正月が近いし

出来上がりがいつになるかわからないので

自前溶接で直すことにしました~^^

早速、溶接準備開始ですが断裂箇所をよく観察すると

断裂の幅が結構あるぞ?手持ちの溶接棒では細いかも?
※スクラム号の給油口を溶接したときの細部用溶接棒

ホームセンターで太い溶接棒を調達し作業開始。


まずは溶接個所の塗装膜の除去とサビを完全に取り除きます。

これは元旋盤、溶接工だった父からの教えで溶接作業も塗装作業同様に

下地処理?でいいのかな、がとても重要とのこと

しっかりワイヤーブラシで研磨してからパーツクリーナーで脱脂を行い
パーツクリーナで清掃して
溶接開始です、いや~溶接って楽しいですね~
バチバチッと溶接します
趣味で本業以外の作業をしているときは楽しい!DIY感覚とでも言いましょうか(^^♪
鉄が溶けるほどの高温か
一度溶接が完了してからスパッタ?を取り除くと、まだ強度的に不安が残る仕上り

再度溶接を重ねがっちりした溶接が出来上がりました!
がっちり溶接完了
溶接後はあおり内部の腐った木部などを交換して
ついでに荷台の木部も交換します
サビ止めを色違いで2回タッチアップ塗装、それから全塗装を行い
サビ止めタッチアップ1回目
サビ止めタッチアップ2回目
仕上り!?荷台がまだですね^^;
しっかり綺麗なダイナ号の完成でっす!
今回は下回りも全塗装

このページのトップヘ