グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ : アクアリウムとは!?

寺沢です


相変わらず代わり映えしない水槽です・・・

やっぱりあの水草だけが成長して他の水草はほとんど変わらないという^^;
代り映えしない水槽
カットしてもこの水草だけが急成長してしまう

公平性を保つために強制介入を行ったのですが、どうやらこの流れが自然体のようで

他の水草たちには【やる気が感じられないw】ということに気が付きました^^;

もっさり君(仮名)をカットした後の広い水槽空間で成長用のLED光を

十分浴びることが出来る環境ですが・・・光が当たっても二酸化炭素を添加しても

それほど伸びないという事実・・・人間界と同じ仕組みかもしれないなどと。。。
エビ達は活発に苔を食べている
そんな冴えない水草たちとは真逆に、エビ達の活性具合には目を見張ります!
流木の苔も綺麗に掃除してくれます
四六時中、小さな手でツマツマ苔類を食べています(^^♪

エビ達の姿を見ていると心が和みます「労働っていいな~~!」(;^ω^)
このエビは!
そしてこのエビ!
抱卵までしていますね
抱卵までしているのか!

働き者で子だくさん、現在の日本に最も必要とされている存在ではありませんか!?
カージナルテトラとメダカの混泳^^;
そして魚類たち、魚類には関心が少なめなのですが

実はこの回遊系の魚類がいないと水槽内にヒドラやプラナリヤなどという

虫が増えてしまうので回遊魚は必須とります。
この温度でも平気なようです
メダカとカージナルテトラの混泳という雑なセッティングです

何週間もかけて水温を下げていくという実験で

メダカはともかくテトラが18℃という水温で元気に泳いでいる

熱帯魚って結構丈夫なようです。

寺沢です。。。


偶然、水槽内に太陽光が差し込み、光と影のコントラストが美しい👏
ちょっと前はこんな感じで良いバランスだったんですが
などと感動して、アクアリウムはやっぱりいいな~~などと思っていたのもつかの間

あれからあっという間に、モッサモサ!?の伸び放題になってしまった^^;
もっそり増えた!
水草はある程度まで大きくなると、急激に成長スピードが増すように感じます。

きっと、大きくなることで、光を独占できるようになるからではないかと思い

何だか人間の世界と共通するところがあるな~、などと考えていると

影日向、ひっそりと地面に這うように生きている水草が

とてもいとおしく感じられ・・・「世の中はフェアでなければイケない」
「大企業に、零細企業が淘汰されていくのを黙って見ていられるかッ💦!」
「この水槽世界に公平性を取り戻そう、オオッッ~~💪」
  なんてね(;^ω^)言ってみたかった
これは増えすぎたか^^;
・・・そんなわけで大きく茂った水草をカットしていくのですが^^;

水草カットって本当は繊細な作業でして、長いはさみで少しずつカットして
あまりにも増えたのでカットします
形を作っていくのですが、この状態では

わっしり掴んでバッサリカットする感じです^^;
繊細なカットは必要なさそうですW
あらかたカットしたら、何でしょうか見覚えのある。。。

2か月くらい前の状態と同じになった!?
2か月くらい前に戻った?
あの水草だけ大きくなって他の水草はほとんど変わっていないようでした(笑)
山盛り、キャベツぐらいありますよ(;^ω^)
公平性の観点から^^;水草全ての根元に肥料を埋めたのですが

埋めきらないで転がっていた肥料を、ミナミヌマエビが転がしながら

おいしそうに食べていたので、この肥料はきっと良い成分でしょう。。。きっと
ミナミヌマエビが増えていたようです
魚は泳ぐスペースが増えて喜んでいるでしょう

寺沢です


流木アクアリウム

初期としては順調な滑り出しとなっております^^
水草も成長してきました
光合成も進み水草も前回から一回り大きくなっっているでしょうか
光合成が進んでいます
しかし・・・光ある所に影有り・・・

何やら不穏な物も見え隠れするようにもなってきている?

太い糸状藻が発生している!
藻類が出てきた
CO2ディフェーザーには細かい藻がびっしり生えていたり
細かい藻がびっしり生えている!
その奥にある水草には嫌な色をしたあれが・・・
この色は危険な黒髭苔では?
最悪の黒髭苔ではないことを祈りつつ

アクアリウム第2シーズンは経過しています^^;
不安な眼差し・・・^^;

寺沢です

流木の灰汁抜きも終わり、水槽内に注水して水草を植栽していきます。

流木を背景にセットして、背の高い水草は後ろへ

背の低い地面を這う水草は前へと植栽していきます。
今回はニューラージパールグラス
前衛草はニューラージパールグラスという種類で、前回のグロッソと同じく

上に伸びず、横に横にと広がっていく水草です。

パールグラスをピンセットでつまみ、ひとつひとつ植えていくのが

なんだか、稲の苗を植えているような感覚で楽しいですね。
ピンセットで植えていく
濁っていますね
注水後はかなり濁っていますが、数日で濁りも収まり徐々に姿を現します。
2日くらいで濁りが取れた
Co2添加もしているので順調に育ってくれるはずです。
Co2添加
光合成が始まりました^^



寺沢です!


前回までのアクアリウムシーズンⅠは失意の内に幕引きとなりましたが^^;

花の命は短くて~~と放浪記の一文に励まされて

気持ちも新たにシーズンⅡを始めるだけの気力が漲りました!
曇りガラス風シート
今回は背景に、流行りの曇りガラスシートを入れて

流木メインに水草をアレンジしていこうかな~と構想を練っていたのですが

前回はイメージが先行しすぎていたので

今回は自然体、肩の力を抜いて流れに逆らわないよう勧めていこうかと^^
床材ソイルを敷き詰めて
水槽を丸洗いして曇りガラス風シートを貼ってから

床材ソイルを入れていくのですが、前回のソイルは玉が大きすぎました

何だか正露丸位あるような大きさで、パッと見、不気味な大きさでした・・・

なので今回は極小パウダーソイルを選んでみました。
今度のソイルは質感が良い
サラサラの小粒ソイル、これはイメージに近い感じで良いですね(^o^)/

それから、今回は石ではなく流木をあしらった流木レイアウトなるものを

やってみようかと思います。
流木のパックです^^
流木もネットショップで売っているんですよ!なんでも揃ってしまいます!

流木も結構いい値段しています、流木採取職人?でいいのかな?

この値段が付くのなら流木職人も仕事としてありかもしれない・・・なんてね(;^ω^)

流木を使用するときは、初めに灰汁抜き作業が必須になります。

そのまま入れると紅茶ぐらいの色をした色素や、その他成分が水槽内に充満して

一番弱いエビ類は即☆・・・比較的強い魚類でも危ないぐらいの成分が出るので

水槽内に流木を入れる前に煮る?・・・そうなんです!

豚骨スープでも作っているかのように煮るんです、鍋で!
これはマズいか?
さすがにこれはマズい・・・ビジュアル的にも台所で流木を煮るのはマズい^^;

問題になる前に、さっさと灰汁を抜いてしまいます💦
ぐつぐつ煮ていきます
一時間も煮ると、たっぷり灰汁らしきものが出てきました、紅茶を通り越して

コーヒーくらいの色味になったΣ(゚Д゚)

台所はまずかったので、サッサと撤収します。
たっぷり灰汁が出ました!
流木の灰汁抜きはこのような危険を冒さなくても、大きな樽に水を張り

1~2か月漬けておくと、同様の効果を得られるそうです。

家族からの同意を得てからでないとアクアリウムを進めていくのは難しいようです^^

このページのトップヘ