グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ: 2020年 住宅塗装

グリーンペイント寺沢です

10月中旬は山鼻貸家住宅と同時進行で手稲区新発寒住宅を施工しました。

新発寒住宅のお向かい様の屋根塗装工事をグリーンペイントで

施工していた際、見積依頼を頂いたお客様になります。
外壁各所がボロボロになっています
施工内容は建物外壁正面側と、向かって左面の一部に

サイディングがボロボロに劣化している箇所があり

サイディングの交換と同箇所の塗装、平屋根、パラペット屋根塗装

となります。
サイディングを剥がしてみると
劣化サイディングを剥がしてみるとカビの臭いとともに
下地木が腐っています
下地木材が腐っているところが多数ありました。

サイディング裏側には通気層があるので通気不良による腐食では

ないと思いますが、断熱材のスタイロフォームが見えているのが珍しい

というか、よくわからない工法で施工されています。
腐った木部は交換します
腐食している下地木材は新しい木材と交換します。
サイディング劣化個所は交換します
下地木材の劣化がない個所もあります。
サイディングをカットします
サイディングを外した箇所の寸法を取り、新しいサイディングを

それに合わせてカットします。
複雑なカットもありました
この形状は今までで上位3番に入るくらい加工したと思います。
止めビスの頭を埋め戻します
止めビス穴を埋め戻してからの下塗りシーラー塗装。
塗装して完成です
外壁補修と塗装完了です。
屋根の劣化状況
屋根の劣化も進んでいます。
各所にサビが出ています
深度のあるサビがあちこちに発生しています。
研磨処理していきます
サビとともに劣化したチョーキング層も研磨作業で削り取ります。
屋根全面を研磨します
屋根全面を研磨処理していきます。
錆止め塗装完了です
下塗り黒色さび止め塗装完了です。
ハイソリッドシリコン仕上げ
2液ハイソリッドシリコン塗装仕上げ完了です。

上塗り1回塗りで、通常塗料の2回塗り分の膜厚が確保できる塗料なので

上塗り2回塗り仕上げの半額近くの料金で塗装できる

コストパフォーマンスが高い塗料です。
施工完了です
この度はグリーンペイントに工事ご依頼いただき

誠にありがとうございました!

グリーンペイント寺沢です


南区山鼻住宅の作業完了と同時に、建物真裏にある

山鼻住宅貸家の施工が始まりました。
南区山鼻住宅 貸家
山鼻住宅の敷地内に貸家があり、住宅と同時に貸家の塗り替え工事も

依頼して頂きました。
洗浄作業を始めます
外壁高圧水洗浄作業を始めると
既存塗装がものすごく剥がれます
既存の塗装幕が今まで経験したことのないような剥がれ方をしています。

この剥がれ方は明らかに異常です。
木製塀と接触していた所の劣化が激しい
木製フェンスと接触していた箇所は写真のようにサイディング板自体が

ボロボロになるほど劣化しています。
基材の細かい欠損も多数発生
剥がれ方に特徴があり、サイディング目地部分の塗膜だけ剥がれない

その他はまるで初めからくっついていなかったかのように剥がれます。
サイディングを外すと
ボロボロになっている板材を剥がしてみると、アスファルトフェルトが

貼ってあります。貸家住宅の築年数からするとよく使用されていた

建材なのですが、現在の外装サイディング下地には透湿シートが使われていて

比較するとアスファルトフェルトの透湿性能が低いので、現在では

モルタル仕上げの外壁防水シートとして使用されており、サイディング外壁には

使用されなくなっています。
サイディング裏に通気層がない
当時の建材種類から考えるとアスファルトフェルトが主流だったので

そこはそれほどの問題ではないのですが、問題があるのは

通常下地ボードの上に防水フェルトを張り、その上に下地木材を

取り付けるのですが、フェルトと下地木材の取り付け順番が逆になっています。

サイディングの裏側は気温の変動で結露しやすく、その結露を軽減するために

下地木材の厚み分の空気層をサイディング裏面に持たせることが必須です。
剥がしたサイディングの裏
案の定、剥がしたサイディングの裏側には黒カビがびっしり生えています。

このように通気工法がとられていない外壁の場合、塗り替え塗装が

バラバラと剥がれていたり、カビ臭く湿っていたりと見積時に兆候が

出ていることが多いのですが、貸家住宅についてはそのような一般的な兆候が

ほとんど見られず、事前診断ができなかったことを申し訳なく思います。

結果として、そのまま塗装するとさらに通気性を悪化させることになるので

施主様に事情ご報告後、金属サイディングの重ね張り工法を他社様にて

施工する運びとなりました。
屋根下地処理前
グリーンペイントは外壁以外の塗装部位を施工させて頂けることになり

屋根、パラペット屋根を塗装していきます。
研磨下地処理後
トタンには錆が発生しているので研磨下地処理していきます。
研磨処理していきます
ガシガシ研磨紙で削り取っていきます。
研磨前接写
研磨下地処理作業前、ぶつぶつしています。
研磨後の接写
研磨作業後、ぶつぶつも取れて研磨傷が塗料密着性を上昇させます。
屋根全面を研磨処理します
貸家住宅のトタン全面下地研磨処理だけで2人工位必要になります。
黒色さび止め塗料下塗り
研磨処理後は速やかにさび止め塗装を行います。
ハゼ付け根に隙間があります
立ち上がりトタンとハゼトタンの間に隙間が空いています。

新築時のトタン施工ではどうしても写真のような端部に隙間が発生しますが

必ずシーリング等で防水処理しておかなければいけません。
防水処理します
その一列全箇所がシーリング未施工でした。

大雨の日などはこのような隙間から確実にトタン裏へ浸水するので

防水シートの働きのみで、奇跡的に漏水にはつながらなかったようです。


隙間等は上塗り塗装前に確実に埋めておきます。
ハイソリッドシリコン塗料仕上げ
2液ハイソリッドシリコン塗装、期待耐用年数10年を想定しています。

積雪寒冷地での2液シリコン塗装の平均耐用年数が8年くらいなので

プラス2年位は長寿化できるよう各施工に工夫してあります。
施工完了になります
この度はグリーンペイントに工事ご依頼いただき

誠にありがとうございました!

















グリーンペイント寺沢です



山鼻住宅の続きになります。
軒天井止め釘のサビ
軒天井の止め釘にサビが発生しています。
錆止めタッチアップ処理
サビ発生個所は錆止めを塗装します。
軒天井下塗りシーラー塗装
浸透性の高い下塗りシーラー塗装です。

軒天井、塗装膜剥離防止に効果があります。
屋根塗装完了
屋根塗装完了です。

ハイソリッド2液シリコン塗料仕上げ、厚い塗装膜が付く塗料なので

サビの発生を防ぎ、トタンを長期間保護します。
シリコンシーリング処理
所々に施工されているシリコンシーリングは塗膜剥離が発生するので

シリコン密着用のプライマーを塗ります。(プライマーは銀色です)
外壁下塗りシーラー塗装
密着性能の高いカチオンエポキシシーラーを下塗りします。
あいじゃくりに欠損が多く出ました
あいじゃくりの欠損が目立ちます。
あいじゃくりは全て補修しておきます
オーナー様より、山鼻住宅の外壁は新築施工時に縦張り用のサイディングを

横方向に張り付けた施工をしているので、あいじゃくり部位の劣化が気になると

ご相談を受けていました。
下地補修完了
縦張りを横張に使用するのは、いろいろ問題が起きる可能性があるので

念のためあいじゃくり部は全て補強塗装しておきます。
中塗り
中塗りは、ラジカル抑制水性2液混合型フッ素塗料を使用します。

フッ素塗料の種類によっては、専用中塗りというものが設定されている

場合がありますが、この塗料は中塗り、上塗り兼用になります。
上塗り
このフッ素塗料は隠ぺい率が低く、上塗り塗装後に中塗りが透けてしまう

事になると仕上がらなくなるので、希釈率を最低まで下げて塗装します。
基礎の塗装がかなり剥がれました
既存基礎塗装は高圧水洗浄作業で広範囲に剥がれてしまいました。

剥がれた位置から地面の湿気か、除雪の雪溜まりに長期間さらされた影響

ではないかと考えます。
シーラー塗装
水性仕上げになるので外壁と同じくカチオンエポキシシーラーを下塗りします。
吹付けパターン後の微弾性タッチアップ下塗り
既存パターンはリシン吹き付け模様なので、リシン吹き付け後に

そのままではくっきり補修跡が目立つので、ぼかしと補強を兼ねて

微弾性下塗りを塗装します。
パターン部分の質感を似せていきます
補修後は極力目立たないよう施工したいところです。
基礎補修部位、目立たなくなりました
基礎塗装完了を撮影していなかったのですが

向きは逆ですが補修箇所を撮影できていたので載せます。
足場解体作業
足場解体作業。
施工完了です
この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き

まことにありがとうございました!



グリーンペイント寺沢です


9月下旬から南区山鼻住宅を施工させていただきました。
南区山鼻住宅
山鼻住宅は、当店で数年前に屋根塗装工事をご依頼頂いたお客様の

ご両親様の住宅になります。

ご紹介いただき誠にありがとうございます!
綺麗に見える外壁ですが
一見綺麗に見える外壁ですが
尋常でないチョーキング量
尋常ではない量のチョーキングが表層に溜まっています。
高圧水洗浄を行うと
洗浄作業を始めます。
真っ白い水が流れ出ます
白く濁った水が大量に流れ出します。
これほど出ることは稀です
原因は前回塗装した塗料がラッカーエナメル塗料だったのではないかと考えられます。

20~30年前に使用されていた塗料で、「シンナー」と言って

真っ先に想像する強烈な臭いのする塗料で

令和になった現在に使用すると異臭騒ぎで警察が来てしまうような塗料です。
上が洗浄後、下が洗浄前です
艶が独特で、ピアノに施されているようなしっとりとした綺麗な艶が出ます。

しかし、耐候性は5~6年程度ととても短く、放置期間が長くなると

分厚いチョーキング層を作ってしまいます。
チョーキング層を洗い流せました
かなり綺麗になりました。
外壁止め釘周辺の劣化
洗浄作業で各所に欠損が発生しました。

チョーキング層は防水性や撥水性が低いので厚みがあっても

水分が浸みて基材の劣化に繋がります。
釘穴周辺から浸水を繰り返すようです
初期の窯業系サイディングです。

サイディングは構造上どうしても釘やビスで外部から止める必要が

ありますが、やはりその差し込んだ際の隙間から長期間をかけて浸水し

凍結膨張作用も相まってこのような欠損へと繋がります。
既存シーリングの表面が変です
既存シーリングの表面に細かいひび割れがあるので確認すると

薄いシーリング層がありました。
前回シーリングは増し打ち工法でした
1㎜程度の厚みしかないのでシーリング断裂を抑止する効果はほとんど無く

美観上の効果しか得られません。
目地底面にボンドブレーカーを取り付けます
信用性の低い既存シーリングだったので極力撤去できるように作業します。

目地底にはボンドブレーカー(緑色)を取り付けます。
シーリング施工完了
確実な施工でシーリングを打ちなおし、その上に塗装膜が形成されると

シーリング単体(シーリング表し仕上げ)よりもはるかに寿命が延びます。
右側が研磨後、左側が研磨前になります
続いて、屋根トタンの下地処理研磨作業です。

屋根塗装の塗膜剥離とサビの発生を防ぐとても重要な作業です。
サビ発生個所は特に念入りに
錆の発生個所は特に念入りに研磨します。
黒色サビ止め塗装完了
研磨後は速やかにサビ止め塗装を行う必要があります。

研磨して金属下地が露出している所は夜露などの水分で

数時間でサビが発生してしまうからです。
端部シーリング防水
トタン端部は屋根専用の高耐久シーリングで打ち替えます。


続く

グリーンペイント寺沢です


9月中旬は北区屯田住宅を施工させて頂きました。
北区新琴似住宅
屯田住宅は2010年に当店で屋根、外壁塗装を施工させて頂いた

リピートのお客様になります。
足場仮設完了
ちょうどグリーンペイントに自社足場仮設作業を導入したころで

斉藤氏と「そうそうここの足場前回もこの向きで入れたよな~」等々懐かしく

今回もお声掛け頂き本当にありがとうございます!
10年経過で艶は残っています
若干のチョーキング程度です
10年経過で若干のチョーキングしか発生していません。

水性シリコン塗料の耐久性は優秀です。
ブリードが発生していました
この当時の変性シリコンシーリングは現在使用しているシャープ化学の

ノンブリードタイプシーリングではなく、他社製のシーリングでした。

塗装表面にブリード跡が発生しています。
鉄部の状態が特に良い!
金属は外壁などと比較してもいろいろな問題が発生しやすいのですが

この灯油タンクは若干のサビのみで優秀な耐候性を発揮してくれました。
前回剥がれていた軒天井箇所
今回は剥がれ無し!
前回塗膜剥離が発生していた軒天井箇所です。

浸透固着力の強いシーラーを下塗りに使用した効果と考えられます。

前回は問題が発生していた箇所を修繕して10年経過・・・

再発していない ⇐ 物凄く嬉しい!!
パイプ類も劣化が進んでいます
パイプ類及びビスに関して、当時はパイプを外して塗装後に復旧という

スタイルでしたがステンレスビスではない通常ビスを使用していました。

現在はステンレス製ビスに交換していますが、ビスのみに限らず

パイプ本体の劣化も進むようでジャバラが千切れたりすることもあります。
密着プライマー塗装
やはり適合プライマーを下塗りした後に外壁共色で塗膜コーティングするほうが

有効な判断ではないかと考えています。
ブリードが発生している所に
シーリングブリード箇所は
ブリード抑止下塗り材を塗装します
水性塗料と相性の良い水性系ブリード抑止下塗り材を塗装します。

10年前には存在していなかった塗料です。
微弾性フィラー下塗り
微弾性フィラー下塗り塗装です。
厚みを確保します
微弾性フィラー塗装は若干の弾性を有した塗料で、小さい欠損や

細かいひび割れなどは、厚膜性を発揮して塗装するだけで補修出来ます。

しかし、メーカーが指定している希釈率と塗布量というものを実際に行うと

予想以上の塗り付け量になり、その影響から多少ローラーがすべるようになります。
凹凸がなだらかになる膜厚
微弾性フィラーは塗布量がとても重要な塗料です。

塗布量を少なく薄く塗装するとひび割れ抑止効果等が大幅に低下します。
ラジカル制御型水性シリコン中塗り
続いて中塗り塗装です。

10年前と同じ1液型水性シリコン塗料ですが当時のシリコン塗料と比較して

ラジカル抑制機能の強化や防カビ機能強化等の添加剤が多くなっています。
上塗り
ラジカルとは、紫外線等の外的劣化要因で塗膜中の樹脂を劣化させる

物質の事で、ラジカルの発生を抑制させる成分が10年前よりも

多くなっているので、更なる高耐久性がきたいできます。
屋根も程度が良かったので錆止めタッチアップです
10年経過の屋根ですが、劣化状況は軽微なので

下塗りサビ止め塗装で十分対応できます。
屋根塗装完了です
下塗りの錆止め塗装がタッチアップ作業ということは、全面錆止め塗装と比較して

塗装コストを80%位下げることが出来ます。

一度、的確な塗装作業を行っておくと、10年後には前回工事比較で

20%の費用(下塗り作業)で塗装出来ることになります。

素晴らしいローテーションですね。
施工完了
前回工事に引き続きこの度もグリーンペイントに工事ご依頼頂き

まことにありがとうございます!
R0012992

このページのトップヘ