グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

タグ:倉庫改修

グリーンペイント 寺沢です


札幌も暖かくなってきて、いよいよ夏が近づいてきている今日この頃であります。

暑くなってくるにつれ、倉庫内部の室温も上がり焦り始めています・・・

倉庫2Fが暑い!!早く事務所を完成させなければ

蒸し風呂のようななかで汗だくで作業するのは嫌だ!


そんな焦る気持ちを抑えながら倉庫の改修は続きます。

前回までは室内配線、スイッチBOXの設置

天井、壁の取り付けまで完了しておりました。

本日は壁に張った石膏ボードの繋ぎ目(ジョイントと呼びます)

の段差や隙間を埋めるパテ処理です。


私が塗装工として修行させていただいた、札幌で最も古い歴史を持つ塗装店では

新築マンションや、大型の複合商業施設等も手掛けている会社で

釧路の市役所新築工事では、たぶん何万㎡という室内のボードパテ処理

朝から~~晩まで~~ず~~っとパテパテ、してました^^

いつまでパテをしごき続けるんだろうか?と思えるような仕事でしたが

実はそんな単調になりがちなパテを、密かに楽しみながら作業していたのです。


タイガーボードのパテは、大概3回しごいて仕上げることが多いのですが

その作業の中で、私にはパテ流儀なるものがありまして

1回目のパテでしっかり盛る、ある程度形成したい!

すると2回目、3回目はスルスルと滑らかなへらさばきで仕上げることが出来る!

私の性格は「最初にやっといてよかった~~(笑)」というパタ~ンが好きで
       
逆の 「最初にやっとけばよかったよ~~(汗)(涙)」というパタ~ンは嫌なので

1回目に気合を入れて、2、3回目はまったりと行う。
※小規模な現場では親方から「寺沢のしごいたパテ、厚くて全然乾かないじゃんよ!」と
  お叱りの声が飛びそうなので、この楽しみは大規模現場に限られる私の密かな
  楽しみでありました^^


そんな楽しい思い出のパテ作業、久しぶりですね

まずはボ~ド隙間のパテ後、ひび割れが出来るのを予防する役目のジョイントテ~プ

ジョイントテ~プなるものを貼っていきます。

それからパテをしごいていくのですが、通常のジョイントパテでは乾燥に時間がかかるので

硬化促進型のパテを使います。硬化促進パテはジョイントパテに見た目はそっくりなのですが

とにかく硬化が早い!室温によっては一時間ぐらいで硬化します。

便利なパテではありますが、私的には仕上がりがザラつくといいますか

気にならない程度なのですが、ジョイントパテに比べて目が多少粗い

やはり3回目の仕上げはジョイントパテで仕上げたいですね。パテって楽しいですね~!

ジョイントパテを水と攪拌したときのもっちり感、滑らかさは

パンの生地をこねているときの感じに近いような・・・
※パン生地こねたことないんですけどね、パンベーカリー機の小窓から覗いたもので・・・すみません^^;


ちゃちゃちゃとパテを仕上げて
数日乾燥、パテ後のペーパーがほとんどいらないくらい

フラットに仕上げっていました、好きなものって忘れないものなんですね!

パテまで終わって、次はようやく本職の塗装にはいりま~~す。
パテ処理完了です!

話は変わりますが、しょっちゅう札幌の上空を飛び回っている飛行船?
気になっていたんですが
スヌ~ピ~J号という名称だそうで、全国各地を飛行しているようです。
偶然だったんですけど、スヌ~ピ~J号の発進基地を見つけてしまいました^^
RIMG0279

こんにちはグリーンペイント寺沢です


天井の断熱が完了し、天井化粧板を張ります。

天井には専用の板【ジプトーン】なる化粧板を取り付けるのですが

天井、壁の石膏ボードを取り付ける前に電気配線をしておかなければいけません。


この倉庫には、前回記事にした恐ろしい貧弱な階段とあい並び

貧相な2Fの照明もあるので、今回の劇的ビフォーアフターで

すっきり明るい照明に交換しましょう!
配線、楽しそうです


調べてみると建物内の電気配線は、どうやら無資格者はしてはいけないそうで

電気の事はよくわからないので知り合いの電気工事屋さんに配線してもらうことになりました。


電気配線をじっくり見る経験がなかったので観察していると

何だか・・・これは・・・私でも出来るんじゃないか?

と思えるような作業内容でして、ブレーカーを落として既存の配線を切る!

2本配線のビニール被覆を剥く、そしてプラス、マイナスを確認して

カプラー?に突っ込む!これを繰り返す!

光物、好きですね~

なるほど、なるほど、これは車のオーディオ配線とそっくりです。(当たり前ですよね同じ電線なんだから^^)

私、車のオーディオを自分で配線したり、その配線も音質優先の太い配線を買ってきて

プラグを金メッキに交換したり、ドアのデットニング等々、もう楽しくて楽しくて

時間を忘れてやっていられます、ず~~とやっていたいくらいです(^^♪

弱弱しい電器が2灯タイプへ

配線の構造はさほど難しくないようですが、やはりプロの電気工事士と素人の差は

何十年も漏電、火災が発生しないような配線を行えるか?が決定的に違うのかなと。

配線分岐を行う際も無駄な電力ロスが起きないように考えて分岐していく。

工事って、こういう細かいけれど大事なこと、多いですよね~

電気屋さんもペンキ屋さんも業種は違えど本質は同じですね。
部屋になってきました

配線も完了して天井化粧板、壁の石膏ボードも張りました

何だか部屋らしくなってきましたよ!


牧草地の草が!あっという間にロールになっていました、伸びるの待っていたんですね!!
夕暮れの牧草ロール


グリーンペイント 寺沢です


恐ろし~~い垂直階段もなくなり倉庫2Fへの行き来が安全になったところで

考察します・・・

倉庫の2Fに事務所を作る・・・

たしか去年の夏は倉庫2F、とんでもなく熱かったぞ。。。

そうなんです、倉庫内部は吹き抜け?でいいのかな

屋根裏もないため内部の熱気は全て上の空間に溜まるんですよね


何も対策を施さないで事務所を作るのは危険だなと気が付きました。30mm厚のスタイロフォーム、期待してるよ!

よし!では熱対策だ!

早速2Fに上がり屋根裏の板を触ると

札幌の5月中旬ですでに熱い?!

屋根裏断熱が必要です、断熱材といえばスタイロフォーム
※押出法のポリスチレンフォームの断熱材です

30㎜厚のスタイロフォーム、こいつは厚い、いかにも効きそうです

これを事務所予定の屋根裏に取り付けていきます。

この建材はサクサク切れるので快適快適^^

あっという間に出来上がりました。


スタイロフォームの隙間から熱気が出てこないように青い天井もありかな

隙間は全てシリコンシーリングで塞ぎ密閉性ばっちりです。
※隙間埋めにシリコンシール40本も使ってしまいました、想定外・・・

塗装工事では憎らしいシリコンシールですが今回は1本190円と、その値段の安さに救われました^^


天井断熱完了!次は天井化粧板張付けだ~!


※グリーンペイント倉庫のすぐそばの牧草地の草がすごい勢いで伸びています。
草、伸びるの早い早い!

グリーンペイント寺沢です


去年に引き続き今年も倉庫の改修は続きます。

※念のため、倉庫の改修ばかりをしているわけではありません仕事の合間にしているんですよ
    きっとやりたいんですね、倉庫いじり・・・


さあ、何が足りないか?事務所、ほしいですね~~

ヨシ!手作りで事務所を倉庫内に作りましょう!!


これは、冬に関東で仕事をしているときから構想を練っていたのですが

去年までは外の駐車場にプレハブ事務所を置こうとしていたのですが

新品は激高、中古のプレハブでもいい値段するんですよね。

また、倉庫のある場所は札幌の北西ギリギリにあり

夜には泥棒さんが定期的に巡回するような場所だそうで

そんなんこともあり倉庫にはアルソッ〇警備

各窓、シャッター、扉、開閉、空間センサー装備!

全ての窓には鋼鉄製、30㎜鉄格子!!

さらにさらに窓ガラスに防犯ミラーフィルムと!!!

【グリーンP要塞かッ!】とも呼べるほど厳重な防犯対策を行っています
※男性はこういうのt好きな人多いですよね、私も大、大好きです・・・

そんなに警備したのであれば倉庫に事務所作ったほうが

いいじゃない!?・・・確かに・・・


あまり触れていませんでしたが実は倉庫には2Fなるものがあり去年は雨天足場の際に着る水平しっかり取りましょう

雨カッパを干す物干し場にしか使っていなかったのですが

上記のような経緯から、その2Fに白羽の矢が立ったのです。

その場所へは当然ながら2Fに上がるのですが、第一の難所!

例外なく全ての人間が恐ろしがる、あまりにも貧弱な階段!?

先ずはこれを何とかしましょう


階段なんて作れるのだろうか?なんだか想像できませんが

見るからに簡単な構造をしていることも確かです。

ハッキリ言って簡単に作れました、はい!

ササラという両サイド、柱となる板に踏み板を寸法通りに止めていくだけ

既存階段の製作者に是非言いたい「材料をケチっちゃダメ!」
「勾配急すぎ!これなら梯子にして!!前向きで降りれないって!!!」

すっきりしました。


新階段が出来上がりました!

2F攻略への第1矢を放ったとでも言いましょうか
ビフォーアフター







グリーンペイント寺沢です。

足場置き場用の枠組みや床コンパネ敷きも完了!

各種、塗料を置く棚も大量にできました
塗料棚には枠組み足場を流用し、一つの枠組みの中にアンチを何枚も入れて
一つの棚にしているので予想していたよりも足場材をたくさん使ってしまいました。

グリーンペイントでは常時、平均的な大きさの住宅約3棟分の足場在庫があります。
自社のトラック、足場を雨天で塗装できない日を選び足場仮設作業を行うので
足場金額はかなーーりお安く設定しております、機会がありましたら
是非グリーンペイントの足場単価をお見積りください!!
※今回大量に足場を使ってしまったので補充が必要になりそうです。。。

今までお世話になった物置(8畳)と(2畳)から塗料や仕事道具を新倉庫へ
トラックで運んだのですが・・・ありますあります
トラック2回分くらいでしょ、と軽く考えていたのですが倍の4回にもなりました!
斉藤氏と「よく、あんなに小さい場所にこんなにはいっていたな~~」と2人で感心してしまいました

引っ越し作業も完了し、いよいよ新倉庫が稼働しました。
兎にも角にも「広いってことは良いことです!」「大は小を兼ねる!」

全ての作業がはかどります、材料の在庫も今までの何倍も置くスペースあります
今までは通勤車が増えると・・・困ったな~どうしよう?と頭を悩ませていましたが
広い駐車場があり、その悩みからも解放されました.。゚

今回の新倉庫への移転はとても満足のいく効果をもたらしているのですが看板必要です!
まだ何かが足りません・・・
そうす看板がないのです!

外装は真っ白できれいになったのですが、のっぺらぼうとしています。
よーーし今度は看板だ!。。。ここで「看板って?ペンキ屋さん出来るでしょ?」
とお思いの方もおられると思いますので
あえて言います、看板は書けません!
「なに!看板が書けないペンキ屋?腕が悪いからなのか?」
そのような解釈をされないように、ご説明させていただきます!

看板に筆を使い字や絵を描いていく職業の方がいらっしゃいます。
その職業の方たちは非常に描画センスを要求される仕事でして
職人というより画家に近い存在ではないかと思います。
近年では手書きの看板制作も減り仕事自体がなくなりつつあるそうです。
と、いうことで≪塗装工は描画は出来ないが塗ることは出来る≫ということでした!

それでは本題に戻らせていただきます
木枠にコンパネを張り、その上にトタンを張る、そして??どうするんだろう?
そのような看板をイメージしていたのですが
最近はアルミ板に印刷したシートを貼って完了だそうで
サンプル品を見せてもらったんですが、かっこいい!!です。

看板屋さんいわく建物が大きいので看板もある程度の大きさがないと
バランスが取れないとのこと、でサイズを1800×2700に決定
3畳分の大きさと言いましょうか、そんなに必要かな?とも思いましたが
取り付けてみると、なるほど建物とのバランスいいじゃないですか!
元気のいい字体!
看板の字体は若々しくて勢いがあるのをイメージして
文字の色はグリーンペイントなので当然緑色で!!
↑建物には緑色どこにも使っていないのですが・・・


看板も取付が完了して建物が見違えるようになりました。
数か月前の今にも自然界に還ってしまいそうだった状態から見事に復活!!を遂げました

グリーンペイント社員一同、その他応援多数で作った新倉庫

お近くを通った時はぜひご覧になってください!


朝日に浮かぶ新倉庫!














このページのトップヘ