グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

グリーンペイント寺沢です


9月上旬は北区北24条近く住宅を施工させて頂きました。

北○○条は狭い範囲になるので大まかに北24条付近という表記にしています。
北区北24条近く住宅
北24条住宅の施主様は、私がお世話になっている

横浜曽根塗装店さんのホームページを熟読された方で

そこからグリーンペイントの存在を知りご連絡いただきました。
歩道の交通量が多め
曽根塗装店のホームページは塗装業というものを深く深く解説しています。

そのホームページを見て当店に工事ご依頼いただけたことに

気が引き締まる思いと共にあらためて感謝いたします!
足場仮設完了
足場仮設完了

24条住宅は高さ、長さ幅共に特大サイズで通常住宅の2棟分近くの

足場を使用しました。
シーリング施工状況
窓廻りと縦目地シーリングは既存シーリングを撤去、打ち換え

ALC材の横目地はそれほど劣化が進んでいなかったので

劣化箇所のみ手をかける予定でしたが、気になるもので

横目地も3分の1くらいは打ち換えました。
R0014678
窓廻り、縦目地は既存撤去
既存シーリングよりも広めにシーリングうちしろを取ります。
高圧水洗浄作業
高圧水洗浄作業、外壁は比較的劣化が進行していないので

細かい欠損等もなく作業は終わりました。
伝い水防止水切り
窓下伝い水防止水切りを取り付け、既存窓下にも汚れが出ていました。

塗り替え後で撥水性が高い状態になると、伝い水がさらに筋状に集まり

この汚れが発生しやすくなることから水切り取付けは

美観維持にとても有効です。
換気口が数か所破損しています
ダクト屋根から張り出した雪庇が直撃して破損した換気口。
新しく換気口を取り付け
今後の状況によっては再度雪庇がぶつかる可能性もあるので

ビスを長くて太いものに交換、止める箇所も4か所から8か所へと増設しました。

換気口が破損する最大理由の紫外線による基材劣化の防止も兼ねて

取り付け後は塗装コーティングします。
ステンレス換気口はサビます
既存のステンレス製換気口にサビが発生し始めています。
金属密着プライマー塗布
換気口に使用されているステンレスはサビが出る可能性があるので

塗装しておくと綺麗に保てるので安心です。
2Fバルコニー手摺
2Fバルコニーの鉄製手摺のサビが広がっています。

サビ発生個所を錆止めタッチアップ
錆の発生個所は錆止めタッチアップ塗装。
サビ止め全面塗装
その後に全面さび止め塗装にすることでサビ発生個所は

さび止め塗装が2回塗りになり、強力にサビの再発を防ぎます。
手摺丁番がちぎれている
新しい丁番を取り付けます
手摺に出入り可能な入口が付いていますが丁番が経年劣化で千切れて

いるので新しい丁番で補強します。
軒天井シーラー塗装
軒天井下塗りシーラー塗装、軒天井塗装でとても大事な工程です。
基礎下塗りシーラー塗装
基礎下塗りシーラー塗装。
外壁下塗り微弾性フィラー塗装
外壁下塗り微弾性フィラー塗装、窯業系サイディングの下塗りに使用すると

その塗膜厚みから通気性の阻害等が発生し、恐ろしい塗膜剥離の原因に

なることもあるので当店では使用していませんが、モルタル下地や

ALC外壁の場合は頼りになる下塗り材です。
微弾性フィラーの厚付け
シーラーほどの密着性はありませんがフィラー特有の塗膜厚があり

ひび割れしやすい外装材には最適です。
ウーローラー仕上げではこのようなパターンが出る
しかし、この微弾性下塗り材は施工方法によってフィラー効果が

大きく左右されます。

中・上塗り塗料と比べて普通に塗装しても、ある程度は塗膜が付きますが

意識しないで塗ると微弾性フィラーは厚みが付きません。

厚く付けようと意識してネタ配りをし、ローラーの力加減にも注意して

上の写真のようなローラー回転が滑った跡が出ます。

施工者によってはこのパターンはよろしくないという意見もあると思いますが

私個人の見解では最大限厚付けしようとした誠意ある表れだと考えています。
厚い下塗り塗膜が出来ました
同じ微弾性フィラー塗装であっても、建物全面を塗装するのに合計6缶使用か

それとも9缶使用するのか?この3缶分多く使用した結果上の滑り跡が発生します。
※マスチックパターンによる微弾性フィラー厚付け工法は、ウーローラー使用の
通常微弾性フィラー塗装と比べて単価が大きく上がるので比較対象外とします。


続く















グリーンペイント寺沢です


手稲区前田住宅の続きです。
白色シーラー後の中塗り
既存の外壁色が濃色で、仕上げ色は明るい緑色になるので

シーラーは白色シーラーを使用。

悩みましたが上塗り指定色は蛍光緑に近い今まで経験したことのない色です。

唯一このタイプで経験しているといえば公共工事での消火栓塗装の

まっ黄色(純粋に黄色という意味)です。
上塗り
まっ黄色は物凄く隠ぺい率が低く、黄色だけを何度塗り重ねても

下地の色が透けて見えるので一度白系の色を挟むことで透けるのを

防いでいた記憶がありました。

なのでこの指定色を見た瞬間に「これは一筋縄ではいかない」と予感しましたが

現実は想像の上をいくものです。
物凄く透ける
いつも使用しているラジカル制御型の水性シリコン塗料なのですが

比較的隠ぺい率が高く、今まで透けで苦しんだ経験が少なかったので

ちょっと苦戦する程度だろうと思っていたのが甘かった。
隠ぺい率が低い
希釈率0%の無希釈塗料を使用、かつ当店で使用している最も目の細かい

マイクロファイバーローラーで回転を滑らせずに慎重に転がしても

まるで歯が立たないほどの透け具合でした。
上塗り2回目
結局、上塗りを2回塗って仕上げる方法に変更しました。

白色シーラー塗装後に同色2回塗りで仕上がったのだろうか?

既存の濃い紫色を思うとそれはそれで歯が立たなかったのでは?
ようやく仕上がりました
白色シーラー→白系中塗り→ライトグリーン上塗り1回目→

ライトグリーン上塗り2回目でようやくここまで仕上がりました。

お客様から外壁色の注文を受けて塗料メーカーに色見本板の作成を依頼しました。

塗装完了後によくよくその色見本板を確認すると・・・

見本板のほうもしっかり透けていました、そしてその透け下地の色は白

見本板は下地白色ベースで中・上塗りと同色塗装しているはずなので

下地濃色紫の場合は中・上同色では紫色が透け出たものと思われます。

やはりこの方法で良かったんだと胸をなでおろし今後に教訓を生かします。
玄関土間の水が沢山流れ落ちるようです
基礎鉄筋爆裂箇所を樹脂モルタルで補修しました。

モルタル養生期間を10日位あけた間に何度か雨が降りました。

雨跡から見てもこの基礎垂直面は大量の雨水が流れ落ちるようです。
無くなった吹き付けパターンを形成
吹付タイルのパターンが無くなった所はパターンを復旧します。
シーラー後の微弾性フィラー塗装
シーラー塗装後にひび割れ予防効果の高い微弾性フィラーを塗装。
基礎、中塗り後に再度凹凸補修
中塗り塗装後に再度凹凸やひび割れの凹部が目立つ箇所を補修。
基礎上塗り
前回塗装は弱溶剤NAD艶消し塗料で仕上げたのですが、勾配屋根から

落ちてくる雨水、落雪量等の悪影響が大きいことが分かったので

耐久性に勝る、艶有りラジカル制御型の水性シリコン仕上げに変更しました。
バルコニー土間防水亀裂補修
建物裏側のバルコニー土間防水塗装。

シーラー塗装後に一度凹部やひび割れの補修は行っていますが

防水基材1回目塗装後に再度目立つひび割れ補修跡等を埋めていきます。
玄関土間の既存端末シーリング
玄関土間と玄関扉枠の端末にシリコンシーリングが施工されてあります。

シリコンシーリングの特性からもこのような箇所に使用するのは難しく

防水性を期待することは出来ません。

写真のように密着もしていないことから、このような端末からも

降雨のたびに土間モルタル内に浸水を繰り返していたことが想像できます。

シリコンシーリングは撤去し、防水性の高い変性シリコンシーリングに打ち換え

防水性を高めます。
玄関土間防水施工完了
バルコニー土間防水完了
冬期間に凍結するような地域で歩行箇所等を防水処理するときに

雪や氷と防水塗膜の相性が悪いことをご存じでしょうか?

関東以南で多く使用されているウレタン防水やFRP防水などは

防滑剤(滑り止め)を入れないとツルツルピカピカの仕上がりになります。

元々ツルピカ系の仕上がりなので防滑剤を入れても滑りやすい。

寒い朝玄関土間に薄氷が張り、それが解けかけた時の床防水・・・

考えただけでも恐ろしいほど滑ります。


このポリマーセメント系の防水材は絶対大丈夫です。

なぜ大丈夫なのか? ⇒ それはトップコートが砂の塊のような状態

とても塗りにくい、樹脂に珪砂大量に混ぜたトップコートなので

防滑剤の塊のような状態、なのでモルタル表しの土間よりも滑りません。

冬期間の滑り止めも兼ねてこの防水施工は有効です。
R0014622
R0014648
R0014664
R0014665
R0014662
いつもグリーンペイントに工事ご依頼いただき

誠にありがとうございます!










グリーンペイント寺沢です

8月中旬は手稲区前田住宅を施工させて頂きました。
手稲区前田住宅
前田住宅は12年前に屋根・外壁塗装、その2年後に基礎塗装を

施工させて頂いたリピートのお客様になります。

いつもグリーンペイントに工事ご依頼いただき誠にありがとうございます!
サイディングが一部欠損していました
建物裏側バルコニーのサイディングが2箇所劣化が進んでいたので

新しい近似サイディングと交換しました。

劣化の理由は、勾配屋根から落ちてきた雪がバルコニー手摺に阻まれ

溜まりやすい形状から、冬期間常時雪の湿度に晒されたことによる

部分的な劣化と考えます。
玄関横の基礎部位に重度の鉄筋爆裂が発生
玄関横の基礎コンクリートがひどく劣化しています。

高圧洗浄作業により既存塗膜も大量に剥がれてきたのですが

ここまでの劣化が進行するには理由があり、この基礎の上に当たる

玄関土間モルタルの防水性が失われ、降雨、降雪のたびに基礎部まで

浸水を繰り返した結果ここまでの劣化に進行したものと考えられます。
建物裏のバルコニー下
すごい量のエフロが流出しています
こちらは建物裏側のバルコニー土間下ですが

玄関土間同様に浸水が長期間にわたり発生した証拠として

土間裏側から分厚いエフロレッセンスが滲み出しています。

セメント成分に浸水を繰り返し、中性化していく過程でセメント中の

アルカリ成分が流れ出し固まったものがエフロレッセンスなので

土間のモルタルはほとんどの防水性を失っているということになります。
基礎には強力な2液エポキシシーラーを使用
前回塗装から10年経過してはいますが、所々の塗膜剥離等

気になる劣化もあるので念を入れていつもの水性カチオン系エポキシシーラー

ではなく、密着性・浸透性に優れる弱溶剤2液エポキシ樹脂シーラーを使用。
軒天井シーラー塗装
軒天井もシーラーを下塗りに使用。
屋根黒色錆止め塗装完了
屋根は12年経過でけっこうサビが出てしまいました。

考えられる要因として、12年前の当時は横張トタンに対しての

知識が少なく、重ね合わせ部位のケレンと塗装方法が甘かったのが原因と

判断しました。
トタン重ね合わせ部位は奥まで塗装
今回の塗装では重ね合わせ部位の研磨と、奥までしっかり塗装しました。
サビやすい箇所はまし塗が効果的
このウィークポイントは部分的に先に塗装し

全面を塗装するときにかぶせて塗装することで耐久性が大幅に上がります。

















このページのトップヘ