グリーンペイント寺沢です


厚別東住宅と並行しながら、北区百合が原住宅の工事が始まりました。
北区百合が原住宅
百合が原住宅は、平面タイプのサイディングとタイル調サイディングの組み合わせ。
足場仮設完了
丁度、お隣様もリフォーム工事中ということで足場が干渉しないよう気を付けます。
サイディング目地シーリング撤去完了
タイル調サイディングの既存目地シーリング撤去作業完了。

タイル調サイディングはクリヤー仕上げとなるので傷や汚れを付けないよう

気を付けて作業を進めていきます。
窓廻りシーリング撤去完了
平面サイディングは窓廻りのみシーリングがあり、既存シーリングを撤去していきます。

マスキングテープの貼った位置がシーリング打ち込み箇所になるのですが

既存シーリングと比較して厚み、幅とも倍以上のシーリングを使って仕上げます。
このようなひび割れが
平面サイディング表面には写真のような細かい筋のような物がたくさんありました。
高圧水洗浄後はこんな感じに!
高圧水洗浄を行うと、あの細い筋状のひび割れ、想像以上に劣化が進んでいる!
こんな止め釘廻りが
サイディングの止め釘廻りにも同様の細い筋が発生しています。
こんなことになっている!
高圧洗浄水の水圧で粉化してしまっているサイディング基材は吹き飛びます。

あの細いひび割れから浸水を繰り替えし、徐々にここまで深い粉化を

発生させるとは恐ろしい・・・
殆どの止め釘廻りはこんな感じ
殆どの止め釘廻りに粉化が発生しているので、全箇所補修が必要になりそうです。

しかし、止め釘廻りの劣化は他の住宅でも見られますが、百合が原住宅の劣化は

深さがあり、亀の子状のひび割れも多いことから、このサイディング基材自体が

柔らかく、劣化しやすい材質を多く含んだサイディングということがうかがえます。
窓下から流れ落ちた雨水により
亀の子状のひび割れは窓下に多く発生していて、窓廻りを伝う雨水が

劣化を促進している可能性が高い。
窓下水切りを取り付けることで防げます
グリーンペイントでは住宅塗替え工事の際、標準仕様で窓下伝い水防止水切りを

取り付けているので劣化防止、美観維持の2つの効果が期待できます。
換気口、排気筒周りからのシリコン汚染
ステンレス製換気口廻りに施工されている、シリコンシーリングから出ている

シリコン油による汚染が広範囲で発生しています。
シリコンシーリングから流れ出ている
シリコンシーリングから止めどなく滲み出すようで、雨水で流れだします。
マクロで写すとこんな感じでベトついている
表面をマクロで撮影するとベタベタ、ギトギトした油らしきものが確認できます。
シリコン油を脱脂します
シリコン油と付着した汚れを弱溶剤で脱脂処理します。
シリコン汚染箇所は広めに処理液を塗る
シリコンシーリングと密着性が良い処理液を広めに塗っておきます。
金属粉が入った塗料
極小の金属粉が塗料中に配合されています。

シリコンシーリング汚染箇所へ処理無しで塗装すると

高確率で数年後に塗膜剥離が発生するので注意が必要です。
屋根トタン下地処理研磨
続いて屋根トタンの下地処理作業。
ガシガシ削っていきます
研磨紙を使って屋根トタンの表層を削っていきます。
黒色サビ止め塗装完了
研磨処理後は速やかにサビ止め塗装を塗り、研磨箇所が酸化しないようにします。
横樋に落ち葉が溜まっている
北海道の住宅に珍しい雨樋が付いています。
樋が詰まるので清掃します
落ち葉で雨樋が詰まるので清掃も行います。
秋の空は変わりやすい