グリーンペイント寺沢です

北区新琴似住宅の続きになります。
劣化箇所には浸透固着シーラー塗装
高圧水で表層が吹き飛んだ軒天井板ですが、劣化が進んでいるので

板材の交換が一番良いのですが、なんでも新品に交換していると

工事コストがどんどん上がってしまいオーナー様にご負担がかかるのも事実。

表層の粉化層は水圧で除去してあるので、この状態であれば塗装で

耐久性を維持することは可能です。

垂直面になる軒天井に、通常の通気性を考慮した軒天井対応塗料を使用すると

雨や雪の水分で急激に劣化するので、外壁と同等の対候性を持つ

塗料を選択しなければなりません。
モルタル成型箇所にもシーラー塗装
樹脂モルタル成型箇所もシーラーを塗装しておくことで

アルカリ成分が滲み出してくるのを防いでくれます。
微弾性フィラー塗装
微弾性フィラー塗装、前回メンテナンスから長期間経過している為

使用塗料量が1.3倍位使用しました。
中塗り
ラジカル制御型の水性シリコン塗料で中塗り。
中塗り後に再度凹凸ひび割れ補修
中塗り後に再度凹凸箇所を補修します。
上塗り
外壁上塗り、中塗りと上塗りの色相が違うほど

上塗りを透けさせない為、塗料粘度を上げ(希釈率を下げる)

塗布量を多くしないと仕上がらなくなる=耐久性が向上するということです。
毛羽だった木製破風に浸透固着シーラー塗装
物凄くけば立ってしまった木製破風板にも浸透固着作用のある

シーラーを2回塗装します。
上塗り1回目
シリコン塗料の上塗り1回目です。
毛羽立ちが固まります
シーラー塗装では固まらないのですが、上塗り塗料が硬化すると

けばがカチカチに固まります。
毛羽立ちをガリガリ削り落とします
研磨タワシで固まったけばを削り落としていきます。
何度か繰り返しかなりフラットになりました
大分フラットになりました。
上塗り2回目
上塗り2回目、劣化が進んだ木製破風板はかなりの膜厚を付けないと

10年持ちません。
5回塗り仕上げ
シーラー2回、上塗り3回、合計5回塗り仕上げでピカピカ

ツルツルの長期間耐久性のある塗膜になります。
屋根の下地処理研磨
屋根トタンの研磨下地処理作業、右半分が研磨後になります。
このようなサビを
これぐらいのサビは、グリーンペイントで年間施工する屋根全体の

50%以上で発生していると思います。
これぐらいまで削り落とします
サビ発生個所は特に念入りに除去します。
屋根トタンの平面に釘を打っている!
かがんだ姿勢で研磨処理するので、トタンに現れている兆候を

見つけやすくなるメリットは大きいです。

知り合いの大工さんらしき人が施工したトタン屋根です。

トタン平面に釘を打つとは。。。下の防水シートを確実に貫通している

でしょう、今まで雨漏りしなかったのだろうか?
防水シートを貫通しているはずです
塗装前に問題個所は改善しておきます。
このような釘も
打ちなおして
シーリングで塞ぎます



















赤錆色サビ止め塗装
上屋根、研磨下地処理後の赤錆色サビ止め塗装完了。
ハイソリッドシリコン仕上げ
2液ハイソリッドシリコン塗料仕上げ。

1回塗で2回塗りと同じ膜厚確保、料金は1回塗り仕上げ料金でお得です!
R0015377
R0015383R0015376







































R0015375
R0015382



















この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き

誠にありがとうございました!