グリーンペイント寺沢です


5月中旬は北区新琴似住宅と並行して西区琴似住宅を

施工させて頂きました。
西区琴似住宅
琴似住宅は敷地境界線が60cmあるかないかという狭い所があるので

ビケ足場を使用することにしました。
基礎高なので高さがあります
基礎高+大型住宅という条件からグリーンペイントが

保有しているビケ足場だけでは足場部材が足りなくなったので

玄関前は単管と足場板を併用する形になりました。
高圧水洗浄で換気口塗装が剥がれました
高圧水洗浄作業で換気口の既存塗装が剥がれました。

換気口の素材は密着性の高い専用プライマーを使用しないと

簡単に剥がれてしまいます。
手掛けで隅々まで研磨します
研磨下地処理
屋根下地処理研磨作業です。

いつものように研磨処理していますが、所々気になる塗膜剥がれがあります。
限界膜厚の兆候があります
この塗膜剥離は一番下の塗装膜から剥がれています。

たまに目にすることがあるのですが、この剥離は限界膜厚と関連があり

限界膜厚とは、素地に塗装膜が貼りついていられる付着力限界値のようなもので

塗料が乾燥硬化する際に、下地の塗装膜を引っ張り上げるような

力が発生するのですが、その力に既存塗膜の密着力が負けると

写真のような塗膜剥離が発生します。
所々兆候があります
原因は何パターンかあるのですが、最も有力なものでトタン出荷時の

塗装膜を放置する期間が長すぎ、密着性にまで影響が出るレベルまで

耐候性が低下した状態で、1回目の屋根塗替えを満足な下地処理作業無しで

塗替えしてしまうと1回目、2回目の塗替えまでは何とか付着力が持っても

3回目、4回目の塗替えともなると、引っ張る力がさらに大きくなり剥がれ始める。
トタン素地が出ています
これにはとても難しい判断を迫られます。

実際、全ての塗膜がメリメリと剥がれるわけではなく、部分的だったり

広範囲だったりまちまちですので、どこが剥がれるかわかりません。

当店では屋根トタンの塗装膜をすべて剝がすという作業を行ったことはありますが

電動工具使用パターン、剥離剤使用パターン、超高圧洗浄機使用パターン?

いずれの作業でも莫大な作業人工により高額な工賃となり、剥離粉塵や

薬剤のミスト等が飛散するので対象の屋根を飛散防止シート等で囲う必要もあり

そこまでコストをかけるのであれば、トタン張替えのほうが有効では?

という結論に至ります。

塗装工事の最大のメリットは工事金額の安さにあると私は考えています。

お客様が塗装工事を選択された上位の理由は、やはり塗装工事のコストが

メンテナンス工事種の中で一番安いということが大きく、その強みを生かして

【コスト安は維持しながらトタン屋根は保護する】ことが重要かと

琴似住宅の場合は一部、限界膜厚による剥離が発生するリスクはあるが

継続して安価な塗替えメンテナンスを続けることで屋根トタンに発生する

生涯ランニングコストを最も効率よく使うことが出来ると思います。

もちろん、塗膜剥離が発生した場合はその都度無料メンテナンスで補修

させて頂きますのでご安心ください!
ダクト内部の浮き
これはスノーダクト屋根のダクト内部の写真です。
補修跡に再発しています
ダクト内部には耐水性を高くするために、塩ビ鋼板が使用されています。

塩ビ鋼板は20~30年位経過すると、塩ビシートの可塑剤が減っていき

それに伴い柔軟性が失われ、シートに亀裂が発生します。

上の写真は塩ビシートに発生した亀裂を、シリコンシーリングで補修した跡です。

シリコンシーリングは耐候性は高いのですが、柔軟性は低いので

断裂が発生しやすいのでこのような補修には向いていません。
塩ビシートに割れが発生
浮きが広範囲に進行しています
塩ビシートの隙間から入り込んだ水は、シートの影響で乾燥が遅れ

シート下の金属をとても速い期間で腐食させ、穴が開くこともあります。
シートの浮きを除去
塩ビシートの寿命でしょうか?
浮き上がったシートは電動工具で除去します。

その際、金属に発生しているサビも除去しておきます。
塩ビ鋼板専用プライマーを塗装します
塗装膜により塩ビ鋼板を腐食から保護するのですが、塩化ビニルシートは

塗料との相性が悪く、通常の下塗り材やプライマーでは密着不良や

シート中の可塑剤が滲み出して塗装表面がべたついたりします。

塩ビシートに塗装可能な専用プライマーを下塗りします。


続く。。。