グリーンペイント寺沢です。


10月上旬は北区北29条付近住宅を施工させて頂きました。
北29条付近住宅
北29条付近住宅は2013年9月に当店で屋根塗装を施工させて頂いた

リピートのお客様になります。

再度、当店をご指名頂きありがとうございます!足場仮設完了
北29条住宅は変わった形の住宅で、片流れ屋根なのですが

屋根の勾配が急だからか?水下の屋根端部位置が高すぎるのか?

水上方向の屋根端部は3階建てと同等の高さがあります。

パット見た感じではそのように見えないので感覚ってあてになりませんね(^^;
10年1か月経過した屋根です
屋根は10年経過していますがサビは水下側の端部に発生しているくらいです。

勾配屋根の水下側端部は雪氷に削られるのでどうしてもサビが出やすくなります。
サビの発生はナシ
前回塗装時の10年前には当店は2液混合型シリコン塗料を使用していましたが

表面をこするとチョーキング層の下にはまだ活膜が残っているようで

10年位は問題ない耐久性が確認できます。
シーリングにブリードが発生しています
既存のシーリングには部分的ではありますがブリードが発生しています。

このブリードの発生理由は、サイディング施工時のシーリング工事で

2液硬化型シーリングの攪拌方法が悪く、硬化不良が発生したことに

よるものだと思います。
弱溶剤でブリードを除去します
弱溶剤でブリードを除去しておきます。

今回の工事では、既存シーリングは撤去して新たにシーリングを施工する

打ち換え工法なのですが、このブリードはカッターでは除去しきれないので

このように対応しています。
下塗りシーラー
下塗りシーラーは弱溶剤2液エポキシシーラーを使用しました。


続く。。。