グリーンペイント寺沢です。


10月中旬は北区新琴似住宅を施工させて頂きました。
北区新琴似住宅
新琴似住宅は、お隣様が当店で外壁施工させて頂いたご紹介のお客様になります。

この度はグリーンペイントに工事ご依頼いただきありがとうございます!
変わった施工
シーリング打ち換え作業があるので、作業がやりにくい面格子を外していると

これは。。。見たことがありません。
シリコンシーリングで架台?
なんでだろ~~なんでだろ~~♪ というフレーズが頭からはなれない。。。|д゚)

これはきっと、押戸の開口幅を確保するために面格子を浮かせたかった

引き戸用の面格子なんですね、きっと

そんな面格子を押戸に取り付けたいので長いビスを使って無理やり

取付けたけど。。。「さすがに不格好すぎない?これ?」

「オオっ!いいこと思いついた!!丁度明日シール屋さん来るから大丈夫だ!」

シール屋「無理言うなよ~~この納めはないだろうよ~~知らんぞ」※心の声

こんな感じで空想してみました・・・
下屋と壁の収まりもおかしい?
ここにもありました、明らかにおかしい収まりです。
この隙間から水が入るはずです
壁と屋根金物の取り合いにシーリングされてません。

単純に考えると室内に雨漏りするだろうと思いますが、施主様からは

雨漏りの話は伺っていないので、はたしてどうなっているのか?

築年数から外壁金属サイディングは後で張ったものだと思います。

なので下地のモルタル壁内部に屋根端部は埋め込まれているはず!

だから大丈夫なのか!と思いもしたが。。。この屋根張替えたか?重ね張りか?

ややこしくなってくるので、この取り合いは念のためシーリングしておきます。
シーリングマスキングテープ
既存のシーリングは撤去して新たにシーリングを施工します。
シーリングプライマー
シーリングプライマー塗布。
サビ発生個所のケレン
外壁スチールサイディング、軒天井との取り合いにはサビが大量に

発生しています。

このサビ凸部を除去しないで塗装すると、2~3年でサビが再発します。


続く。。。