グリーンペイント スタッフのブログ

仕事、趣味など、ちょっとしたことです。 以前のブログはこちら→http://green-p.biz/blog-ts

カテゴリ: 2022年 住宅塗装

グリーンペイント寺沢です。

手稲区前田住宅の続きになります。
中塗り後の上塗り
中塗りにベージュ系を塗装後の上塗りです。

前田住宅の既存サイディングは表層コーティングされていたので

密着性の高い弱溶剤2液エポキシシーラーに変更し

中・上塗りも弱溶剤系の2液シリコン塗料を使いました。屋根研磨下地処理作業後の黒色錆止め塗装
屋根は研磨下地処理後に黒色錆止め塗装。

変わった形状の屋根で、幅広の横張トタンに立ち上がりの小さい

雪止めが付いていて、数か所トタンを折り曲げて排水する構造です。

この形のトタンは今までで数回しか見たことがありません。

雪止めは3cm程度しか立ち上がっていないのですが

この雪止めで、十分な雪止め効果があることに驚きます。
2液ハイソリッドシリコン塗装
上塗りは2液ハイソリッドシリコン塗料を使用。

1回塗で通常屋根塗料の2回塗りの厚みが付く優れた塗料です。

きちんとした下地処理を行い、錆止め下塗り+ハイソリッド2液シリコン塗料

この組み合わせだと耐用年数12年はいけると思います。
風除室内も塗装します
風除室内の塗装です。

伸縮梯子がMAX6mまで伸びるのでほとんどの風除室に対応できます。

5mを超えるとかなりたわむので、油断はできません。
基礎下塗りシーラー塗装
基礎のシーラー塗装、基礎は地面の湿気を受けやすいので

塗膜剥離が発生しやすい箇所です。

高圧水洗浄作業で浮き塗膜を完全に除去しておかなければ

強力な密着力を持つシーラーを塗装しても数年で剥離します。
基礎中塗り後のひび割れ補修
中塗り塗装後に再度凹部や細かいひび割れを補修します。
車庫上のモルタル劣化
大きく欠損しています
車庫上のモルタル天場です。

防塵塗料?と思われる緑色の塗装が施工されてありましたが

防水膜ではなく、塗膜なので見事に浸水を繰り返し

深さのある欠損が多数発生しています。
ポリマーセメントで補修します

樹脂モルタル⇒ポリマーセメントは通常のセメントに樹脂と繊維質を

混ぜたモルタルで、通常セメントと比較して密着性と耐久性が

高くなっています。

外部の床に使用しても剥離しづらい安定性の高い建材なので好んで使っています。
施工完了
R0015114
サイディング柄の木目を生かすように3分艶消し塗料を選択しました。

直射日光を受けると、そこそこ光りますが
R0015119
日陰では落ち着いた底艶が出て木目調とマッチしていると思います。
R0015112
車庫上はポリマーセメント系防水材で仕上げました。

こちらの防水材も【外部】【床面】【寒冷地】という悪条件でも

確実な安定性を発揮してくれる防水材なので安心です。



この度はグリーンペイントに工事ご依頼頂き

誠にありがとうございました!







グリーンペイント寺沢です

手稲区前田住宅の続きです。
高圧水洗浄作業
高圧水洗浄作業は全作業の中で最も大事な作業だと思います。
洗浄後に出てきた欠損
けっこう傷んでます
洗浄作業前は目視出来なかった劣化箇所です。

表層劣化から徐々に基材に浸水して内部で粉化していきます。

高圧水の水圧でなければ除去できないので、特に時間をかけるべき

作業です。
基礎の塗装はかなり剥がれました
基礎の既存塗膜も密着性が低下し簡単に剥離する状況でした。

この浮き塗膜も高圧洗浄でなければ完全に除去することは出来ません。
既存シーリングの状態
十数年でここまで劣化しました
前田住宅は、前回のリフォーム工事でサイディングを施工したそうですが

施工後13年位経過とお聞きしましたが、このシーリング劣化具合から

シーリング工の施工技術が低かった可能性が高いです。
シーリング打ち換え写真を撮り忘れましたm(__)m
今年初の塗替え工事だったのでシーリング施工の写真を撮り忘れてしまいました。
m(__)m言い訳はいいわけありません
2液混合型エポキシ樹脂シーラー塗装
前田住宅は珍しいサイディング柄だったことから念のため施主様に

前回の施工見積りを見せていただき確認すると、やはり

表層に特殊コーティングされたサイディングでした。

特殊コーティングは光触媒や無機、フッ素等があり、すべて塗料密着性が

低下するので注意が必要です。

しかし、特殊コーティングの割には13年でこの劣化では特殊コーティングの

意味があるのかどうか。。。

そのようなことが分かったので、下塗りは密着性が高い2液混合型の

エポキシ樹脂シーラーに変更しました。
欠損箇所補修
欠損劣化箇所は雨風の影響を受けやすい建物上部に集中する傾向が強い。
コーナー材の繋ぎ合わせ部位は劣化しやすい
サイディングコーナー材はサイディング材を張り合わせる形で形成する

タイプを使用しています。

一体型は強いのですが、張り合わせ型は張り合わせ箇所から劣化しやすいので

劣化箇所を確実に洗浄作業で除去しておかなければなりません。
補修材を充填します
外壁補修材をボロボロになった個所に充填していきます。


続く














グリーンペイント寺沢です


2022年1、2月はほんとうに雪が多かった。。。
雪
グリーンペイント会社前はこんなに雪が残っています。
ユキ
記憶に残っている冬の中でも、今年の雪が最大だったと思います。

今年の2月の写真です。
IMG_0583
最大で4メートルくらいの雪山が出来ました!
IMG_0580
屋根越しに向こうが見渡せるとは・・・
IMG_0581
今年の札幌は大変でした、が

除雪の仕事が沢山あり忙しかったのは感謝です!
今年は雪が多かった
ことし1番の仕事は手稲区前田住宅。

新規のお客様です!工事をご依頼して頂き誠にありがとうございます!
手稲前田住宅
屋根上にも雪が残っていますね
雪割りしておきました
R0015055
1週間前に雪割りしたので、足場仮設箇所には雪はほとんどありません。
足場仮設完了
足場仮設完了です。

今年も頑張ります!


















このページのトップヘ